7. 個が力を持つ時代、プロデューサーに求められるのは「育成能力」と「出口の確保」だ(SHOWROOM・前田)

「エンタメ・ビジネスは今後どのように進化するのか?」8回シリーズ(その7)では、クリエイター個人が集客できる時代にプロデューサーが叶えるべき要件を議論します。SHOWROOMの演者が抱く「プチ夢」とは?ぜひご覧ください!