予測AI×生成AIで、制約を超えた全く新しい画像を作り出す「データグリッド」(ICC KYOTO 2020)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

予測AI×生成AIで、制約を超えた全く新しい画像を作り出す「データグリッド」(ICC KYOTO 2020)【文字起こし版】

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICCサミット KYOTO 2020 カタパルト・グランプリに登壇いただいた、データグリッド 岡田 侑貴さんのプレゼンテーション動画【予測AI×生成AIで、制約を超えた全く新しい画像を作り出す「データグリッド」】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2021は、2021年2月15日〜2月18日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット KYOTO 2020 プラチナ・スポンサーのAGSコンサルティング にサポート頂きました。

【速報】“はじまりは「愛」”──ゴミをアートに変え、世界の貧困を解決する異色のアーティスト「MAGO」がカタパルトGP優勝!!(ICC KYOTO 2020)


【登壇者情報】
2020年9月1〜3日開催
ICCサミット KYOTO 2020
Session 6A
CATAPULT GRAND PRIX
強者が勢揃い
Sponsored by AGSコンサルティング

岡田 侑貴
株式会社データグリッド
代表取締役

京都大学にて機械学習分野を専攻し、京都のAIベンチャーにて金融分野のデータ解析業務に従事。その後、AIの研究領域において急速な発展を遂げていたGAN(Generative Adversarial Network、敵対的生成ネットワーク)に注目し、GANの技術開発及び社会実装を行うべくCTO小川とともに当社を設立。また、当社のAI技術を応用したDappゲームを開発・運用することを目的として、ICOVO AG社などと共同出資により設立した株式会社ジーンアイドル取締役副社長を兼任している。


岡田 侑貴さん データグリッドの岡田です。

早速ですが、皆さんはこの人たちをご存知でしょうか?

こちらの人物は私たちのAIが生成した、実在しないデジタルヒューマンです。

私たちはそれを、デジタルモデルやAIエージェントなどのアバターとしての活用を進めています。IoTが浸透した未来の世界において機会をより身近な存在にするインターフェースとして、デジタルヒューマンを開発しています。

このような取り組みをしている私たちですが、本日は私たちが思い描く未来とその実現に向けた新しい取り組みをご紹介します。

未来のAIの姿とは?

未来のAIの姿とは、どのようなものでしょうか。

私たちは、未来のAIは、一種の自然と化していくと考えています。

つまり、現実世界と仮想世界のあらゆるものに自然な形でAIがインストールされ、人は意識せずともAIの恩恵を受けることができます。

その結果として、より創造的な活動に人間が注力できる世界を見据えています。

私たちは、現実世界と仮想世界のあらゆるものが自然な形で知能化していく環境を“Intelligent Nature”と呼び、この世界の実現をミッションとしています。

予測AIと生成AIを融合させた新しいテクノロジーANY/AI

では、私たちのテクノロジーをご紹介します。

これまでのAIには、例えば株価予測といった「予測系」のAIや、アートの生成などの新しいデータを作る「生成系」のAIがありました。

この2つのAIを融合させた新しいテクノロジービジョンをご紹介します。

それが、“ANY/AI(エニーエーアイ)”です。

これまでの生成AIはあくまでも学習用データセットの中には存在しないデータは作ることができませんでした。

しかしANY/AIは違います。

予測AIが持つ知識をうまく利用して、データセットの制約を超えた全く新しいデータを作ることができます。

弊社のR&D機関であるデータグリッドラボでは、ANY/AIのさまざまなAIモジュールを開発し、それらを組み合わせてサービスを構築しています。

また、必要に応じてパートナー企業とも連携し、収益をレベニューシェア(※) するような形で共同事業としても進めています。

▶編集注:支払い枠が固定されている委託契約ではなく、パートナーとして提携・リスクを共有しながら、相互の協力で生み出した利益をあらかじめ決めておいた配分率で分け合うこと。

アパレルEC向けモデル画像自動作成サービス

その1つが、現在NTTドコモさんと取り組んでいるアパレルEC向けのモデル画像の自動作成サービスです。

NTTドコモ社、アーバンリサーチ社とファッション分野における事業提携を発表(データグリッド)

具体的には画像データのみを用いて、AIによるデジタル試着を実現します。

写真のように、人物と服のデータを入力すると、自動的に自然なモデル画像を生成します。

これによりモデル画像の撮影コストを削減します。

またコロナウイルスの影響で密になりやすい撮影現場の改善や、複雑な権利関係に縛られないモデル画像をアパレル企業に提供することが可能です。

最後にチームをご紹介します。

経営陣はCEOである私が技術、ビジネスの両面を踏まえて経営を、CTOの庵原が開発チームを率いて技術開発、COOの首藤がアライアンス、そしてCSOの藤真が自社サービスの戦略を担います。

そして私たちの強みはなんと言ってもエンジニアの技術力です。京都大学からの採用や京都ブランドを活かして、優秀な外国人の採用を進めています。

現在30名程度のAIエンジニア陣で、プロジェクトを進めています。

なお、この中にはAIにより生成された実在しないバーチャルエンジニアが1名おりますので、皆さんご注意ください。

今後も各領域の企業様とアライアンスを組んでまいりますので、もし私たちのビジョンが素敵だなと思っていただけましたら、お気軽にお声がけいただけますと幸いです。

発表は以上となります。ご清聴ありがとうございました。

▶︎実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子/小林 弘美/フローゼ 祥子/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。