Googleマイビジネス・HP・各SNSの店舗情報やクチコミを一括管理できる「Canly(カンリー)」(ICC KYOTO 2021)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

Googleマイビジネス・HP・各SNSの店舗情報やクチコミを一括管理できる「Canly(カンリー)」(ICC KYOTO 2021)【文字起こし版】

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC KYOTO 2021 SaaS RISING STAR CATAPULTに登壇いただき、見事3位に入賞した、カンリー 辰巳 衛さんのプレゼンテーション動画【Googleマイビジネス・HP・各SNSの店舗情報やクチコミを一括管理できる「Canly(カンリー)」】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2022は、2022年2月14日〜2月17日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット KYOTO 2021 プレミアム・スポンサーのベクトル にサポート頂きました。

【速報】どんな質問にも答えるFAQシステム「Helpfeel」のNotaがSaaS RISING STAR CATAPULT 初代王者に輝く!(ICC KYOTO 2021)


【登壇者情報】
2021年9月6〜9日開催
ICC KYOTO 2021
Session 3A
SaaS RISING STAR CATAPULT
次のユニコーンを探せ!
Sponsored by ベクトル

辰巳 衛
株式会社カンリー
代表取締役Co-CEO

早稲田大学理工学部卒業。新卒で双日株式会社に入社しリスクマネジメント業務や空港M&A業務(パラオ国際空港や下地島空港への事業投資等)に従事。
米国公認会計士取得。2018年、双日株式会社を退職し当時ルームシェアしていた秋山祐太朗と共同で株式会社カンリーを創業。
Googleマイビジネス(現・Googleビジネスプロフィール)や企業HP、各SNSの店舗アカウント等を一括管理することで大幅な運用・管理コストを削減可能にするクラウド
「店舗情報一括管理サービス Canly(カンリー)」や、店舗集客のためにGoogleマップを活用したMAP最適化サービスを運営。
Canly(カンリー)は2020年7月のサービス開始以降、有料契約での導入店舗数は10,000店舗超を突破。


辰巳 衛さん 皆さん、こんにちは。

弊社は、Googleマップやホームページ、各種SNSといった、集客媒体を一括管理するツール、Canlyを店舗向けに提供しています。

早速ですが、とあるお客様を事例に、弊社サービスを紹介します。

店舗情報に高い信頼がおける「てもみん」

ここにいる皆さん、働き過ぎて、最近疲れていませんか?

私は最近、相当疲れています。

そんな時はよく、全国どこにでもある、てもみんに通います。

なぜてもみんを選んでいるのかというと、クオリティは大前提として、ネットでの情報が非常に信頼できるからです。

例えば、ホームページ、Googleマップ、Facebookなど、色々な集客媒体における営業時間が正しく管理されています。

コロナ禍における緊急事態宣言によって、閉店時間を23時から20時に変更しないといけないとき、100店舗あれば、100店舗x媒体数の回数だけ、変更しなければいけません。

これは相当大変なことです。

例えば皆さんも、ネットでお店を調べ、行ってみたら営業していなかったという経験があると思います。

しかし、てもみんは、ストレスなくお店に行くことができます。

クーポンやイベント情報がいつも最新

加えて、クーポンやイベント情報も最新状態に保たれています。

クーポンを使おうと思っても古かったり、媒体ごとにクーポンがあったりなかったりなど、不便に感じたりといった経験があると思いますが、それは一切ありません。

お客様のコメントに丁寧な返信対応

私は店舗に行く際、クチコミをよく見ます。

てもみんの評価は勿論高いですが、お客様が書いてくれたクチコミに、一つずつ現場が丁寧に返信をしていて、好印象を持っています。

100店舗という膨大な店舗数を抱えて、たくさんの媒体があるのに、どうして簡単に管理できているのか。

それには秘密があります、答えはCanlyがあるからです。

集客媒体の一括管理でオペレーションを効率化

我々はベンチャーなので、ぶっつけ本番でデモを行います。
(この後のデモの様子は動画版でご覧ください)

100店舗分の営業時間を編集したい場合、編集画面で「全店舗」をクリックし、営業時間を切り替え、保存ボタンを押すだけです。

エリア別、出張の有無など、簡単にグルーピング設定もできます。

その他、メニューや写真など、各媒体で共通している項目は、一括で編集ができます。

クーポンを送信する際も、店舗を指定し、グルーピングを選び、写真や文章、ECサイトへのリンクなどをつけ、予約投稿としてプレビュー画面で見え方を確認、日時指定の上、送信を確定します。

FacebookやTwitter、ホームページなど連携している媒体は、必要な情報を必要なだけ、簡単にお客様に届けることができます。

通常、クチコミは1店舗あたり1つずつしか見られませんが、100店舗分のクチコミがワンスクロールで全て確認できますし、星の数やエリアなどでスクリーニングもできます。

また、CSVファイルとしてダウンロード、分析もできます。

返信の際は、300種類ほどのテンプレートがあるので、「謝罪について」などを選べば、簡単に文章ができあがり、返信ボタンを押すと簡単にお客様に返信ができます。

媒体を切り替えて、クチコミの返信ができます。

ただ、現場の店長が書いた返信をそのまま承認するのは、大きい会社だとリスクがあるため、ワークフロー機能がついています。

もし、現場がイマイチな返信を上げてきた場合でも、本部が却下もしくは承認ができます。

店舗運営においては、フランチャイジー(加盟店)などステークホルダーが非常に多いので、ワークフロー機能を使うことで、現場と本部が一体になってシステムの運用ができます。

さらに、実施した施策がどれだけ来店につながっているかのデータが分析できます。

PDCAを高速で回し、システムの運用ができます。

以上、一部分ですがシステムの紹介をさせて頂きました。

我々のお客様の中には、このようにCanlyを使って、90%の工数削減という業務効率化に成功しているお客様もいらっしゃいます。

てもみんの事例で言うと、来店数の2.6倍増加につながっています。

1年間で有料契約店舗が14,000店舗を突破

こちらは一番強調したい点ですが、弊社は1年間で、有料契約の店舗数が14,000店舗を突破しました。

さらに、プロント鳥貴族白洋舎など、ありとあらゆる業種の大企業に導入して頂いています。

資金調達を行っていますが、今後は頂いた資金を活用し、アプリやLINE、ヤフーなど、ありとあらゆる媒体と連携していきます。

カンリー(Canly)が累計約5.3億円資金調達。GoogleマイビジネスやHP、各SNSの店舗アカウントを一括管理するサービスにジャフコ、DEEPCORE、総合商社、メガバンク系VCなどが出資参画 (PR TIMES)

そして、日本にある800万店舗という市場に切り込んでいきたいです。

コロナ禍、支えられなかった飲食店への思い

最後に、我々は、元商社マンと元銀行員が起業したスタートアップです。

大手銀行&商社出身の共同代表が実践する「後悔しない仕事人生」の歩み方(type)

もともとは、宴会幹事のプロである元商社マンと元銀行員が、絶対に外さない宴会場を紹介するサービスからスタートしました。

治験モニターで月に20万円を稼いで何とか生き延びるというような笑い話もありましたが、結果的にこのサービスはコロナの影響でクローズしました。

しかし資金調達をして、何とか生き残りました。

Googleマイビジネスと各SNSの店舗アカウントを一括管理するクラウドサービス「Canly」提供開始。著名エンジェル投資家ら11名参画。累計6,600万資金調達。〜国際特許申請済の店舗管理SaaS〜(PR TIMES)

当時、僕のお客様で、倒産を余儀なくされた飲食店は本当に多かったです。

その時、救うことができなかった、支えることができなかった、守ることができなかったという悔しい経験をしました。

だからこそ、今のwithコロナ時代に、あの時の飲食店、店舗を救えて、支えられるプロダクトにしたいという思いで、Canlyを立ち上げました。

店舗に関わる全ての人に、最も信頼されるインフラを創る

我々のやりたいことは、店舗業務の負担軽減です。

軽減することによって、店舗はもっと、接客や料理の質向上など、創造的な業務に時間を充てられます。

それによいって、店舗の先にいるお客様に喜んでもらい、店舗の方々に信頼され、時代を作るインフラになっていきたいです。

宜しくお願いいたします。

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。