【開催情報】ICCサミット FUKUOKA 2022 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【開催情報】ICCサミット FUKUOKA 2022

Pocket

【ともに学び、ともに産業を創る。】

こんにちは。ICCパートナーズ 代表の小林 雅です。

Industry Co-Creation ® (ICC) サミットは、「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回250名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンスです。

2021年9月6日〜9月9日の4日間に渡って開催したICCサミット KYOTO 2021には 約800名の参加者が参加し、無事開催することができました。FUKUOKA 2021に続き緊急事態宣言中の開催であり、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を行いながら800人規模の4日間のビジネス・カンファレンスは開催できるのか? という大きなチャレンジがありましたが、ICCサミット KYOTO 2021の全体の評価は回答者(450名)の86.4%が「最高だった」と回答となりました。

そして次回は2022年2月14日〜2月17日 福岡において「Industry Co-Creation (ICC) サミット FUKUOKA 2022」を開催します。

ICCサミットに登壇・参加する方の多くはリスクテイクして起業した事業家・チャレンジャーの方々です。前回 800名近くの参加者が一堂に集まったのは紛れもなくリアルの出会い・学びの価値があるからです。そして主催者としてリスクテイクしてチャレンジしたからではないでしょうか。ICCサミット FUKUOKA 2022に関してリアル・イベントの価値を最大限に感じていただくためにカンファレンス会場で行うセッションだけでなく、美食体験などの特別体験プログラムを多数用意する予定です。ぜひご期待ください。

ICCサミット FUKUOKA 2022 参加登録フォーム

10月28日からICCサミット FUKUOKA 2022の参加登録はスタートしました。

ICCサミット FUKUOKA 2022 参加希望入力フォーム

  • 12月1日以降は参加費が20%アップします。段階的な上昇する仕組みとなっております。
  • 開催概要は ICCサミット FUKUOKA 2022プログラム をご覧ください。
  • ぜひICCサミット参加者のドキュメンタリー動画をご覧ください。

    ICCサミット FUKUOKA 2022 開催概要

    ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る」をコンセプトとするカンファレンスです。学ぶことに対して真剣であり、ともに学び合い・産業を創っていくCo-Creationのマインドを持った方のみにご参加頂きたい考えております。

    前回のICCサミットKYOTO 2021のスポンサー企業一覧

    前回のICCサミット KYOTO 2021のオフィシャル・パートナー企業一覧

     

     

    以下、開催概要です。

    【正式名称】Industry Co-Creation (ICC)  サミット FUKUOKA 2022

    【略称】ICC FUKUOKA 2022

    【主催】ICCパートナーズ株式会社

    【製作総指揮 】小林 雅 (ICCパートナーズ株式会社 代表取締役)

    【日程/会場】2022年2月14日〜2月17日 ヒルトン福岡シーホーク(メイン会場) など

    • 2月14日(月) ウェルカム・ディナー
    • 2月15日(火)  カンファレンス1日目
    • 2月16日(水)  カンファレンス2日目
    • 2月17日(木)  カンファレンス3日目

    【参加人数(予定)】約800〜900名

    【ICC FUKUOKA 2022の資料】

    【前回 ICC KYOTO 2021の資料】

    プログラムの完成イメージなどは前回開催の資料をご覧ください。

    <ICCサミット KYOTO 2021 開催レポート>

    <ICCサミット FUKUOKA 2021 開催レポート>

    <ICCサミット KYOTO 2020 開催レポート>

      【スポンサーシップ・プログラム】

      • スポンサーシップ・プログラムに関してはICCサミット FUKUOKA 2022 参加システムをご覧ください。現在のスポンサー企業に関しては一度参加したことがある企業を対象としております。よく「興味あるから資料ください」といった問い合わせをいただくのですが、資料を送ってもまったく返信もないという企業が多く、このような対応をするのは時間の無駄・くだらないと思い、対応しないことにしました。
      • スポンサーを希望される方はICCパートナーズ 小林までご連絡ください(連絡先はICCサミットに参加されたことがある方はご存知かと思います)。

      【オフィシャル・パートナー】

      • パートナーシップ・プログラムに関しては ICCサミット FUKUOKA 2022 参加システム をご覧ください。
      • 現在のパートナーシップ・プログラムはICCサミット参加企業とのコラボレーションの仕組みとなっております。

      【運営チーム募集】

      ICCサミットの特徴

      以下、ICCサミットの詳細の説明となっております。

      • 第一線で活躍するトップリーダー(経営者・経営幹部・プロフェッショナル)が250名以上登壇し、3日間で業界動向やマネジメントに関する質の高い意見交換をする場です。約900名の参加者の多くの参加者は東京から参加し、オフサイト合宿のような密度の濃い濃厚な時間を共に過ごします。
      • ICCサミットの特徴はセッションの「真剣さ」と「プログラムの多様性」です。最大6会場同時開催されるセッションは「どのセッションも魅力的で選択に最後まで迷う」などが多くの参加者の声です。また、カンファレンス会場の外での特別体験プログラムを多数実施しました。結果としてICCサミット KYOTO 2021の全体の評価は回答者(450名)の86.4%が「最高だった」と回答となりました。
      • 各セッションごとの評価などは【評価レポート】ICCサミット KYOTO 2021 セッション評価など に詳細をまとめております。

      新しいCo-Creationを生み出す仕組み「カタパルト」

      • ICCサミットではベンチャー企業や大手企業の新規事業の責任者が7分間でプレゼンテーションする「カタパルト」に力をいれています。数多くの注目ベンチャー企業や新規事業がプレゼンテーションを行い、協業や資金調達など数多くのCo-Creationが生まれています。
      • カタパルトは「スタートアップ・カタパルト」「リアルテック・カタパルト」「クラフテッド・カタパルト」「SaaSカタパルト」「ソーシャルグッド・カタパルト」「カタパルト・グランプリ」の6のジャンルがあります。スタートアップ・カタパルトは一般公募をしております。プレゼンター募集ページをご覧ください。他のジャンルのカタパルトは審査員の推薦などによってプレゼンターを決めております。
      • ぜひ過去のスタートアップ・カタパルトのドキュメンタリー動画を是非ご覧ください。



          ボランティア・スタッフによる士気の高い運営

          • ICCサミットはボランティアスタッフを中心に運営されています。大学生から若手社会人を中心に士気の高い運営です。トップリーダーと直接接することは成長機会となっています。
          • どのように運営されているのか?をスタッフドキュメンタリー動画にまとめております。是非ご覧いただだければ。詳細はボランティアスタッフ募集ページをぜひご覧ください。


          Pocket