【開催情報】ICCサミット KYOTO 2022 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【開催情報】ICCサミット KYOTO 2022

Pocket

【ともに学び、ともに産業を創る。】

こんにちは。ICCパートナーズ 代表の小林 雅です。

Industry Co-Creation ® (ICC) サミットは、「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回300名以上が登壇し、総勢900名以上が参加し、参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンスです。次回は2022年9月5日〜9月8日 京都において「Industry Co-Creation (ICC) サミット KYOTO 2022」を開催します。

2022年2月14日〜2月17日の4日間に渡って開催したICCサミット FUKUOKA 2022には 約1,000名の参加者が参加し、無事開催することができました。新型コロナウイルスの変異種「オミクロン株」の感染急拡大の中においても感染予防対策を行いながら1,000人規模の4日間のビジネス・カンファレンスは開催できるのか? という大きなチャレンジがありましたが、ICCサミット FUKUOKA 2022の全体の評価は回答者(568名)の82.9%が「最高だった」と回答となりました。

ICCサミットに登壇・参加する方の多くはリスクテイクして起業した事業家・チャレンジャーの方々です。前回 1,000名近くの参加者が一堂に集まったのは紛れもなくリアルの出会い・学びの価値があるからです。そして主催者としてリスクテイクしてチャレンジしたからではないでしょうか。ICCサミット KYOTO 2022に関してリアル・イベントの価値を最大限に感じていただくためにカンファレンス会場で行うセッションだけでなく、美食体験などの特別体験プログラムを多数用意する予定です。ぜひご期待ください。

ICCサミット KYOTO 2022 参加登録フォーム

ICCサミット KYOTO 2022の参加登録をスタートしました。以下の登録フォームから申し込みをお願いいたします。

ICCサミット KYOTO 2022 参加登録フォーム

  • 参加費は段階的にアップする仕組みとなっております。残席30名程度となり、6月19日から料金改定を実施しております。
  • スポンサー枠は完売(44社)となっております。
  • ぜひICCサミット参加者のドキュメンタリー動画をご覧ください。

    ICCサミット KYOTO 2022 開催概要

    ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る」をコンセプトとするカンファレンスです。学ぶことに対して真剣であり、ともに学び合い・産業を創っていくCo-Creationのマインドを持った方のみにご参加頂きたいと考えております。

    • 参加費などはICCサミット KYOTO 2022 参加システム(参加費やスポンサー資料)をご覧ください。
    • 前回のICCサミット FUKUOKA 2022のセッションの評価などは  【評価レポート】ICCサミット FUKUOKA 2022 セッション評価など をご覧ください。ICCサミットのイメージがわかります。
    • ICC KYOTO 2022はプログラムのメジャーアップデートを実施する予定です。主な変更点は以下の通りです。
      • 6会場同時進行のセッションは7会場同時進行のセッションとなります。
      • 夜に実施しているテーマ別ディスカッション企画「Co-Creartion Night」を拡充する予定です。
      • 夜に実施している「ウェルカム・ディナー」「ラップアップ・ディナー(ネットワーキング・パーティ)」などは評価スコアが低く、当日のドタキャン率も10-20%と高いため全面的に廃止となりました。ランチの弁当の無料配布は廃止し、1日400食など数量を限定したチャリティ販売となります。そのためランチやディナーは自己手配となります。
      • 廃止したディナーなどのレストランを利用し、招待制のオープニング・ディナーやカタパルトなどのキックオフ・ディナーを実施する予定です。

     

    以下、開催概要です。

    【正式名称】Industry Co-Creation (ICC)  サミット KYOTO 2022

    【略称】ICC KYOTO 2022

    【主催】ICCパートナーズ株式会社

    【製作総指揮 】小林 雅 (ICCパートナーズ株式会社 代表取締役)

    【日程/会場】2022年9月5日〜9月8日 ウェスティン都ホテル京都(メイン会場) など

    • 9月5日(月)   オープニング・ディナー(招待制)、キックオフ・ディナー(招待制)など
    • 9月6日(火)  カンファレンス1日目
    • 9月7日(水)  カンファレンス2日目
    • 9月8日(木)  カンファレンス3日目

    【参加人数(予定)】1,000〜1,200名

    【ICC KYOTO 2022の資料】

    【過去の資料】

    プログラムの完成イメージなどは過去の開催資料をご覧ください。

    <ICCサミット FUKUOKA 2022 プログラム概要>

    <ICCサミット KYOTO 2021 プログラム概要>

      <ICCサミット FUKUOKA 2022 開催レポート>

      <ICCサミット KYOTO 2021 開催レポート>

      <ICCサミット FUKUOKA 2021 開催レポート>

      <ICCサミット KYOTO 2020 開催レポート>

        【スポンサーシップ・プログラム】

        前回のICCサミット FUKUOKA 2022のスポンサー企業一覧

        【オフィシャル・パートナー】

        前回のICCサミット FUKUOKA 2022のオフィシャル・パートナー企業一覧

        【運営チーム募集】

        ICCサミットの特徴

        以下、ICCサミットの詳細の説明となっております。

        • 第一線で活躍するトップリーダー(経営者・経営幹部・プロフェッショナル)が300名以上登壇し、3日間で業界動向やマネジメントに関する質の高い意見交換をする場です。約1,000名の参加者の多くの参加者は東京から参加し、オフサイト合宿のような密度の濃い濃厚な時間を共に過ごします。
        • ICCサミットの特徴はセッションの「真剣さ」と「プログラムの多様性」です。最大7会場同時開催されるセッションは「どのセッションも魅力的で選択に最後まで迷う」などが多くの参加者の声です。また、カンファレンス会場の外での特別体験プログラムを多数実施しました。結果としてICCサミット FUKUOKA 2022の全体の評価は回答者(568名)の82.9%が「最高だった」と回答となりました。
        • 各セッションごとの評価などは【評価レポート】ICCサミット FUKUOKA 2022 セッション評価など  に詳細をまとめております。

        Co-Creationを生み出す仕組み「カタパルト」

        • ICCサミットではベンチャー企業や大手企業の新規事業の責任者が7分間でプレゼンテーションする「カタパルト」に力をいれています。数多くの注目ベンチャー企業や新規事業がプレゼンテーションを行い、協業や資金調達など数多くのCo-Creationが生まれています。

         





            Co-Creationを生み出す体験型プログラム「アワード・プログラム」

            • ICCサミットでは7分間のプレゼンテーション企画「カタパルト」だけでは素晴らしいサービスやテクノロジーの魅力を伝えることはできないと考え、サービスやテクノロジーを展示・体験する新しいプログラムをスタートしました。審査員やオーディエンスによる投票を行うため「アワード・プログラム」と名付けました。

            ボランティア・スタッフによる士気の高い運営

            • ICCサミットはボランティアスタッフを中心に運営されています。大学生から若手社会人を中心に士気の高い運営です。トップリーダーと直接接することは成長機会となっています。
            • どのように運営されているのか?をスタッフドキュメンタリー動画にまとめております。是非ご覧いただだければ。詳細はボランティアスタッフ募集ページをぜひご覧ください。



            Pocket