玉川 憲 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 4

「ふざけるな。今すぐやめろ」と言われて起業を決断(WHILL杉江)【KT16-5B #5】

「IoT/ハードウェア・スタートアップのケース・スタディ「WHILL」「ソラコム」「UMITRON」」【KT16-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その5)は、WHILL杉江さんに、自己紹介と起業に至った決断のストーリーをお話しいただきました。是非御覧ください。
記事を読む

「健常者も車いすに乗るような時代が来る」WHILL杉江氏が見据える未来【KT16-5B #4】

「IoT/ハードウェア・スタートアップのケース・スタディ「WHILL」「ソラコム」「UMITRON」」【KT16-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その4)は、WHILL杉江さんに、WHILLの事業と目指す世界についてお話しいただきました。是非御覧ください。
記事を読む

ソラコムは「IoTの民主化」を実現する【KT16-5B #3】

「IoT/ハードウェア・スタートアップのケース・スタディ「WHILL」「ソラコム」「UMITRON」」【KT16-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その3)は、ソラコム玉川さんに、ソラコムの事業と目指す世界についてお話しいただきました。是非御覧ください。
記事を読む

ソラコム玉川氏が起業を決断した「眠れぬ夜のリリースノート」【KT16-5B #2】

「IoT/ハードウェア・スタートアップのケース・スタディ「WHILL」「ソラコム」「UMITRON」」【KT16-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その2)は、ソラコム玉川さんに、自己紹介と起業に至った決断のストーリーをお話しいただきました。是非御覧ください。
記事を読む

【新】30代からの起業物語 – 大人スタートアップの挑戦【KT16-5B #1】

「IoT/ハードウェア・スタートアップのケース・スタディ「WHILL」「ソラコム」「UMITRON」」【KT16-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、モデレーターの西村あさひ法律事務所水島さんに自己紹介をいただきました。是非御覧ください。
記事を読む

【最終回】ベンチャー企業が取るべき知財戦略の第1歩【K16-6D #8】

「小説『下町ロケット』の弁護士モデル(鮫島 正洋氏)が語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論 」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その8)は、会場からの質問を受け付け、スマホゲームの特許化や、知財戦略でまず始めるべきこと等を議論しました。是非御覧ください。
記事を読む

ベンチャーは1件の特許品質を徹底的に高めるべき【K16-6D #7】

「小説『下町ロケット』の弁護士モデル(鮫島 正洋氏)が語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論 」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その7)は、ベンチャー企業が展開することの多いソフトウェア(ITサービス)の特許化に関して留意すべきポイントを鮫島弁護士にお話し頂きました。是非御覧ください。
記事を読む

下町ロケットの弁護士モデルが語る「特許を活用したベンチャー企業の資金調達」【K16-6D #6】

「小説『下町ロケット』の弁護士モデル(鮫島 正洋氏)が語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論 」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その6)は、WHILL杉江さんに特許戦略をお話し頂いた上で、鮫島弁護士・ソラコム玉川さんを交えて、特許を活用した資金調達等のテーマを議論しました。テクノロジーベンチャー必見の内容です。是非御覧ください。
記事を読む

下町ロケットの弁護士モデルが考える「特許を取るべきところ・技術を隠すべきところ」【K16-6D #5】

「小説『下町ロケット』の弁護士モデル(鮫島 正洋氏)が語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論 」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その5)は、ソラコム玉川さんに特許戦略を語って頂いた上で、ベンチャー企業が考えるべき知財戦略の論点を鮫島弁護士に解説いただきました。是非御覧ください。
記事を読む

「車いすをメガネのような存在にする」楽しくスマートな移動を提案するWHILL【K16-6D #4】

「小説『下町ロケット』の弁護士モデル(鮫島 正洋氏)が語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論 」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その4)は、WHILL杉江さんに自己紹介を頂きました。WHILLの知財戦略をお話し頂いた導入部分となります。是非御覧ください。
記事を読む