ICC KYOTO 2019 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 2

5.「時価総額1,000億円」を超えてから、株価が伸び悩む新興企業が多いのはなぜか?

「メガ・ベンチャーを創造するためのファイナンス戦略とは?(上場企業編)」7回シリーズ(その5)のテーマは、高成長・好業績企業に立ちはだかる「時価総額1,000億円の壁」。その壁を乗り越えるために、企業は投資家に対してどのようなコミュニケーションを取ればよいのか? ユーグレナが実施する、個人投資家を“ファン化”する取り組みについてもご注目ください!
記事を読む

6. ユーグレナ永田さんが語る「機関投資家と徹底的に話すべき2つのタイミング」とは

「メガ・ベンチャーを創造するためのファイナンス戦略とは?(上場企業編)」7回シリーズ(その6)では、前回に続き上場企業がとるべき投資家との適切なコミュニケーションについて。ユーグレナ永田さんは、機関投資家と徹底的に話すべき2つのタイミングとして「時価総額がフェアバリューから外れたとき」と「ビジネスが拡大基調になるとき」を挙げました。ぜひご覧ください!
記事を読む

7. 上場後に資本市場から期待されるファイナンス戦略とは?〜参加者から登壇者への質問【終】

「メガ・ベンチャーを創造するためのファイナンス戦略とは?(上場企業編)」7回シリーズの(最終回)は、会場からの質問に壇上の“財務のプロ”たちが答えます。上場後に資本市場から期待されるファイナンス戦略の本質とは? 最後までぜひご覧ください!
記事を読む

【一挙公開】メガ・ベンチャーを創造するためのファイナンス戦略とは?(上場企業編)(全7回)

ICCサミット定番の「ファイナンス」セッション。今回は、上場成長企業の“財務のプロ”たちが、上場企業にフォーカスした「メガ・ベンチャー創造のためのファイナンス戦略」をテーマに徹底議論します。上場企業のIR担当者は必見の内容です。ぜひご覧ください!
記事を読む

1. ITビジネスで地方のリアル・ビジネスにどう食い込むか? プラットフォーマー4社が徹底議論!

ICCサミット KYOTO 2019『「ローカル」×「リアル」の攻略〜プラットフォーマーへの一手〜』の全文書き起こし記事を全7回シリーズでお届けします。(その1)は、登壇者の自己紹介からスタートです。Mobility Technologies川鍋さん、オイシックス・ラ・大地髙島さん、プライムアシスタンス德岡さん、ラクスル松本さんが、各社の事業と「ローカル」×「リアル」の関わりを解説します。
記事を読む

2.「スーツと革靴で畑に飛び込み、農家さんにネットの未来を語った」オイシックス・ラ・大地 髙島さん

『「ローカル」×「リアル」の攻略〜プラットフォーマーへの一手〜』全7回シリーズ(その2)は、ITビジネスからローカルなリアル・ビジネスへ参入する際の適切なステップについて。野菜のEC販売を手掛けるオイシックス・ラ・大地の髙島さんは、地域の農家の方々との関係性をどのように築かれたのでしょうか。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. ビジネスの多地域展開、その第一歩は「それまでの実績」と「出会い」で決まる

『「ローカル」×「リアル」の攻略〜プラットフォーマーへの一手〜』全7回シリーズ(その3)は、ITを武器にしたローカル×リアル・ビジネスの成否を分けるポイントについて。印刷・物流・広告の三事業で全国展開するラクスルの松本さんは、その第一歩として「実績」と「出会い」の重要性を解説します。どのような実績を、どのような相手に知ってもらう必要があるのか。ぜひご覧ください!
記事を読む

4.「競争意識」と「連帯“表彰”」で現場のモチベーションを高める

『「ローカル」×「リアル」の攻略〜プラットフォーマーへの一手〜』全7回シリーズ(その4)は、地方でのサービス展開や生産・製造を現地パートナー企業に任せる際の品質管理やマネジメントについて。そこで大事になるのは、働く方々の仕事へのモチベーションですが、オイシックス・ラ・大地が移動スーパー「とくし丸」の事業で採用している“連帯表彰”の仕組みが大変ユニークです。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. レガシー産業への新規事業進出で「業界経験者」を採用するメリット・デメリット

『「ローカル」×「リアル」の攻略〜プラットフォーマーへの一手〜』全7回シリーズの(その5)は、リアル・ビジネスに進出するIT企業が採用するべき人材について。一見、業界経験者を採用することが近道のように思いますが、セールス職、事業開発職など、職種に分けて考えることが必要のようです。ぜひご覧ください!
記事を読む

6. ズバリ聞きたい!「ローカル」×「リアル」は儲かるのか?

『「ローカル」×「リアル」の攻略〜プラットフォーマーへの一手〜』全7回シリーズ(その6)は、地方へのビジネス展開で考えるべきコストや収益性について。一般的に、地方では都心部に比べて人材採用やマーケティングなどのコストは低く済みます。しかし当然ながら、人口の少なさは収益性にも影響を与えます。プラットフォーマー4社は、どのような視点で地方展開を果たしているのか。ぜひご覧ください!
記事を読む