”インバウンドベンチャー”が隆盛 – 訪日外国人ニーズをワンストップで解決する「WAmazing」がCATAPULT優勝(ICCカンファレンス FUKUOKA 2017) – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

”インバウンドベンチャー”が隆盛 – 訪日外国人ニーズをワンストップで解決する「WAmazing」がCATAPULT優勝(ICCカンファレンス FUKUOKA 2017)

LINEで送る
Pocket

共に産業を創るトップリーダーのための日本最大級のイノベーション・カンファレンス「ICCカンファレンス FUKUOKA 2017」(2017年2月21日-23日開催)、1日目の朝に「CATAPULT(カタパルト)-スタートアップ・コンテスト-」Supported by IBM BlueHub が開催されました。

第一線で活躍する審査員が注視する中、スタートアップ企業10社が8分間の熱いプレゼンテーションを繰り広げました。審査員の投票の結果、WAmazing社が優勝いたしました!

ICC カンファレンス FUKUOKA 2017 Session1B スタートアップ・コンテスト「CATAPULT(カタパルト)」優勝は訪日外国人向けのワンストップサービスを提供する、WAmazing株式会社でした。

準優勝の2位は、農業を始める手助けとなる就農サービスLEAPを手掛けるseak株式会社でした。

第3位は、FinTechを活用したオンライン融資サービスを手がける株式会社クレジットエンジンでした。

第4位は、日本初の地域参加型見守りサービス「otta」でした。

当日の動画もぜひご覧ください。各社のプレゼンテーション動画も公開しました。

 

登壇サービス一覧

オンラインで完結する事業者向けの融資サービス「LENDY

株式会社クレジットエンジンが手掛けるLENDYは、中小企業や個人事業主の方々が、各種申請書類を自ら作成することなく、事業資金必要時にスピーディーに借入れができるオンライン融資サービス。LENDYは、パソコンやスマートフォン問わずウェブ上で必要な情報を入力するだけで、借入可能額を確認することが出来る。中小企業の新たな資金調達選択肢となることを目指している。

スマホで操作できるIoT乾電池「Mabeee

>

MaBeee(マビー)は、乾電池で動く製品をスマートフォン上でコントロール・操作できるようになる乾電池型IoT製品。スマホを振る、傾ける、声をかける強弱など6つのモードで動作している。電車のおもちゃを速く走らせたり、ぬいぐるみや工作ロボットを動かしたり、タイマー機能で歯ブラシの時間を知らせてくれたりすることができます。対応アプリは最大10台のMaBeeeと同時に繋がることができる。

訪日外国人のニーズをワンストップで解決するSIMカード連動型アプリ「WAmazing

WAmazingは、訪日外国人のニーズをワンストップで解決するSIMカード連動型アプリ。現在は、SIMカード管理、アクティビティ予約、交通手配のサービスに対応している。アプリと連動する、無料でインターネット通信環境が使えるSIMカードは成田空港で受け取ることができ、500MB、5日間まで無料でデータ通信することができる。各地の魅力や観光資源をアプリを通して伝え、日本全国において観光体験提供と同時に、外国人旅行者消費による経済波及効果を最大化していくことを目指している。

世界中の人たちを友達にするガイドマッチングサービス「TOMODACHI GUIDE

国際交流の機会のない日本人とガイドされたい訪日外国人旅行者をマッチングするプラットフォームサービス。「友達を作ることから始まる旅行体験」を目指し、トラベルパックではありえない「新しい体験」を提供している。特徴はペアでガイドするということ。初心者でも安心して案内でき、ガイド当日の案内やコミュニケーションもスムーズに。現在、東京・鎌倉・京都・別府・札幌へ展開中。アクティブガイドは400人に。

農業を始める手助けとなる就農サービス「「LEAP

これまで農業を始めるには、準備・農地・施設/機材・栽培・販売の5つのステップが必要だった。それぞれのステップで課題が存在する中でLEAPは、全てのステップにおいて問題を解決するサービス。希望者向けに農地を含む必要最低限の施設の企画を提供し、野菜のストレスに主眼を置いた、Probiosisという栽培手法を指導し、良い単価で売れる50店舗の販路をサービス内で提供している。全てのステップで一貫した価値を提供することにより、農業を始めたい就農希望者を増やしていくことを目指す。

日本と米国をつなぐ、ものづくりのアクセラレータ「FabFoundry

FabFoundaryは、ハードウェア開発にあたり、クラウドファンディングで資金調達を達成してもハードを届けることが困難な米国のスタートアップと日本のものづくり業者をつなげるプラットフォームを提供。クラウドファンディング上で目標金額を達成するも、完成品をお届け出来ないサービスもあり、中には完成イメージと試作品に差異があることもある。FabFoundaryは、このような問題を解決するものづくりアクセラレータを提供している。品質、コスト、納期の管理を一貫して担い、日本と米国のコラボレーションを通して、日本と世界のものづくりのハブとなることを目指すサービス。

食材の定期宅配サービス「TastyTable

Tasty Tableは、最高の食の体験を提供する定期食材宅配サービス。これまでは商品が余ってしまったり、プロが作るような料理が作れなくどうしても悩んでしまうという問題があった中、Tasty Tableは1食6000円、2人分の2種類のメニューに対応する食材・材料とレシピを週末に提供する。誰でも簡単にプロと同じ料理が作れる世界を目指しサービスを展開。作る、食べる、そしてシェアする体験を提供している。

訪日観光客向け飲食予約サービス「日本美食

訪日外国人向けグルメアプリを提供する日本美食。日本美食は3つの機能を持ち、ユーザーはメディアを通して日本の飲食店情報を収集し、予約&注文機能を通して店の予約や提供料理を注文、決済機能を通してQRコード読み込みによる世界通貨による決済を可能にする。予約&注文機能では「Pre Pay」機能を追加し、飲食店側にもお客様が来店するかしないかをわかる安心を提供している。

三日坊主防止アプリ「みんチャレ

みんチャレは、自己実現をしたいがどうしても実現できず困っている人の助けとなる三日坊主防止アプリ。ユーザーは5人でグループを作成し、お互いの目標達成の近況を報告し合う形式となっている。独自の調査方法によりフィードバックをしあうには5人が最適であると結果を出したことから、形成するグループは5人となっている。利用者の64%が女性、チャレンジするカテゴリーは50種展開しており、現在はヘルスケアカテゴリーが多く動いている状況である。Life Time Valueを高めることをミッションとしている。

日本初の地域参加型見守りサービス「otta

ottaは、「みんなで、みまもる。新しいカタチの安心の絆を。」をテーマに、見守りに必要となるスマート防犯端末と連動するアプリを提供している。端末は小型であり、バッグなどに装着することによりさまざまなポイントで行動を記録することができる。アプリでは、端末を装着した人が現在どこにいるのかを確認することができる。これまで箕面市で基地局や検知ポイントを設置してきた。


 

表彰式

(終)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆


【編集部コメント】

最後までお読みいただきありがとうございます!2月23日にはCATAPULTを拡大した注目ベンチャーの祭典「カタパルト・グランプリ」を生中継いたします。ぜひ、ICCのFacebookページから中継のリマインダを設定し、ご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

LINEで送る
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。