ICC KYOTO 2017 – ページ 2 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【ブランド論⑥】ヤッホーブルーイング井手社長はなぜ変な仮装をしてパーティに出席するのか?【K17-7B #7】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その7)は、資本関係上で複数あるブランドの棲み分けやファンを喜ばせるための取り組みについて議論しました。ヤッホーブルーイング井手さんの仮装に注目です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【終】指揮官たるもの、ご機嫌であれ(石川善樹)【K17-5A #11】

「リーダーのもっとも大切な仕事とは何か?」【K17-5A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その11)では、会場からの「リーダーはどうビジョンをブラッシュアップし、パッションを保ち続けるか?」との質問に対して登壇者全員で議論しました。セッションの〆として素晴らしい議論となりました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

リーダーは「仮面をつけていない自分」を見つけることが大切(石川善樹)【K17-5A #10】

「リーダーのもっとも大切な仕事とは何か?」【K17-5A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その10)では、参加者からの質問を受け付け、会社全体の「個性」をどうやって作るのか?といった議論をしました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】組織がぶちあたる50人・100人の壁(麻野×岡島)【K17-9D #1】

「組織の50人・100人の壁」【K17-9D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、組織の”名医”である登壇者お二人のご紹介です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論⑤】ブランドを創るには顧客に隙を見せるな(Oisix.daichi高島)【K17-7B #6】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その6)は、オイシックス高島さんに、ブランドを創ることができる社員の採用方法・育成方法について語っていただきました。社員の力で「隙のないブランド・UX」を実現できているオイシックスの秘密とは?ぜひ御覧ください。
記事を読む

経営者になる人は自分の「リーダーシップの旅」に出ろ【K17-5A #9】

「リーダーのもっとも大切な仕事とは何か?」【K17-5A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その9)では、リーダーの任期や後継者育成ついて議論しました。ベイン奥野さんが語る、企業のリーダーにおける自分の任期の考え方も必見です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論④】”一休”の顧客当たりの利用額を圧倒的に高めたマーケティング戦略【K17-7B #5】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その5)は、一休の榊さんにファン獲得をどう収益につなげていくか語っていただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論③】よなよなエールが「熱狂的に愛されるブランド」になった理由【K17-7B #4】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その4)は、ヤッホーブルーイング井手さんに、よなよなエールなどのブランドを創れるに至る試行錯誤を語っていただきました。調査の結果、よなよなエールのファンはハーレーダビッドソンのファンと似ていることが分かったそうです。ぜひ御覧ください。
記事を読む

理想的なリーダーシップ・チームのあり方とは?【K17-5A #8】

「リーダーのもっとも大切な仕事とは何か?」【K17-5A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その8)では、「リーダーとはファンクションではないか?」とのユーグレナ永田さんの意見によって議論が盛り上がりました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論②】“獺祭”の桜井会長が語る小手先でないブランドの創り方・守り方【K17-7B #3】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その3)は、”獺祭”で有名な旭酒造の桜井会長に、本質を大事にするブランド論を語っていただきました。獺祭というネーミングに込められた想いとは?ぜひ御覧ください。
記事を読む

リーダーがすべきでない事は何か?【K17-5A #7】

「リーダーのもっとも大切な仕事とは何か?」【K17-5A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その7)では、リーダーが「すべきでないこと」についてユーグレナ永田さんとベイン奥野さんに語っていただきました。石川善樹さんの話も必見です!ぜひ御覧ください。
記事を読む