dof | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 2

8.BtoBのブランディングは意思決定者を意識した設計が大切

「スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論」【K17-3C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その8)は、BtoBとBtoCのマーケティングの共通点と違いについてて議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

9.凄腕クリエイティブディレクターたちが考える「良いネーミング」とは?

「スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論」【K17-3C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その9)では、凄腕クリエイティブディレクターの方々がサービスのネーミングについて議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

10.「VALU」の事例から学ぶ受託事業と自社サービスのバランスの考え方

「スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論」【K17-3C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その10)は、「VALU」の事例から、受託事業と自社サービスのバランスやどのようにマネジメントすればいいのかについてPARTY中村氏にお話しいただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

11.「長期的に愛される」ことをサービスの初期段階から考えていこう【終】

「スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論」【K17-3C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その11)は、特に創業初期のスタートアップのブランディング・コミュニケーション戦略についてメッセージをいただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略(全9回)

2017年7月24日〜8月3日まで配信しました「凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略」の全シリーズをまとめました。日本を代表するメガベンチャー、メルカリをケーススタディとしつつ、凄腕のクリエイティブディレクターとともにこれからのブランディング戦略を考える内容です。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【最終回】凄腕クリエイティブディレクターが語る「これからのクリエイティブ」【F17-7C #9】

「凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略」【F17-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その9)は、クリエイティブディレクターたちを活用するポイントを議論しました。最後に、ご登壇者それぞれに今後の意気込みを語っていただいています。ぜひ御覧ください。
記事を読む

お金がなくても相談できる?クリエイティブディレクターとの様々なタッグの組み方【F17-7C #8】

「凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略」【F17-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その8)は、会場からの質問を受け付け、資金力に乏しいスタートアップが、クリエイティブディレクターたちに相談できるか?できるとしたらどのような協業がありうるか?といった点を議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

メルカリのブランディングを凄腕クリエイティブディレクターたちが徹底議論!【F17-7C #7】

「凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略」【F17-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その7)は、ブランディングを行う価値と、その意思決定プロセス等を議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

仏眼鏡メーカー「エシロール」はなぜインドで視力検査キットを配るのか?(GLIDER志伯)【F17-7C #6】

「凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略」【F17-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その6)は、GLIDER志伯さんらを中心に、コミュニケーション手法の進化を議論しました。第一線のプロたちが語る素晴らしい議論です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

「お金が入るとテレビCMを打ちたくなる」dof齋藤氏がスタートアップに鳴らす警鐘【F17-7C #5】

「凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略」【F17-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その5)は、メルカリの課題やマーケティングの現状をケーススタディに、クリエイティブディレクターから見たスタートアップがやるべきことについて議論しました。dof齋藤さんが警鐘を鳴らす「CMを打つ前にもっとやるべきことがある」といった話が大変興味深いです。ぜひ御覧ください。
記事を読む