【新】リーガルテックでサービス残業問題を解決 – 注目のベンチャー特集「日本リーガルネットワーク」(1) 【K16C-NLN #1】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【新】リーガルテックでサービス残業問題を解決 – 注目のベンチャー特集「日本リーガルネットワーク」(1) 【K16C-NLN #1】

Pocket

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

日本リーガルネットワークのサービス残業問題を解決する「残業証拠レコーダー(残レコ)」のプレゼンテーションを4回シリーズでお届けします。(その1)は、弁護士出身でもある南谷さんの自己紹介と解決したいサービス残業問題についてお話し頂きました。2016月9月6日・7日に開催したICCカンファレンス KYOTO 2016スタートアップ・コンテスト「カタパルト」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト(CATAPULT)」のオフィシャル・サポーターです。

 

登壇者情報
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016 「ICC SUMMIT」
Session 1B
CATAPULT(カタパルト) - スタートアップコンテスト -
Supported by IBM BlueHub
 
(プレゼンター)
 
南谷 泰史
株式会社日本リーガルネットワーク
代表取締役CEO
 
1987年生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。同大学を卒業後、司法修習を経て、2011年、西村あさひ法律事務所に入所し、弁護士として勤務。
その後、一般的な弁護士像とは異なるスキル、メンタリティを習得したいとの思いから、同事務所を退職、一旦、法曹界を離れ、2013年、経営コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループに入社。同社では、コンサルタントとして、ウェブ関連事業、商社、製造業、金融等、様々な業界のプロジェクトに従事。
Legal Techの分野で社会課題の解決に貢献する事業を造ることを目指し、2015年に同社を退社し、株式会社日本リーガルネットワークを設立。自身でも弁護士の実務を行いつつ、同社にて、残業代の請求をサポートするスマートフォンアプリ「残業証拠レコーダー」を開発、提供している。

おはようございます。株式会社日本リーガルネットワークの南谷です。

本日は宜しくお願い致します。

すべての人の権利が正当に実現される社会

弊社は、Legal Tech 、法律×ITの分野で事業を行っている会社で、私も弁護士がバッククグラウンドです。

まず、弊社の目指すところですが、リーガルサービスにITを組み合わせることで、今までにないリーガルサービスを、より多くの方に提供して、“すべての人の権利が正当に実現される社会”そういう公正な社会の形成に貢献したいと、そう思っています。

現在、第1のプロジェクトとして、サービス残業問題の解決を目指して、スマートフォンアプリの「残業証拠レコーダー」、略して「残レコ」を提供しております。

なぜ、数ある法律問題の中でサービス残業問題を最初に選んだのかということなのですが、第1にサービス残業問題は非常に規模が大きい問題です。

日本の雇用者数に、アンケートから推計したサービス残業率をかけると、1400万人がサービス残業をしていると推計されます。サービス残業問題は、労働者の4人に1人が関わっている問題です。

では、このサービス残業問題が解決されると、どんないいことがあるのか。まず、働く人にとって大きな価値があります。直接的には、未払い残業代を取得できます。

これは、モチベーションアップにもつながるでしょうし、労働者に賃金が支払われるので内需拡大にも貢献すると思います

次に、悲劇的な過労死や過労自殺を抑制することができます。

そして、ワークライフバランスも改善されますので、家族との時間、余暇の時間が増えます。

こういった形で働く人にとって大きな価値がありますが、我々は、サービス残業問題の解決は、企業にとっても価値があると考えています。

どういうことかと言いますと、現在の市場競争を見ると、ホワイト企業の皆様と同じ市場、同じ商品・サービスを提供する市場で、労基法を無視するブラック企業が競争しています。

その場合、ブラック企業は、サービス残業させることで労働コストを0にできますから、不当なアドバンテージを得ています。

これが、サービス残業問題が解決されると、ホワイト企業同士が切磋琢磨する公正な競争が実現されます。こういった形でサービス残業問題の解決は、企業にとっても価値があります。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成

続きは ブラック企業と戦うスマホアプリ”残業証拠レコーダー” – 注目のベンチャー特集「日本リーガルネットワーク」(2) をご覧ください。

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!


【編集部コメント】

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「社会起業家」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。