【参加枠残りわずか】ICCサミット FUKUOKA 2019 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【参加枠残りわずか】ICCサミット FUKUOKA 2019

Pocket

こんにちは。ICCパートナーズ 代表の小林 雅です。

Industry Co-Creation ™ (ICC) サミットは、「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンスです。

ICCサミットは年2回 だけの開催です。次回は2019年2月18〜21日 福岡において「Industry Co-Creation ™ (ICC) サミット FUKUOKA 2019」を開催いたします。パーティ会場などの収容人数の上限があるためランチ・パーティに参加可能は「スタンダード①」「スタンダード②」「プレミアム(VIP)」の参加登録を締め切りました。セッションの聴講のみ(ランチ・パーティの参加権利なし)の「スタンダード③」の参加プランは引き続き登録可能です。

スポンサー企業の募集は終了しました。

福岡開催の次は2019年9月2-5日 京都開催を予定しております。

【参加方法】

  • ICCサミットは参加者からの紹介・推薦を原則とした「紹介制カンファレンス」です。ICCサミット FUKUOKA 2019の参加を希望される方は紹介者・推薦者を確保した上でICCサミット FUKUOKA 2019 参加希望入力フォームから登録(応募)をお願いいたします。登録(応募)の後の参加の可否を判断し、確認のメールをお送りいたします。

ICCサミット FUKUOKA 2019 参加希望入力フォーム

▶ 参加費などは ICCサミットFUKUOKA 2019 参加システム を参照ください。

「注意事項」

  • 休憩時間やパーティなどでの意図的な営業行為(名刺交換)は「ともに学ぶ場」に反する行為であるため禁止となっております。参加者から複数のクレームがあった段階で参加の制限をいたします(特に人材派遣・紹介会社・証券会社にクレームあり)。営業行為はスポンサー企業のブランドスペースなど指定された場所のみとなります。過去 スポンサー企業 2社に対して参加の制限を行っております。
  • 紹介を依頼する場合はICCサミット KYOTO 2018の参加者リスト およびICCサミット FUKUOKA 2019 の参加者リストいずれかに参加登録されている方からの紹介が必要となります。
  • 前回のICCサミット KYOTO 2018の参加登録人数は約950名でしたが、ICCサミット FUKUOKA 2019は会場の収容人数が少なくなっており、参加登録人数は800〜850名程度に設定しております。前回は開催2ヶ月前に申し込み締切いたしましたが、今回も同様に2-3ヶ月前に申し込みの締切になる見込みです。

ICCサミットFUKUOA 2019 プレ・オープニング イベント(2019年1月30日開催)

ICCサミット FUKUOKA 2019は2019年2月18-21日に開催予定ですが、サミットの前に本番の雰囲気を体験いただきたいと考え、東京においてプレ・オープニング イベントの開催いたします。

今回は「最高の成果を生み出すリーダーシップとチームマネジメントとは何か?」(シーズン3) のパネルディスカッションに加えて、終了後のグループ・ディスカッション(複数テーマ)や懇親会も合わせた総合的なプログラムとなっております。ICCサミット FUKUOKA 2019 参加登録者は参加費無料となっております。

詳細はイベントページをご覧ください。

ICCサミットとは?

詳しくはICC サミット FUKUOKA 2018のダイジェスト動画とICCサミット FUKUOKA 2018 プレオープニングイベント(2018年2月6日)のセッション動画をぜひご覧ください。


【前回の資料】

【メデイア掲載】

▶ ICCサミット KYOTO 2018

▶ ICCサミット FUKUOKA 2018

【ICCサミット KYOTO 2018の速報レポート】

【ICCサミット KYOTO 2018のプレイベントや準備のレポート】

【ICCサミット KYOTO 2018の開催レポート】

ICCサミット FUKUOKA 2019 開催概要

ICCサミット FUKUOKA 2019は紹介制カンファレンスです。

以下、開催概要です。

【正式名称】Industry Co-Creation ™ (ICC)  サミットFUKUOKA 2019

【略称】ICC FUKUOKA 2019

【主催】ICCパートナーズ株式会社

【監督 / 製作総指揮 】小林 雅 (ICCパートナーズ株式会社 代表取締役)

【日程/会場】2019年2月18日・19日・20日・21日 グランドハイアット福岡 など

【参加人数(予定)】約800名

【詳細資料】

【参加費】

  • ICCサミットFUKUOKA 2019の参加システムは「スタンダード」「VIP」の2つの参加枠を用意しました。詳細はICCサミットFUKUOKA 2019 参加システム(参加費やスポンサー資料)をご覧ください。
  • パーティ会場などの収容人数の上限があるためランチ・パーティに参加可能は「スタンダード①」「スタンダード②」「プレミアム」の参加登録を締め切りました。セッションの聴講のみ(ランチ・パーティの参加権利なし)の「スタンダード③」や「プレミアム(VIP)」の参加プランは引き続き登録可能です。

▶ ICCサミット FUKUOKA 2019から「コーポレート・パス」は廃止となりました。

【参加方法】

  • ICCサミットは参加者からの紹介・推薦を原則とした「紹介制カンファレンス」です。ICCサミット FUKUOKA 2019の参加を希望される方は紹介者・推薦者を確保した上でICCサミット FUKUOKA 2019 参加希望入力フォームから登録(応募)をお願いいたします。登録(応募)の後の参加の可否を判断し、確認のメールをお送りいたします。

ICCサミット FUKUOKA 2019 参加希望入力フォーム

▶ 参加費などは ICCサミットFUKUOKA 2019 参加システム を参照ください。

「注意事項」

  • 休憩時間やパーティなどでの意図的な営業行為(名刺交換)は「ともに学ぶ場」に反する行為であるため禁止となっております。参加者から複数のクレームがあった段階で参加の制限をいたします(特に人材派遣・紹介会社・証券会社にクレームあり)。営業行為はスポンサー企業のブランドスペースなど指定された場所のみとなります。過去 スポンサー企業 2社に対して参加の制限を行っております。
  • 紹介を依頼する場合はICCサミット KYOTO 2018の参加者リスト およびICCサミット FUKUOKA 2019 参加予定リストをご覧ください。いずれかに参加登録されている方からの紹介が必要となります。
  • 前回のICCサミット KYOTO 2018の参加登録人数は約950名でしたが、ICCサミット FUKUOKA 2019は会場の収容人数が少なくなっており、参加登録人数は800〜850名程度に設定しております。前回は開催2ヶ月前に申し込み締切いたしましたが、今回も同様に2-3ヶ月前に申し込みの締切になる見込みです。

【スポンサーシップ・プログラム】

  • ICCサミットFUKUOKA 2019のスポンサー企業の募集は行っております。スポンサーシップ・プログラムの詳細はICCサミットFUKUOKA 2019 参加システム(参加費やスポンサー資料)をご覧ください。ICCサミット FUKUOKA 2019のスポンサー販売は2018年11月末で終了しました。次回以降のスポンサーシップ・プログラムに興味がある方は問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです。
  • スポンサー企業はICCサミットの理念や価値観を共有いただくことが大切だと考えております。そのため原則「一見さんお断り」となっており、通常の参加者としてご参加いただきICCサミットの理解を深めてからのスポンサーシップ・プログラムへの参加をお願いしております。

ICCサミット KYOTO 2018 のスポンサー企業(実績)

【オフィシャル・パートナー】

  • ICCサミット FUKUOKA 2019では飲料などを提供いただくオフィシャル・サプライヤーを募集しげてります。オフィシャル・サプライヤーの詳細はICCサミットFUKUOKA 2019 参加システム(参加費やスポンサー資料)をご覧ください。
  • オフィシャル・パートナーは「カタパルトの優勝商品の提供」「飲料などの提供」「スカラシップの協力」「製品などの提供」「メディア・パートナー」などに各カテゴリーごとのパートナーシップとなっております。

ICCサミット KYOTO 2018 オフィシャル・パートナー(実績)

【ボランティア・スタッフ募集】

・ICCサミットでは運営チームメンバーを継続的に募集しております。また次回に向けて募集を行います。ボランティアスタッフ募集ページをぜひご覧ください。

 

以下、詳細の説明となっております。

プログラムのレベルの高さと参加者のクオリティ・多様性を特徴とするエクストリーム・カンファレンス

  • 第一線で活躍するトップリーダー(経営者・経営幹部・プロフェッショナル)が250名以上登壇し、3日間で業界動向やマネジメントに関する質の高い意見交換をする場です。800名の参加者の多くの参加者は東京から参加し、オフサイト合宿のような密度の濃い濃厚な時間を共に過ごします。
  • ICCサミットの特徴はセッションの「クオリティ」と「多様性」です。最大6会場同時開催されるセッションは「どのセッションも魅力的で選択に最後まで迷う」などが多くの参加者の声です。前回のICCサミット KYOTO 2018(2018年9月開催)の事後アンケートでは全71セッションの評価を行いました。参加者のうち「最高だった(素晴らしかった」)」と回答した割合が参加者が60%以上のセッションは71セッション中 20セッションありました。

【最高評価のセッションは?】ICCサミット KYOTO 2018 セッション評価レポート

  • 充実したプログラムやネットワーキングのクオリティはNPSにも反映されています。「ICCサミットの参加を友人や同僚におすすめしようと思いますか? (すすめたい10点〜すすめたくない0点)」という質問に対して、NPSのスコアは72.5%です。
  • ぜひICCサミットの紹介ムービーをぜひご覧ください。


新しいCo-Creationを生み出す仕組み「カタパルト」

  • ICCサミットではベンチャー企業や大手企業の新規事業の責任者が8分間でプレゼンテーションする「カタパルト」に力をいれています。数多くの注目ベンチャー企業や新規事業がプレゼンテーションを行い、協業や資金調達など数多くのCo-Creationが生まれています。
  1. 【速報】AIによる物流・配送ルート最適化のオプティマインドが大接戦のスタートアップ・カタパルトを制し優勝!(ICCサミット KYOTO 2018)
  2. 【速報】ドローン制御技術の「エアロネクスト」とナノカーボン技術の「スペースリンク」がリアルテック・カタパルト同率優勝!(ICCサミット KYOTO 2018)
  3. 【速報】誰もが社会参加できる世界を!! 分身ロボット「OriHime」のオリィ研究所がカタパルト・グランプリ優勝!(ICCサミット KYOTO 2018)
  4. 【速報】AIによる行動解析技術で“共感ロボ”の創出を目指すVAAK(バーク)がHonda Xceleratorカタパルト優勝!(ICCサミット KYOTO 2018)
  • ぜひ過去のスタートアップ・カタパルトのドキュメンタリー動画を是非ご覧ください。スタートアップ・コンテスト「カタパルト」などの登壇者を募集しております。プレゼンター募集ページをご覧ください。





ボランティア・スタッフによる士気の高い運営

  • ICCサミットはボランティアスタッフを中心に運営されています。大学生から若手社会人を中心に士気の高い運営です。トップリーダーと直接接することは成長機会となっています。
  • どのように運営されているのか?をスタッフドキュメンタリー動画にまとめております。是非ご覧いただだければ。詳細はボランティアスタッフ募集ページをぜひご覧ください。



Pocket