なぜ日本のハードウェア・スタートアップは元気がないのか?(Cerevo岩佐)【F17C-CRV #1】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

なぜ日本のハードウェア・スタートアップは元気がないのか?(Cerevo岩佐)【F17C-CRV #1】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

Cerevo岩佐琢磨さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その1)では、日本のハードウェアスタートアップに対して、岩佐さんから痛烈な提言を頂きました。勇気づけられる内容です。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひご覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト(CATAPULT)」のオフィシャル・サポーターです。

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」「カタパルト・グランプリ」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
CATAPULT GRANDPRIX (カタパルト・グランプリ)
Supported by IBM BlueHub

岩佐 琢磨
株式会社Cerevo
代表取締役

1978年生まれ、立命館大学大学院理工学研究科修了。2003年からパナソニックにてネット接続型家電の商品企画に従事。2008年より、ネットワーク接続型家電の開発・販売を行なう株式会社Cerevo(セレボ)を立ち上げ、代表取締役に就任。世界初となるインターネットライブ配信機能付きデジタルカメラ『CEREVO CAM live!』や、PCレスのライブ配信機器『LiveShell』シリーズなどを開発し世界50カ国以上で販売。2016年にはフル可動式ドミネーターを発売するなどその業務範囲を広げている。

革新的なIoTプロダクトを生み出し続ける「Cerevo」の配信済み記事一覧

岩佐 琢磨(以下、岩佐) 株式会社Cerevo 代表取締役の岩佐と申します。よろしくお願いします。

今日は、我々株式会社Cerevoという会社が何をやっているのかをご紹介をするのがメインなのですが、ちょっと最初にこの話をしたいなと思います。

先ほどユカイ工学 青木さんのプレゼンテーションもありましたし、JINS MEMEの井上さんもいらっしゃいましたが、毎回メンバーは同じです。

どこのイベントに行っても、あともう2、3社ぐらいしかIoTのスタートアップで出てくる面子がいないのです。

これはどうしてなのでしょうか?

今日はここの問題提起を本当はしたかったのですが、それをやっていると時間がなくなってしまうので、ちょっと面白い話をしたいなと思います。

私はブログで、「大手メディアが書かない、CES2017の実態」というのを書いて、多くの方に読んでいただいたのですが、もしご興味があれば見ていただければと思います。

世界で、IoTスタートアップが今どのような状況になっていて、世界最大のCESというIoTの家電のショーの中で、一体、今フランスがどれだけ伸びていて、中国がどういう伸び方をしていているのか?

そして「日本は非常に残念な状況にいる」ということを書きました。

ぜひ「大手メディアが書かない、CES2017の実態」をご覧いただければ。

売切り型のハードウェア・ビジネスが持つ可能性

また、投資家の方と話をすると、「ハードウェア・ビジネスは売切りだから、リカーニング・モデル(継続的に収入を得る仕組み)じゃないと」というような話になって、なかなか前に進みません。

(投資家の)皆さんはリカーニング・モデルに細かく(投資を)振ってみたものの跳ねませんねという話になって、投資が付きません。

当然、起業家も出てきません。

では、(アクションカメラ大手の)GoProや(フィットネスデバイス大手の)Fitbitはリカーリング・モデルで何か素晴らしいことをやったりしているのか?というと実はそんなことはありません。

現在 時価総額は下がってはいますが一時期 時価総額1兆円を超えた会社は、コンシューマー向けの、しかも非常にシンプルな物の売切りのモデルでした。

(ドローン開発大手の)DJIも実はリカーニング・モデルではなくて、ほぼ売切りのモデルですが、最後の調達のバリュエーション(企業価値)は1.2兆円前後だと言われています。

何を言いたいかというと、所有から共有へなどと評論家もおっしゃいますし、ビジネスモデルが変わってきている、世の中が変わってきていると言うのですが、まだまだ売切り型のハードウェアのビジネスというのは十分にポテンシャルがあって面白いということです。

少なくとも、この3社の時価総額はそれを物語っているのではないかなと思います。

「IoT」という言葉がない頃からあるIoTスタートアップ

言いたいことを言ったので、これでプレゼンを終わりにしたいぐらいなのですが、我々の株式会社Cerevoという会社の紹介をここからざっとしていきたいと思います。

まず、我々はIoT( = Internet of Things)スタートアップです。

当時、「IoT」という言葉がなかったので「ネット家電」と言っていましたが、IoTスタートアップを2008年からやっています。

今、9期目の会社です。最初は僕らも相当苦労しました。

「Hardware is hard」(ハードウェアのビジネスは難しい)とよく言われますが、最初に、世界で初めてインターネットに映像をライブで流せるコンパクトデジタルカメラ「CEREVO CAM」というのを2009年に出したのですが、非常に苦しかったです。

これからやる人は皆さん、苦労しますから覚悟しておいてください(笑)。

白い筐体(機器類を入れる箱)にしてみたら、ドットがある。白い筐体は絶対に最初はやめた方がいいです。

(会場 笑)

筐体を組んでみたら隙間がある。

相当苦労しまして、ここでいろいろ学びました。

汚いと言ったら怒られますが、下の写真のような中国の工場とどうやって協力して、お互いを励まし合って、Co-Creationしていくのかというところにかなりフォーカスをしました。

今は、アジアの工場を全部ダイレクトにコントロールしています。

これは我々の製品を作っているラインでございます。

Cerevoはハードウェアの売切りモデルなのですが、かなりユニークなビジネスモデルを取っています。

ざざっとご紹介していきたいなと思います。

(続)

Cerevo岩佐琢磨さんのプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

続きは IoTベンチャー”Cerevo”のグローバルニッチ戦略 – 競合がいないモノづくり をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/村木 よしこ

【編集部コメント】

売切り型のハードウェアのビジネスに十分にポテンシャルがあるとのお話が面白かったです。流行りのビジネスモデルを押さえることは大事ですが、そのビジネスモデルに発想を縛られるのは問題ですね。(横井)

続編もご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。