マネジメント | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

1. ICC名物モデレーターが集結! 4人4様、「己の流派」を明かす

大反響を得た前回に続いて、ICCニューイヤーパーティ2020で開催された特別セッション「モデレーター勉強会」(シーズン2)の議論を全6回の書き起こし記事でお届けします。今回は、シーズン1からの慶應義塾大学 琴坂 将広さんが続投、ヤフー伊藤 羊一さん、プロノバ岡島 悦子さん、武田 純人さんが新加入して、トークセッションを成功に導く極意に加えて会場作りのこだわりまで、時間いっぱい語っていただきました。ぜひご覧ください!
記事を読む

2. 岡島悦子の「一枚の紙」、伊藤羊一の「コンサートの波形」、セッションプロデューサーとして、成功に導く心構え

ICCニューイヤーパーティ2020で開催された特別セッション「モデレーター勉強会(シーズン2)」の全文書き起こし記事。全6回シリーズの(その2)は、プロノバ岡島悦子さんの、セッション準備の話からスタート。「モデレーターの仕事はプロデューサー」と語る、岡島さんが用意するものとは? 伊藤羊一さんも、また異なる視点でのプロデュースのコツを語ります。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. 何をもって成功とするか? モデレーター視点で見る「いいセッション」とは

ICCニューイヤーパーティ2020で開催された特別セッション「モデレーター勉強会(シーズン2)」の全文書き起こし記事。全6回シリーズの(その3)は、モデレーターをして得られる「ご褒美」について登壇者たちが語ります。議論の展開役ながら、知的刺激をたくさん得ているといいます。ぜひご覧ください!
記事を読む

4. セッションの初速・ターゲット設定・質問の順番……ICC名物モデレーターが実践する運用テクニック

ICCニューイヤーパーティ2020で開催された特別セッション「モデレーター勉強会(シーズン2)」の全文書き起こし記事。全6回シリーズの(その4)は、セッションを盛り上げるコツを4人が伝授。実践からくる説得力あるテクニックは、全司会進行役必見です。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. セッションのゴールとは? 学び or 盛り上がり、満足させるのは会場 or 登壇者、モデレーター泣かせの二者択一、選ぶなら?

ICCニューイヤーパーティ2020で開催された特別セッション「モデレーター勉強会(シーズン2)」の全文書き起こし記事。全6回シリーズの(その5)は、会場からのQ&Aです。会場に集まった人たちも、モデレーター経験者ばかり。「モデレーターあるある」への登壇者の答えとは? ぜひご覧ください!
記事を読む

6. よりよい議論のために、モデレーターが大切にすべきこと【終】

ICCニューイヤーパーティ2020で開催された特別セッション「モデレーター勉強会(シーズン2)」の全文書き起こし記事。全6回シリーズの(最終回)も、会場からの尽きない質問に、登壇者が惜しみなく回答します。いい議論のために「会場づくり」まで気を配る岡島さんのTIPSも合わせて、ぜひご覧ください!
記事を読む

1. 人気シリーズ第3弾!アカツキ・クラウドワークス・ネオキャリアの組織戦略を徹底解剖!

成長企業の組織の秘訣に迫るICCサミット定番セッション「最強の組織戦略」の第3弾を全8回シリーズでお届けします。今回は、アカツキ、クラウドワークス、ネオキャリアの三社を徹底解剖します。まずは、登壇者の自己紹介からスタートです。ぜひご覧ください!
記事を読む

2.「社員と感情を分かち合うこと」と「会社を速く走らせること」はトレードオフではない

「最強の組織戦略〜アカツキ、クラウドワークス、ネオキャリアのすべて〜」8回シリーズ(その2)では、アカツキ塩田さんが「感情の分かち合い」の大切さを語ります。感情を分かち合って事業が進むなら苦労はいらないよ……今そう思ったあなたにこそ、ぜひ読んでいただきたい内容です。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. チャレンジを恐れる社員の「心理的ハードル」をどう下げるか?

「最強の組織戦略〜アカツキ、クラウドワークス、ネオキャリアのすべて〜」8回シリーズ(その3)は、「感情の分かち合い」が組織全体にもたらす効果を、アカツキ塩田さんが力説します。「感情を分かち合いたくない」という感情すらも許容すると話す塩田さん。社員が新たな挑戦に抱く「心理的ハードル」を解消する工夫とは? ぜひご覧ください!
記事を読む

4. クラウドワークスが実践する“エフェクチュエーション経営”とは?

「最強の組織戦略〜アカツキ、クラウドワークス、ネオキャリアのすべて〜」8回シリーズ(その4)は、アントレプレナーシップの新たな概念として関心高まる「エフェクチュエーション」を、クラウドワークスの吉田さんが解説します。同社のこれまでの事業成長と組織施策の変遷とあわせて、ぜひご注目ください!
記事を読む