【B会場運営チーム】真のリーダーシップとは何かを求め、競い合った日々(ICC FUKUOKA 2021 チーム・カタパルト) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【B会場運営チーム】真のリーダーシップとは何かを求め、競い合った日々(ICC FUKUOKA 2021 チーム・カタパルト)

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

2021年3月23日〜24日、ICCオフィスにて、ICC FUKUOKA 2021の最後のイベント、運営スタッフ打ち上げが2回に分けて行なわれました。そこで開催された運営スタッフがチームごとに自分たちの仕事をプレゼンする「チーム・カタパルト」の書き起こし記事をお届けします。「B会場運営チーム」を代表してプレゼンを行なったのは大竹 智史さんです。人気リアリティ番組を模して、会場を楽しく盛り上げました。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット KYOTO 2021は、2021年9月6日〜9月9日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページのアップデートをお待ちください。



【チーム情報】
2021年2月15〜18日開催
ICCサミット FUKUOKA 2021

(A会場運営チーム)

大竹 智史、朴 理沙(統括)、平松 雅矢、福西 祐樹(A・B会場統括)、松井 春樹、羽賀 瑛優咲

※このプレゼンは『バチェロレッテ・ジャパン』を参考にチーム・カタパルト用に作成されたフィクションです。

本編

大竹 智史さん(以下、大竹) 運営リアリティショー 「BACHELORETTE ICCー結果がすべて。」を始めたいと思います。

(会場拍手)

説明しよう!

『BACHELORETTE ICC』とは、我らがB会場統括 朴 理沙、そして全体進行人を務める福西さん、ダビ、まーや、大竹、あゆさ、このメンバーによって行われる、「真のリーダーシップを求める男」と「真のリーダーシップを求める男を求める女」による青春バラエティショーです!

プログラムをハイライトでご紹介いたします。

プログラム1:統括とメンバーの1on1デート

まずは東京での1on1デート。

その内容をハイライトでお伝えします。

(ダビに)「結局ダビは何がしたいの?」

(まーやに)「もっと自分を好きになっていいよ」

(大竹に)「お調子者を演じることで、本当の自分から逃げてない?」

統括 朴 理沙からの愛ある指摘、さて、本番への影響は?

プログラム2:会場運営で覚醒するメンバー

会場運営、この男(まやこと平松 雅矢さん)は一番の進化を遂げた。

「自分に自信が持てなくて、控えめになってしまっていたんですね。自分を出すのが怖かったのですが、 朴 理沙さんのフォロワーシップで、自分にすごく自信が持てたんです。

自分を好きになれました」

プログラム3:Co-Creation Nightでの生存競争

続いては2on1デート。メンバーは大竹とダビ(松井 春樹)さん。

「Co-Creation Nightの2日間は大竹さんと同じ部屋でした。夕食を取る時間がなく、Co-Creation Nightの運営を準備していたのですが、大竹さんの方針が休憩なしでいこうということでした。しかしどうにも食欲に打ち勝つことができず、大竹さんはブラック企業の社長かと思いました(笑)。

その不満をCo-Creation Nightの最後の夜にぶつけ合いました。朴 理沙さんの目の前、そして朝の4時半でした」

そして、去っていただくのは、ダビさんとなりました。

残りは2名となりました。

第4ステップ:ランチョンセッション

ランチョンセッションで波乱が起きます。

現れた刺客、会場メンバーは準備で疲労困憊のときです。そして詰まる2人の距離感。

急遽、実施される公開デート(※)。

▶編集注:B会場のランチョンセッションに登壇したミラーフィット黄 皓さんのプレゼンを、朴さんは会場運営としてサポートしました。

舞台は『バチェロレッテ』から「カタパルト」へ! ミラーフィット黄 皓さん「ベンチャー企業の経営者になったと思えた2日間」【ICC FUKUOKA 2021レポート】

しかし今回は運営リアリティショ―、黄さんにはご退出いただきました。

ICCサミット無事終了。決断のとき

そして最後、ついにこの時が訪れます。

20210323_チームカタパルトB会場 24.jpeg

(BACHELORETTE 朴 理沙の回想)

「まーやの、準備段階や、本番前、共感力のあふれた温かいコミュニケーション。フットワークの軽さ。不安になっている時に、とっても救われました。

大竹も、準備日や本番時、率先して方針を提案してくれて、みんなをまとめてくれたところ。困っていたときに、すごく救われました。

……決めました。この決断に後悔はありません」

勝者のゆくえは…

そして……真のリーダーとしてローズを渡されたのは、まやです!(※)

(会場拍手)

と、大竹の2人です!

しかしこのままでは終われない。

今ここで、真の勝者を決定するローズセレモニーを開催いたします!

(会場拍手)

プレゼンの時間はオーバーするのですが、ここからは福西さん改め坂東さん(※)に進行をお預けしたいと思います。

坂東さん、よろしくお願いいたします!

▶編集注:「バチェラー」「バチェロレッテ」シリーズの司会を務める俳優の坂東工のこと。

改めて、ローズセレモニー

坂東さんこと福西 祐樹さん(以下、司会) では、これよりファイナルローズセレモニーを開催したいと思います。

それではBACHELORETTEに登場していただきましょう。朴 理沙さんです!

(会場拍手)

BACHELORETTEは何も知らずに、ここに来ていますので、まずBACHELORETTEの心境を聞いてみましょう。

BACHELORETTEこと朴 理沙さん(以下、BACHELORETTE) 真のローズセレモニーをこうやってリアルでやるということをあまり把握していなかったので、ちょっと今驚いています(笑)。ここで決めたいなと思いますし、それぞれの想いを聞きたいです。

司会 それでは今から共に旅をした男性陣を紹介したいと思います。BACHELORETTE、準備はよろしいでしょうか?

それでは男性陣から一言ずついただきましょう。大竹さん、お願いします。

大竹 この半年間、リーダーシップとは人間の器である、そう朴 理沙さんに教えていただきました。次、自分自身も会場統括として、今回のB会場のようなシーンを作りたいと思います!

司会 大竹さん、ありがとうございます。続いてまやさん、よろしくお願いします。

まやこと平松 雅矢さん 本当に自信が持てない中、朴 理沙さんのお陰でこんなに変われたと思っています。朴 理沙さんのリーダーシップ無しではもう僕はあり得なかった、そう思っています。だからそのいただいた勇気を持って、次の京都でしっかりF会場統括として力を発揮していきたいと思います!

司会 それでは最後のローズセレモニーです。真のリーダーシップを持つMVPはどちらなんでしょう? BACHELORETTE、お願いします。

BACHELORETTE 2人の気持ちはとってもうれしいです。だけど、真のリーダーシップとは、私自身もまだ求めている段階だし、みんなそれぞれ次の会場で出すものだと思います。本当に選びたいのはやまやまなんですけど、選べません!!

(会場驚)

司会 台本がここまでしかないっ!

(会場笑)

次回京都の後に我々を超えるプレゼンテーションを見せてくれるチームが現れることを、我々は望んでおります。

B会場運営チームでした。ありがとうございました!

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。