【一挙公開】スタッフレポート:スカラシップでICC サミット KYOTO 2020に参加して | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【一挙公開】スタッフレポート:スカラシップでICC サミット KYOTO 2020に参加して

Pocket

公式LINEで新着記事を配信しています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

スカラシップ制度を利用して、ICC サミット KYOTO 2020に参加した運営チームメンバーに、参加した理由や担当した仕事の内容、そこで得た学びや、改めて考える参加の意義などをレポートにまとめていただきました。これから運営スタッフ参加を考えている方には情報となり、参加いただいている方にも改めて学びとなる内容となっています。ぜひご覧ください。

株式会社セプテーニ・ホールディングス、株式会社HAiK、株式会社キュービック、株式会社ReBoost、株式会社グッドパッチ、株式会社みずほ銀行、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部、そして個人サポーターの皆様のご協力により、学生参加者や28歳以下の若手社会人、東京など遠方から京都のICCサミット、および東京でイベントが開催される際に遠方から参加するスタッフを対象に、宿泊・交通費を一部スカラシップとしてご支援いただきました。
ご協力いただいた皆様に心からお礼を申し上げます。

2021年2月15日〜2月18日に開催する ICCサミット FUKUOKA 2021の運営スタッフを募集しています。詳細はぜひ下記リンクからご覧ください。

【新規募集】ICCサミット FUKUOKA 2021 運営チーム募集

今まで触れることのなかったドキドキとワクワクに出会い、成長意欲が更にかき立てられた(飯田 野杏)【スタッフレポート:スカラシップでICCに参加して】

大きな想いを胸に飛び込んだICCは、「コミュニティとしての理想型」のひとつだった(遠藤 玲希央)【スタッフレポート:スカラシップでICCに参加して】

「自分はこれから何をしていくのか?何を創っていくのか?」という問いを常に抱くように(正能 由佳)【スタッフレポート:スカラシップでICCに参加して】

第一線で活躍するリーダーの言葉を聞き、人生が変わるような衝撃を受けた(林 広大)【スタッフレポート:スカラシップでICCに参加して】

編集部のおすすめ(関連記事)

2020年2月の、ICC サミット FUKUOKA 2020スカラシップ参加者のレポートです。こちらも合わせてぜひご覧ください。

【一挙公開】スタッフレポート:スカラシップでICC サミット FUKUOKA 2020に参加して

公式LINEで新着記事を配信しています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。