生中継決定!注目ベンチャーの祭典「カタパルト・グランプリ」Part4では、HRテック・教育×ICT等の注目企業が登壇! – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

生中継決定!注目ベンチャーの祭典「カタパルト・グランプリ」Part4では、HRテック・教育×ICT等の注目企業が登壇!

Pocket

カタパルト・グランプリとは?

2017年2月21日・22日・23日に、新産業のトップリーダーが集まるIndustry Co­-Creation(ICC)カンファレンス FUKUOKA 2017 を開催します。総勢160名以上の新しい産業を創るトップリーダーが登壇するコミュニティ型のカンファレンスです。

ICCカンファレンス では、これまで「CATAPULT(カタパルト) – スタートアップ・コンテスト – 」を実施し、多くの注目ベンチャー企業と審査員の方々にご参加頂き、Co-Creationを生み出してきました。

今回のICCカンファレンスFUKUOKA 2017では、「共に産業を創る」場である”CATAPULT”を発展させ、2月23日に「CATAPULT GRAND PRIX (カタパルト・グランプリ)」を初開催いたします。

注目のベンチャー企業総勢20社が、1社12分間のプレゼンテーションを行います。ぜひご期待ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「CATAPULT(カタパルト)」のオフィシャル・サポーターです。

「空間を超えて」グランプリの模様を生中継致します

今回の「カタパルト・グランプリ」では、「空間を超えて」どなたでもお楽しみ頂けるピッチイベントとして、Facebook Liveを活用し、会場から生中継で映像をお届けいたします。ぜひFacebookページにてご覧ください。2017年2月23日 9:50〜17:45(Part4は16:00~17:15)の時間で生中継致します。

「時空を超えて」プレゼンテーションを記事化致します

「カタパルト・グランプリ」では、登壇者のプレゼンテーションを記事化致します。

前回、ICCカンファレンス KYOTO 2016 で「CATAPULT(カタパルト)」にご登壇頂いた起業家たちの記事は、「注目ベンチャー特集」としてICCのメディアより配信され、多くの方にお読み頂きました。

「注目ベンチャー特集」の記事はこちら

今回、ICCカンファレンス FUKUOKA 2017 「カタパルト・グランプリ」にご登壇頂いた起業家たちの熱きプレゼンテーションを「時空を超えて」配信する予定です。

Part4(16:00~17:15) 登壇者の顔ぶれ

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
2017年2月23日開催
「CATAPULT GRAND PRIX (カタパルト・グランプリ)」
 
Supported by IBM BlueHub
 
1社12分のプレゼンテーションによる新事業コンテスト
総勢20名が登壇予定

注目ベンチャー特集 「今、HRテックが熱い」

表 孝憲
株式会社ミライセルフ
代表取締役CEO
 
京都大学・法学部卒業。新卒でモルガン・スタンレー証券株式会社の債券部に入社。
営業として勤務する傍ら入社後半年から週末は面接官として従事し採用リーダーとして毎年1,000人以上の学生と面接。2015年6月に退職しUCバークレーハースビジネススクールに留学。経営学修士(MBA)を取得。2015年5月に人と組織のカルチャーを可視化して自分や自社に合った人や組織を見つけるサービスmitsucariをスタート。2016年2月に本格的にビジネス向けのサービスとして提供を開始し2017年1月現在で260社、17,000人が登録。面接数が30%削減や、新卒の定着に効果があった企業が現れている。2016年12月に京都大学イノベーションキャピタルより2回目目の資金調達を実施。

宮田 昇始
株式会社KUFU (SmartHR)
代表取締役CEO
サラリーマン時代、10万人に1人と言われる疾患を発症。完治の見込みは20%と宣告を受けるも、闘病期間中に傷病手当金(社会保険の一つ)を受給できたおかげで、リハビリに専念し無事完治。社会保険のありがたみを身をもって感じる。その後、2013年に株式会社KUFUを創業。経営者としては社会保険手続きの煩雑さに課題を感じクラウド労務ソフト「SmartHR」を発案。2015年11月にサービスを公開。TechCrunch Tokyo、IVS、B Dash Camp で3度の優勝。HRアワード 2016 最優秀賞、グッドデザイン賞 2016、東洋経済すごいベンチャー100にも選出されました。

注目ベンチャー特集 「今、教育 x ICT が熱い」

日下部 祐介
株式会社スマートエデュケーション
取締役CFO / 共同創業者
慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、2000年7月にアクセンチュア株式会社に入社。システムエンジニアとして半導体メーカーのサプライチェーンマネジメント のプロジェクトに従事。2001年7月に株式会社シーエー・モバイルに入社。広告メディア、ネットワークメディア、ソーシャルアプリ等の企画開発、公式課 金事業の立ち上げ、また、経営企画、財務経理、人事総務などのコーポレート部 門のマネジメント、子会社の代表取締役などを経験し、2005年10月に同社執行役 員、2007年12月同社取締役に就任。2011年6月に株式会社スマートエデュケーションを創業し、取締役CFOに就任。

真子 就有
株式会社div
代表取締役
 
学生時代からエンジニアとして複数のITベンチャーに勤務。2012年3月、在学中に株式会社we-b(現div)を創業。複数のサービスリリースを経験。2014年11月「非効率なプログラミング学習を無くしサービスを生み出す人を増やしたい」という想いのもと質問し放題が特徴の短期集中プログラミング教育事業TECH::CAMPを開始。TECH::CAMPでは開始から2年で6000人以上の卒業生を輩出し、月次で400名以上が受講する日本トップクラスの規模に成長。大手上場企業の100名のITスキル研修を担うなど法人研修としての導入も進む。2015年11月Forbes誌「注目のUnder30起業家10人」に選出。現在は未経験から三ヶ月でエンジニアとしての転職を目指すTECH::CAMP EXPERTにも力を入れている。

注目ベンチャー特集 「今、アジアの教育が熱い」

三輪 開人
特定非営利法人e-Education
代表理事
 
1986年生まれ。早稲田大学在学中に税所篤快と共にNPO、e-Educationの前身を設立。バングラデシュの貧しい高校生に映像教育を提供し、大学受験を支援した。1年目から合格者を輩出し「途上国版ドラゴン桜」と呼ばれる。大学卒業後はJICA(国際協力機構)で東南アジア・大洋州の教育案件を担当しながら、NGOの海外事業総括を担当。2013年10月にJICAを退職してe-Educationの活動に専念。14年7月に同団体の代表理事へ就任。これまでに途上国14カ国8000名の中高生に映像授業を届けてきた。2016年、アメリカの経済誌「Forbes」が選ぶアジアを牽引する若手リーダー「Forbes 30 under 30 in Asia」に選出される。

(続)


【編集部コメント】

最後までお読みいただきありがとうございます!Facebookを活用したLive中継は、今回始めての取り組みとなります。ぜひICCのFacebookページから中継のリマインダを設定し、ご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。