「人工知能時代に磨くべき力とは?」最先端の研究者が語る今後求められるスキル

「人工知能によって人間の仕事は代替されてしまうのか?」や「ヒューマンオーグメンテーション(Human Augmentation=人間拡張)テクノロジーが人間の存在をどう変えうるのか?」といった、20〜30年後の人工知能時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが真剣に議論。ICCカンファレンス TOKYO 2016の参加者から賞賛を集めた、最先端研究の動向に関する記事を是非ご覧ください。
(その3/最終)は会場参加者からの質問等を通じて、人工知能時代に求められるビジネスの戦い方や教育といった、議論を踏まえての具体的なアクションについて議論しました。最後まで是非ご覧ください。