モバイル通信とクラウドでIoTを加速する「SORACOM」【F17C-SRC #1】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

モバイル通信とクラウドでIoTを加速する「SORACOM」【F17C-SRC #1】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

モバイル通信とクラウドでIoTを加速する「SORACOM(ソラコム)」柿島さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その1)は、「なぜIoT通信プラットフォームを提供するのか」という背景やSORACOM Airの魅力についてお話し頂きました。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。是非御覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト(CATAPULT)」のオフィシャル・サポーターです。


【登壇者情報】
2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンスFUKUOKA 2017
カタパルト・グランプリ
Supported by IBM BlueHub

(プレゼンター)

柿島 英和
株式会社ソラコム
執行役員 セールスディレクター

1978年生まれ埼玉県出身、法政大学工学部卒業後、半導体商社に入社し製造業向け半導体販売を経験した後、外資系ストレージベンダーにてインフラの全体最適化推進プロジェクトを通してプライベートクラウド環境構築支援に携わる。2012年にアマゾンウェブサービスジャパンに入社し、エンタープライズストラテジック営業本部長を歴任、日本におけるクラウド市場黎明期の日系大手企業を中心としたクラウドサービス導入に携わる。2016年1月より現職。

モバイル通信とクラウドでIoTを加速する「SORACOM」の配信済み記事一覧

みなさんこんにちは、ソラコムの柿島です。

最初に自己紹介をさせてください。

私はソラコムでセールスをしております。前職はAmazonにおりました。

AmazonのクラウドサービスでAWSというものがあるのですが、私はそのAWSのセールスをしているときに弊社の代表の玉川と出会いました。

彼が日本発で世界に通用するスタートアップを作るという思いに共感し、2016年の1月に入社いたしました。

IoT向け通信プラットフォームを提供するソラコム

では、ここから弊社の紹介に入らせていただきます。

弊社の事業はIoT向けの通信プラットフォームの提供です。

モバイル回線を使ったSIMカードのサービス、および2016年からLPWA(Low Power, Wide Area)のLoRaWAN(ローラワン)の通信サービスを提供しております。

現在の社員数はグローバルを含めて30名強です。

2016年からグローバル展開を進めておりまして、グローバル資金のために30億ほど増資をし、資本金は現在37億円となっております。

2020年には500億個のモノがインターネットに繋がる

なぜ今「IoT」なのでしょうか。

スライドにあるように、要素技術の革新により、モノがどんどんインターネットに繋がれていくと言われております。

2020年には500億個のものがインターネットに繋がり、全てのものが適切に制御される世界となるとも言われています。

このことは大きな経済効果をもたらすでしょう。

ソラコムが解決するIoTの課題

そういったIoTの仕組みを作るにあたっては、まだ様々な課題がございます。

「繋がる」というインターネット接続の点では、皆さまが非常に気にされるであろうセキュリティ、それから通信監理をどうすれば良いかということ、費用対効果が取れるのかといった課題があるのです。

弊社は、相互通信する通信ネットワークの課題に着目し、モバイル通信とクラウド技術を組み合わせることでこれらの課題を解決することを試みました。

SIMカードの通信サービスSORACOM Air

そこで出したのが、2015年9月のIT Pro Expoで発表したSORACOM AirというSIMカードの通信サービスです。

こちらはNTTドコモの3GとLTE回線を使用するSIMカードになっております。

IoT・M2M向けにサービス特化されており、APIを使って一括操作ができ、クラウド連携が非常にしやすく、少ない初期投資で利用できることが特徴です。

初期費用は最小限。「使った分だけ」従量課金の料金体系

実際の料金体系をご紹介します。

初期費用として1枚当たり954円でこのSIMカードが購入できるようになっており、開通後は1日10円の基本料金で使用できるものになっております。

ですから1か月30日としますと、だいたい300円/月ぐらいの基本料金でご利用いただけます。

その基本料金に加え、データ通信料が従量課金で使用できるようなモデルになっており、1MBあたり0.2円から利用可能です。

弊社の通信サービスは契約期間の縛りなく使うことができますので、試しに3日間だけ使う、もしくは1か月だけ使うといった短期での利用もできるようになっております。

リーズナブルな利用料金の事例

実際のお客様の利用例をここに掲示させていただきます。

例えばバスのトラッキングといった動態管理であれば、位置情報データを送るだけなので、データ量は非常に少なく済みます。

その場合はひと月基本料と合わせても303円ぐらいでご利用いただけます。

それ以外もスライドにありますように、一回線からこれくらいの安価な形で利用できるようになっております。

利用事例①遠隔地からのスマートロック開錠

例えば、フォトシンス様が提供しているスマートロックの「Akerun Remote」というサービスではSORACOMをご利用いただいています。

近距離の場合はBluetoothで通信すれば鍵を開けることができますが、遠隔地から開けたいというニーズもございます。そのニーズにこたえたのが「Akerun Remote」という遠隔地から鍵をあけるサービスです。

この「Akerun Remote」を安定した3G回線を使って安価に運営したいということで、SORACOMのSIMを使っていただいております。

利用事例②「使う日だけ課金」決済端末での利用

楽天Edy様には、決済端末としてご利用いただいております。

楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である楽天Koboスタジアムでは、試合の日に、ビールやサワーを売る売り子の方が決済端末として楽天Edyを使ってらっしゃいます。

その試合のある時だけ弊社のSIMを使うことにより大きくコストをセーブすることができるのです。

利用事例③今話題のベンチャーWAmazing

さらには訪日外国人向けのSIMを提供するWAmazing様にもご利用いただいています。

弊社のAPIを使って、お客様の通信の開始や休止などで、効率的に自動化の仕組みを作っていらっしゃいます。

(続)

続きは KDDIにも採用されたソラコムの技術力 を御覧ください。

ソラコム柿島 英和さんのプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/平畑 真智子

【編集部コメント】

野球の試合がある日だけサービスを利用することで料金をリーズナブルに抑えられるという事例に、なるほどそんなニーズがあったのかと思わされました。(立花)

他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。