たった1行のJavaScriptで、あなたのECサイトが"越境EC"に「WorldShoppingBIZ」(ICC FUKUOKA 2020)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

たった1行のJavaScriptで、あなたのECサイトが“越境EC”に「WorldShoppingBIZ」(ICC FUKUOKA 2020)【文字起こし版】

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット FUKUOKA 2020 スタートアップ・カタパルトに登壇し、3位入賞に輝いた ジグザグ 仲里 一義さんのプレゼンテーション動画【たった1行のJavaScriptで、あなたのECサイトが“越境EC”に「WorldShoppingBIZ」】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回250名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット KYOTO 2020は、2020年8月31日〜9月3日 京都市での開催を予定しております。参加登録などは公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット FUKUOKA 2020 プレミアム・スポンサーのラクスル様、プラチナ・スポンサーの日本アイ・ビー・エム様にサポート頂きました。


【登壇者情報】
2020年2月18〜20日開催
ICCサミット FUKUOKA 2020
Session 1B
STARTUP CATAPULT スタートアップの登竜門
Supported by ラクスル & 日本アイ・ビー・エム

(プレゼンター)
仲里 一義
株式会社ジグザグ
代表取締役
公式HP | STARTUP DB

1974年生まれ。1997年オックス・プランニング(現クラウドポイント)に入社、空間グラフィック、OOH事業に従事。2004年オプトに入社、インターネット広告、Webマーケ、新規事業本部の統括を歴任。2010年外資企業の日本法人groowbits社の設立に参画、代表取締役に就任。国際物流を軸に越境EC支援サービスを立ち上げ、日米韓独にてサービスを展開。2015年ジグザグを起業し代表取締役に就任。現在に至る。Javascript1行で125ヵ国への越境EC対応が可能になる「WorldShoppingBIZ」を中心とした越境EC支援事業を手掛ける。10年以上にわたるウェブサービスや越境ECビジネスの事業経験を元に、メディア取材やセミナー登壇にも応じている。

「ICC FUKUOKA 2020 スタートアップ・カタパルト」の配信済み記事一覧


仲里 一義さん ジグザグの仲里です、よろしくお願いします。

たった1行のJavaScriptで「世界中の欲しい」に応える、WorldShoppingBIZについてご説明します。

2020年はオリンピックイヤーですが、日本のECサイトは「世界中の欲しい」に応えられているでしょうか。

今日はこの3つについてお話をします。

日本のECサイトはWebのインバウンドを「おもてなし」できているか?

普段みなさんが利用しているECサイト。

実は、海外アクセスが2〜8%存在しています。

いわゆる「Webのインバウンド」です。

一方で、日本のECサイトではフォーム入力の言語を選べず「かな入力」、海外対応できていないという現状があります。

そんな売り手と買い手双方の課題を、WorldShoppingBIZがたった1行のタグで解決します。

「WorldShoppingBIZ」で“越境EC”を実現した事例

ある釣具屋で起きている「Webインバウンド」イノベーションをご紹介します。

東京大田区大森駅の近くに、とある釣具屋さんがあります

このECサイトでは、なんとクレジットカードが使えません。

多言語対応も海外配送もありません。

そこで、弊社のタグを1行設置してみると、世界36カ国から続々とオーダーが入るようになりました。

ロシアが38.5%、次いでアメリカが13.2%。

フランス、シンガポール、イスラエルからもオーダーが入りました。

たった1行のタグを入れるだけで、海外にいる釣りファンの「欲しい」に応えることができたのです。

他にも、香港、台湾、中国のユーザーが300万円のサプリを購入したり、

「日本から全自動麻雀卓が買えるぞ!」と、麻雀卓がアメリカで話題になったりしています。

子どもに「サンタクロースに『おばけのQ太郎』を頼んだんだ」と言われて困った親からオーダーが入り、ニューヨークにマンガ全巻セットを発送しました。

「欧米のブラジャーはサイズが大きい!」と悩む、アメリカやヨーロッパ在住の中国人の顧客には、日本の女性下着がものすごく売れてます。

購買単価は国内の2倍以上です。

また、真夏35℃の東京から、南半球の国々に冬物が売れています。

海外ユーザーの代わりに商品購入、検品・梱包して海外へ発送

一体何が起きているのでしょうか。

海外ユーザーが日本のサイトにアクセスすると、「このサイトは海外対応しています」というWorldShoppingBIZの案内が表示されます。

商品ページにアクセスした後、海外ユーザー専用のカートに商品を入れ、住所を入力します。

アリペイ、PayPal、銀聯カードなどで決済することが可能です。

海外ユーザーとECサイトの間にWorldShoppingBIZが入り、カスタマーサポートから、商品の購入代行、海外配送までの全てに対応します。

タグを設置するだけでOK!早い・簡単・安いが強み

次に、ビジネスモデルと強みについてお話します。

ポイントは3つあり、1つ目は「早い」ことです。

たった1行のタグを設置できればOKです。

日本のECサイトのほとんどのカートに対応可能です。

2つ目のポイントは「簡単」であることです。

多言語カスタマーサポート、海外注文受付、不正決済防止、海外配送まで、全て弊社が対応します。

特別なことは一切不要です。

3つ目のポイントは「安い」ことです。

かかるのは、初期費用30,000円と、月額費用5,000円のみです。

売上手数料や海外送料もかかりません。

早くて、簡単で、安い、つまりノーリスクなのです。

導入ショップ数は400サイトを突破、出荷実績は90カ国に

このようなビジネスモデルと強みから、導入ショップ数は400サイトを突破しました。

中小規模から大手まで、全てのECサイトがターゲットとなり、導入ショップは増え続けています。

ショップが増えればユーザーリーチも増えますので、必然的にオーダーが入ってきます。

ショップ毎の売上が積み上がり、毎月のトランザクションが増加しています。

現在では世界90カ国のユーザーから届くオーダーに対して、商品の海外配送を行っています。

国内ECサイト、海外ユーザーの双方からマネタイズ

マネタイズについてご説明します。

まず、各ショップからWorldShoppingBIZの利用料(初期費用30,000円+月額5,000円)をいただきます。

海外ユーザーからは、購入代行費用と海外送料をいただいています。

また、海外売上になるため、国内消費税分の10%が戻ってきます。

最終的な利益率は、23%から25%に達します。

“おっさんベンチャー”ジグザグの4つの強み

ジグザグの強みは、次の4つです。

海外ユーザーは、どこにいても同じように商品を購入することが可能になります。

異なるショップで購入した商品も、我々が一つにまとめて配送します。

そして弊社には、海外ユーザーの購買データや世界中のユーザーの声が蓄積されていきます。

我々は世界中の「欲しい」に応えるために、次のスライドのようなダッシュボードを作り、どこの国で何が売れているのかを可視化し、EC事業者へ提供を始めます。

また、ユーザーに対しては「あなたが欲しい商品」をリコメンデーション機能でお知らせします。

タグ1行で越境ECを可能にするこの技術は、特許を2件取得しています。

そして、やはり一番大切なのは「人」です。

「ぬくもり」のあるオペレーションで、日本版Zappos.com(ザッポス・ドットコム)を目指しています。

ト二―・シェイ『顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか』(ダイヤモンド社)

そして、経験豊富な我々「おっさんベンチャー」が世界中の「欲しい」に応えていきます。

世界中の「欲しい」に応え、「想い」も届ける

最後に、我々が実現したい未来をご紹介します。

ECには「国境」が存在しています。

今の日本は世界中の「欲しい」に応えられていません。

言語・決済・物流の壁は、テクノロジーでもっとフラットにできる。

ECのイノベーションは、クロスボーダー領域でもっと進むべき。

私たちはデータテクノロジー、特許に独自のノウハウも加え、海外ショッピングの在り方を変えていきます。

もっと自由に、簡単に、国境を越えて「欲しい人」が「欲しいモノ」を買える、「売りたい人」が「売りたいモノ」を売れる。

私たちは、“世界中の「欲しい」に応える、世界中に「想い」も届ける”サービスで、「世界中」の「ワクワクを当たり前に」していきます。

ありがとうございました。

(終)

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/尾形 佳靖/フローゼ 祥子/道下 千帆/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。