パンで美味しく地方創生!こだわりベーカリーの“焼き立ての味”を独自冷凍技術でオフィスに届ける「パンフォーユー」(ICC FUKUOKA 2019)【文字起こし版】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

パンで美味しく地方創生!こだわりベーカリーの“焼き立ての味”を独自冷凍技術でオフィスに届ける「パンフォーユー」(ICC FUKUOKA 2019)【文字起こし版】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット FUKUOKA 2019 スタートアップ・カタパルト登壇いただいた、パンフォーユー 矢野健太さんのプレゼンテーション【パンで美味しく地方創生!こだわりベーカリーの“焼き立ての味”を独自冷凍技術でオフィスに届ける「パンフォーユー」】の文字起こし記事をぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット KYOTO 2019は2019年9月2日〜5日 京都での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット FUKUOKA 2019 プレミアム・スポンサーのラクスル様、プラチナ・スポンサーのIBM BlueHub様にサポート頂きました。


2019年2月19日〜21日開催
ICCサミット FUKUOKA 2019
Session 1B
STARTUP CATAPULT
スタートアップの登竜門
Supported by ラクスル & IBM BlueHub

(プレゼンター)
矢野 健太
株式会社パンフォーユー
代表取締役
公式HPLinkedinページ

平成元年、浅草生まれ群馬育ち。京都大学経済学部卒業後、新卒で電通入社。中部支社にて交通・屋外媒体のメディアバイイングと企画立案を担当し、200社以上のクライアントならびに100種以上の広告媒体の展開に携わる。その後、教育系ベンチャーにて出版社との共同事業で広告商品の企画設計などに従事し、地域系NPOにて事務局長としてコワーキングスペース事業、ギフトカタログ事業など複数事業の立ち上げを経験。2017年1月に冷凍パンメーカーとの合弁会社パンフォーユーを設立し代表取締役に就任。2019年5月に同社にて経営陣によるMBOを実施し、複数のパン屋と提携し地域のこだわりパンを冷凍で配送する事業モデルに変更。現在はオフィスワーカー向け「パンフォーユー・オフィス」に注力する。

「ICC FUKUOKA 2019 スタートアップ・カタパルト」の配信済み記事一覧


矢野 健太氏 こんにちは、株式会社パンフォーユーの矢野です。

皆さん、パン食べてますか?

忙しさにかまけて、コンビニのパンばかり食べていませんか?

デパートの地下で買うようなちょっといいパンを食べようとすると、300円以上してしまいますよね。

忙しくて買いに行く暇はないけれど、美味しいパンが食べたい。

本日はそんな方のための新しいパンサービスをご紹介します。

ベーカリーのパンを美味しさそのままにオフィスへお届け

パンフォーユーは、地方ベーカリーのパンを独自の方法で冷凍し、オフィスで200円で販売するサービスです。

フランスパンのようなハード系からカレーパンなどの総菜パン、低糖質などの健康パンまで幅広いパンをご用意しています。

パンフォーユーの顧客ターゲットは東京のオフィスワーカーなので、関東を中心にパン屋を獲得しています。

有名レストランで修業した職人が手がけるベーカリーから、経営者が高齢のために閉店してしまった名店などのこだわりのパン屋と提携しています。

独自の冷凍技術でベーカリーとオフィスをつなぐ

パンは、普通に冷凍すると美味しくありません。

当社が独自で考案した特許申請中の冷凍方法なら、冷凍しても美味しさそのままにお召し上がりいただけます。

実際にオフィスでお召し上がりいただいている様子をご覧ください。

次に、パンフォーユーのビジネスモデルについてご説明します。

地方のベーカリーは人口減少などの理由により、人気店でも製造に空きがあります。

パンフォーユーはそんなベーカリーとパン好きをつなぐプラットフォームです。

なぜ今、「冷凍パン」なのか?

パンフォーユーをご利用いただくと、パンは冷凍された状態でオフィスの冷凍庫に届きます。

冷凍パンって美味しいの? と疑問に思っている方も多いと思います。

名前は出せませんが、有名ホテルやレストランで出されているパンの多くは冷凍で、結婚式などに出てくる美味しいパンは、実は冷凍の可能性が高いです。

では、冷凍パンの市場規模はどうなっているのでしょうか?

飲食店などの業務用を中心に、このように、市場が拡大しています。

パンマーケット全体も伸びており、冷凍パンだけで2,000億円、パン全体で3兆円近い市場規模となります。

次に、その市場構造を見てみます。

大手冷凍パンメーカーが製造するのは、いずれも飲食店向けの業務用パンです。

飲食店のエンドユーザーは毎日固定化されず流動的なため、飲食店向けにはパンの品数を多くする必要がありません。

そのため、現在市場に流通している冷凍パンは、画一的なライナップにとどまっています。

多品種高品質なパンを求める消費者ニーズに応える

一方、私たちは地域のパン屋さんと共に、多品種を求める消費者の方々にパンをお届けします。

毎年盛況なパンフェス、プレミアム食パンブームと、空前のパンブームが到来しています。

その理由は、多様なニーズを求める消費者に、大手パンメーカーが対応しきれていないという点にあると考えており、そこにチャンスがあります。

オフィスワーカーをはじめ、そうした画一的ではない新しいパンとの出会いを求めるユーザーのために、パンフォーユーがあります。

冷凍なので、朝食から夕食まで全食事シーンにご利用いただけるのも特長です。

ローンチから半年で導入オフィス40拠点以上を達成

次に、トラクションです。

2018年9月の正式ローンチから半年で40拠点以上のオフィスで導入されています。

オフィスでのパン累積販売数も6万個に達する見込みです。

ベーカリーとの提携も、関東のみならず北海道や沖縄の人気店からもお問合せいただくようになりました。

このように、IT企業から会計事務所、地方の企業にも導入いただいています。

導入企業の方々からは、「美味しい」「手軽」「メニューが面白い」「お菓子よりも健康的」といった声をいただいております。

なかには、社内SNSで専用スレッドが立ち上がり、日々のパンに関する感想で盛り上がる企業もあるほどです。

地域の美味しいパンを食べて、地方創生に貢献!

地方のベーカリーの数は年々減少傾向にあります。

パンフォーユーとの提携なら、冷凍販売による、ローカル商品にとどまらない販路開拓ができます。

早朝からの製造、立ちっぱなしの販売も不要となるので、パン職人も無理せず製造可能となります。

親しみのあるベーカリーが地元からなくなっていくのはさみしいですよね。

実際のパン職人の方の声をご紹介します。

パンフォーユーは、専門性のあるコアメンバー5人で事業を進めております。

私は群馬県出身です。

大学進学・就職をきっかけに、魅力的な人ほど都会出身で、親御さんが仕事を頑張っている方が多いということに気づき、すごく悔しい思いをしました。

そのような経験から、地方で魅力的な仕事を創りたいと思い、電通を退職し地域NPOを経てパンフォーユーを創業しました。

美味しいパンを食べて、一緒に地方創生に貢献しませんか?

ご清聴ありがとうございました。

(終)

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/三木 茉莉子/尾形 佳靖/戸田 秀成/小林 弘美

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。