濱田 安之 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 2

【一挙公開】教えてほしい!グローバル市場の最新動向(インド/イスラエル/ブラジル)(全9回)

ICCサミット FUKUOKA 2020の好評セッション「教えてほしい!グローバル市場の最新動向(インド/イスラエル/ブラジル)」の全文書き起こし記事を全9回シリーズお届けします。世界中のテック企業が優秀なIT人材を求めて集結、世界で活躍する“移民1世起業家”を輩出するインド。人口900万人の小国ながら、多くのテック企業が拠点を置きベンチャー投資額は年間9,000億円にも及ぶ軍事国家イスラエル。そして、広大な国土面積を誇り2050年にはGDP世界5位に成長すると期待されるブラジル。この3カ国のマーケット動向を、ベンチャービジネスを中心に4名のスピーカーが徹底解説したセッションです。ぜひご覧ください!
記事を読む

衝撃的な面白さ!リアルテック・カタパルトは、課題は解決できるもの、夢は実現するものだと教えてくれる【ICC KYOTO 2020レポート】

8月31日~9月3日の4日間にわたって開催されたICCサミット KYOTO 2020。その開催レポートを連続シリーズでお届けします。今回は、リアルテック・カタパルトの模様をお伝えします。私たちの未来の生活を変えるテクノロジーが次々と登場します。ぜひご覧ください。
記事を読む

【速報】“小さな水インフラ“で世界の公衆衛生をアップデートする「WOTA」がリアルテック・カタパルト優勝!(ICC KYOTO 2020)

「ともに学び、ともに産業を創る。」エクストリーム・カンファレンス 「Industry Co­-Creation(ICC)サミット KYOTO 2020」(2020年8月31日〜9月3日開催)、9月1日に「REALTECH CATAPULT リアルテック・ベンチャーが世界を変える」 Supported by KOBASHI HOLDINGS が開催されました。第一線で活躍する審査員が注視する中、8社のスタートアップが各7分間の熱いプレゼンテーションを繰り広げました。審査員の投票の結果、自律分散型水インフラで世界の公衆衛生をアップデートする「WOTA」が優勝いたしました!
記事を読む

【予告】リアルテック・カタパルトに集う研究開発型ベンチャー8社をご紹介!当日はライブ中継もあります!(ICC KYOTO 2020)

いよいよ来週に迫ったICCサミット KYOTO 2020。9月1日には、「REALTECH CATAPULT(リアルテック・カタパルト)」が開催されます。8社の研究開発ベンチャーが各7分間のプレゼンテーションを行い、第一線で活躍する審査員28名の投票により最注目のリアルテック・ベンチャーを選出します。ナビゲーターは、株式会社ユーグレナ取締役副社長 / リアルテックファンド代表の永田暁彦さんが務めます。本記事では、今回のスタートアップ・カタパルトに登壇する気鋭の起業家8名を一挙にご紹介いたします!
記事を読む

農業情報設計社は、低コスト・高精度なトラクター運転支援システムで“農作業のクラウド化”を目指す!(ICC FUKUOKA 2019)【文字起こし版】

ICCサミット FUKUOKA 2019 カタパルト・グランプリ 同率4位入賞に輝いた、農業情報設計社・濱田安之さんのプレゼンテーション【農業情報設計社は、低コスト・高精度なトラクター運転支援システムで“農作業のクラウド化”を目指す!】の文字起こし記事をぜひご覧ください!
記事を読む

農業情報設計社は、低コスト・高精度なトラクター運転支援システムで“農作業のクラウド化”を目指す!(ICC FUKUOKA 2019)【動画版】

ICCサミット FUKUOKA 2019 カタパルト・グランプリに登壇し、4位(同率)入賞に輝いた 農業情報設計社 濱田安之さんのプレゼンテーション動画『農業情報設計社は、低コスト・高精度なトラクター運転支援システムで“農作業のクラウド化”を目指す!』をお届けします。ぜひご覧ください!
記事を読む

【速報】“針のいらない生活”を子どもたちに!! 非侵襲血糖値センサーのライトタッチテクノロジーがカタパルト・グランプリ優勝!(ICCサミット FUKUOKA 2019)

「ともに学び、ともに産業を創る。」エクストリーム・カンファレンス「Industry Co­-Creation(ICC)サミット FUKUOKA 2019」(2月19日〜21日開催)、2日目の朝に「CATAPULT GRAND PRIX (カタパルト・グランプリ) - 強者が勢揃い -」 Sponsored by AGSコンサルティング が開催されました。第一線で活躍する審査員が注視する中、スタートアップ企業10社が各7分間の熱いプレゼンテーションを繰り広げました。審査員の投票の結果、非侵襲血糖値センサーで「小さな子どもが採血で苦しまなくてよい世界」の実現を目指すライトタッチテクノロジーが優勝いたしました!
記事を読む