【注目企業23社登壇!】スタートアップ・ダイジェスト(前半)に集う気鋭の11社をご紹介!(ICC FUKUOKA 2019) – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【注目企業23社登壇!】スタートアップ・ダイジェスト(前半)に集う気鋭の11社をご紹介!(ICC FUKUOKA 2019)

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

2019年2月19日・20日・21日に、「ともに学び、ともに産業を創る」Industry Co­-Creation™(ICC)サミット FUKUOKA 2019 を開催します。ICCサミットは毎回200名以上が登壇、総勢800名以上が参加し、参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンスです。

ICCサミット FUKUOKA 2019では、2月21日に気鋭のスタートアップ23社を一挙紹介する「スタートアップ・ダイジェスト」を開催します。今注目のスタートアップ企業各社が、7分間のプレゼンテーションを行います。

ICCサミット FUKUOKA 2019のゴールド・スポンサーとして、電通様に本セッションをサポート頂きます。

本記事では、スタートアップ・ダイジェスト(前半)に登壇する注目のスタートアップ11社を一挙にご紹介いたします!

▶スタートアップ・ダイジェスト(後半)に登壇する12社の紹介記事はこちらをご覧ください。


当日のライブ中継について

当日(2019年2月21日)は、以下のYouTubeリンクより「スタートアップ・ダイジェスト(前半)」のプレゼンテーションのライブ中継をご覧いただけます。

(予備チャンネル)

▶後半のプレゼンテーションが終了後、登壇者の相互評価によるベストプレゼンターを選定します。結果発表の模様もライブ中継にてお届けします(本ページ末尾参照)。

登壇者の顔ぶれ

otta【9時50分頃登壇予定】


山本 文和
株式会社otta
代表取締役社長

1977年 山口県生まれ。半導体ロボットエンジニアとしてキャリアを開始。その後、ソフトウェア会社へ転職し、業務システムのプログラマー・SE・法人営業、アプリ開発ディレクターを歴任し、組み込み機器からサーバー/クライアントサイドまで、IoTシステム構築に必要な多岐にわたる開発を経験。自分の子どもを守りたいという思いから、「地域のみんなで見守る街づくり」を目指し、日本初の地域参加型IoT見守りサービス“otta”を開発・運営する株式会社ottaを2014年に設立。2017年より大手電力会社へシステムをOEM提供し、「tepcotta(東京電力)」「OTTADE!(関西電力)」「Qottaby(九州電力)」の3つの見守りサービスを展開。

Seem(リクルートライフスタイル)【9時57分頃登壇予定】


入澤 諒
株式会社リクルートライフスタイル
新規事業開発担当

2008年、東京工業大学生命理工学部生命科学科卒業。2011年、同大学工学部建築学科卒業。二級建築士。大学卒業後、フィーチャーフォンやスマートフォン向けのコンテンツプロバイダーに入社。女性向けの体調管理サービスの企画・プロモーションのディレクションや遺伝子検査サービスの立ち上げを担当。一貫して、ヘルスケア領域でのサービス開発に携わる。2014年11月にリクルートライフスタイルに入社し、新規事業開発部門に配属。ヘルスケア領域での新規事業として、スマートフォンを使った精子セルフチェックサービス『Seem(シーム)』を立ち上げ、現在はSeem事業全体の戦略策定からUXの検討、プロダクト開発までを担当する。

シンクランド【10時04分頃登壇予定】


宮地 邦男
シンクランド株式会社
代表取締役

1986年金沢大学理学部化学科放射化学講座学士課程修了。同年住友セメント(現住友大阪セメント)株式会社入社(カラーセラミックスの射出成型による時計枠の開発等に携わる)。1988年住友製薬株式会社(現大日本住友製薬株式会社)出向(人工骨「ボーンセラムP」の整形外科及び脳外科への適応に伴う拡販のため)。1992年株式会社応用光電研究室(住友大阪セメント株式会社100%子会社)出向(光通信用パッシブデバイスの量産ライン構築及びその拡販を実施)。2001年株式会社アルネアラボラトリ創業、2004年同社取締役就任、2005年同社代表取締役専務就任(非接触3次元形状計測機「Eagle3D」等、主に計測機器の商品化及び販売を実施)。2014年シンクランド株式会社創業、同年同社代表取締役社長就任。現在は医療用及び美容用としてのホローマイクロニードルの実用化に着手。

かものはしプロジェクト【10時11分頃登壇予定】


村田 早耶香
特定非営利活動法人かものはしプロジェクト
共同代表

大学在学中の2001年、東南アジア訪問時に子どもが売られる問題の深刻さを知り、2002年20歳の時に仲間とかものはしプロジェクトを創業。10歳未満の子どもまでもが被害にあっていたカンボジアで、子どもが売られる問題を防止する為、職業訓練と雇用により家庭の収入を向上させる雑貨工房を運営。また加害者を取り締まる為の警察訓練支援も行う。現在はインドにも活動を広げている。2006年日経WOMAN主催「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006」リーダーシップ部門を史上最年少で受賞。2011年、社団法人日本看護協会とジョンソン・エンド・ジョンソン グループ日本法人各社主催、ヘルシー・ソサエティー賞を受賞し、皇太子殿下と謁見。2012年、全国日本商工会議所女性会連合会主催 第11回女性起業家大賞優秀賞受賞。

e-Education【10時18分頃登壇予定】


三輪 開人
特定非営利活動法人 e-Education
代表理事

1986年生まれ。早稲田大学在学中に友人と共にNPO、e-Educationの前身を設立。バングラデシュの貧しい高校生に映像教育を提供し、大学受験を支援した。1年目から合格者を輩出し「途上国版ドラゴン桜」と呼ばれる。大学卒業後はJICA(国際協力機構)で東南アジア・大洋州の教育案件を担当しながら、NGOの海外事業総括を担当。入職3年半後の2013年10月にJICAを退職してe-Educationの活動に専念。2014年7月に同団体の代表理事へ就任。これまでにアフリカや南米を含む途上国14カ国、20,000名以上の中高生に映像授業を届けてきた。2016年、アメリカの経済誌「Forbes」が選ぶアジアを牽引する若手リーダー「Forbes 30 under 30 in Asia」に選出。2018年、人間力大賞にて外務大臣奨励賞および参議院議長奨励賞を受賞。NHKドキュメンタリー番組『明日世界が終わるとしても』などメディア出演多数。

アイデミー【10時25分頃登壇予定】


石川 聡彦
株式会社アイデミー
代表取締役CEO

1992年生まれ。元歌舞伎役者(子役)。東京大学工学部卒。研究・実務でデータ解析に従事した経験を活かし、2017年より、人工知能エンジニアになるために必要な技術を学べるオンライン学習サービス「Aidemy」をリリース。「Aidemy」は正式公開後100日で会員登録ユーザー数1万人以上、100万回以上の演習回数を記録し、日本最大級の先端技術プログラミング学習サービスになる。2018年より、法人研修に特化したAI学習サービス「Aidemy Business」をリリースし、大手企業のIT部門や、IT企業(Web系企業やSIer)などで利用さる。さらに、早稲田大学リーディング理工学博士プログラムなどで、AIプログラミング実践授業の講師も担当。著書に『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』(KADOKAWA/2018年)。

Super Duper(スーパーデューパー)【10時32分頃登壇予定】


鈴木 知行
株式会社Super Duper
代表取締役

1999年 明治大学法学部法律学科卒。2002年 デジタルハリウッド e-producerコース修了。アラスカ、バンクーバー、ニューヨークでの生活を経て、「7&i グループ」のマーケティングに従事。その後は複数の外資系企業でマーケティング責任者をつとめる。2008年より「ロゼッタストーン」、2012年より「セレゴ・ジャパン」でテクノロジーを活用した教育サービスの日本展開に従事。個人、法人、教育機関に対してサービス拡大に貢献し「ロゼッタストーン」ではニューヨーク証券取引所への上場、「セレゴ・ジャパン」ではアプリ120万ダウンロード達成やYahoo! JAPANとの提携を実現。GoogleやAdobeが主催するグローバルイベントに登壇。 ad:tech tokyoでは複数のセッションでベストスピーカーに選出される。2015年にこれまでの経験を活かし、Travel、Food、Techをかけ合わせたソリューション開発会社Super Duperを起業。

オリジナルライフ【10時39分頃登壇予定】


榎本 純
オリジナルライフ株式会社
代表取締役CEO

三重県出身。東京大学行動文化類社会学科卒業。外資系広告代理店McCann-Ericksonでのメディアプランナーを経て、㈱リクルートにて、経営企画(R25、新規事業、ゼクシィなど)、フリーマガジン『R25』のオンライン化、ポンパレ事業立ち上げを歴任。NEWRINGグランプリ、TOPGUNアワード受賞、ソフトバンクアカデミア1期生。2015年4月オリジナルライフ株式会社を設立。2016年2月結婚準備のポータルアプリ「ウェディングニュース」リリース。インスタグラムフォロワー数でブライダル業界No1、アプリダウンロード10万突破。リピーターがいないため結婚式場が顧客満足のフォーカスできない根本課題に対処するため、卒花嫁が自らの経験をシェアすることで新規集客を実現する新しい結婚式場マッチングサービスをリリース。

よりそう【10時46分頃登壇予定】


山田 一慶
株式会社よりそう
取締役CFO

日本GE株式会社(FMP)を経て、ソフトバンクロボティクス株式会社(ソフトバンクモバイル株式会社)にて財務全般担当としてヒューマノイド型ロボット事業(Pepper)の立ち上げに参画。2015年、株式会社よりそう(旧:みんれび)に参画し、2016年同社取締役CFOに就任。The City University of New York/Baruch College卒業。

食べチョク(ビビッドガーデン)【10時53分頃登壇予定】


秋元 里奈
株式会社ビビッドガーデン
代表取締役社長

神奈川県相模原市の農家に生まれる。慶應義塾大学理工学部を卒業後、新卒でDeNAへ入社。WEBサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、ゲームアプリ『キン肉マン マッスルショット』の宣伝プロデューサーに就任。順風満帆にITサラリーマン生活を送っていたが、次第に家業である農業を盛り上げたいという想いが強くなり、DeNAを退職。「農業の抱える課題をIT技術を活用し解決する」をミッションに掲げ、2016年11月に株式会社ビビッドガーデンを創業。2017年8月にオーガニック農家のCtoCマーケットプレイス「食べチョク」、2018年11月に飲食店向けの仕入れサービス「食べチョクPro」をリリース。小規模の生産者でも簡単に消費者・飲食店と繋がれるプラットフォームとして、全国から200軒以上のオーガニック農家が参画。

Mellow【11時00分頃登壇予定】


森口 拓也
株式会社Mellow
代表取締役

1992年生まれ、埼玉県出身。2013年、早稲田大学在学中にALTR THINK(株)を創業。孫泰蔵氏が主宰するMOVIDA JAPANに採択され、出資を受ける。その後数度のピボットを経てチャットアプリの開発に集中。様々なデータ分析⼿法を駆使して100万⼈以上が使うチャットアプリを複数開発。2014年に同社を上場企業へ売却した後、企業のデータ分析基盤構築など多くのプロジェクトに携わる。その後、売却先企業の取締役であった柏谷、フードトラックのベテラン石澤と共に株式会社Mellowを創業。2018年11月より現職。個人の幸せと事業の成功を両立する組織づくりを推進している。

結果発表【13時30分頃】

「スタートアップ・ダイジェスト」では、「前半」「後半」に登壇した23名の相互評価によるベストプレゼンターをそれぞれ選出します。結果発表は後半のプレゼンテーション終了後、以下のYouTubeライブ配信にてお届けします。

(予備チャンネル)

(終)

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/上原 伊織/本田 隼輝/尾形 佳靖/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。