リモート矯正で継続率97%「Oh my teeth」は、あらゆる歯科体験のアップデートを目指す(ICC FUKUOKA 2022) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

リモート矯正で継続率97%「Oh my teeth」は、あらゆる歯科体験のアップデートを目指す(ICC FUKUOKA 2022)

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC FUKUOKA 2022 新企画 – D2C&サブスク カタパルトに登壇いただき見事優勝した、Oh my teeth 西野 誠さんのプレゼンテーション動画【リモート矯正で継続率97%「Oh my teeth」は、あらゆる歯科体験のアップデートを目指す】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回300名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット KYOTO 2022は、2022年9月5日〜9月8日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット FUKUOKA 2022 ゴールド・スポンサーのプレイドにサポートいただきました。

【速報】継続率97%!通院不要の新しい歯列矯正体験を提供する「Oh my teeth」がD2C&サブスク カタパルトの初代王者に輝く!(ICC FUKUOKA 2022)


【登壇者情報】
2022年2月14〜17日開催
ICC FUKUOKA 2022
Session 12A
新企画 – D2C&サブスク カタパルト
Sponsored by プレイド

西野 誠
株式会社Oh my teeth
代表取締役CEO

1994年生まれ。学生時代に物流スタートアップのオープンロジで第一号インターンとして創業期を経験。新卒で株式会社ワークスアプリケーションズに入社。退職後、株式会社Oh my teethを共同創業し、代表取締役CEOに就任。2019年12月、日本初の歯科矯正D2Cサービス「Oh my teeth」をローンチ。希望者含むユーザー数は14,000を超える。Open Network Lab 第21期 DemoDayにて最優秀賞&オーディエンス賞を受賞。


西野 誠さん 皆さん、こんにちは、Oh my teethの西野です。

「未来の歯科体験を生み出す」、これが我々のミッションです。

昔から変わらない歯科体験

実は、僕は昔から歯医者が苦手でした。

何度も通わないといけない、予約をしても待たされる、現金しか使えない。

一方、今の時代、ガラケーはスマホに、支払いはキャッシュレスにと、あらゆる体験がスマートになりました。

でも歯科体験は、変わっていない、スマートではない、ずっとそう思っていました。

25歳エンジニアが歯科業界のDXに挑戦

特に歯の矯正について、エンジニアだった僕は、テクノロジーでもっとシンプルな体験を設計できないかと考え、Oh my teethを立ち上げたのです。

当時25歳のエンジニアが、歯科業界に挑戦。

正直、心ない言葉を言われることもありました。

でも、歯科体験を絶対に変えたい、その一心で続けた結果、現在、我々がプロデュースしているクリニックの1店舗あたりの月商は4,000万円を超え、売上は前年比354%を達成しました。

詳しくは後ほどご説明しますが、3年後には年商100億円を目指せるところまできました。

本日は、Oh my teethがただの“歯並び直し屋”ではなく、あらゆる歯科体験をDXしていく存在であるということをお伝えします。

D2C歯科矯正が解決する3つの課題

歯科体験のDXの第一歩として、まずは歯科矯正からはじめることにしました。ところで、「D2Cの歯科矯正」とは何でしょう?

解決した課題は、「高い」「通院が面倒」「続けられない」の3つです。

通院は最低1回シンプルな矯正体験

Oh my teethでの矯正体験を紹介します。

こちらはICCパートナーズ代表の小林さんです。

我々がプロデュースしたクリニックは現在、駅から徒歩すぐの立地で、表参道と心斎橋にあります。

これが店内の様子です。受付はなく、待ち時間ゼロですぐにドクターに案内され、どんどん歯型をスキャンしていきます。

歯型スキャンはたった3分程度で完了します。

レントゲンも撮影して診断が完了すれば、LINEにシミュレーションが届きます。

小林さんは、奥様から指摘されていた前歯の隙間が、矯正後にはしっかり閉じることを色々な角度から確認して、喜んでいました。

自宅に届く矯正キットで矯正開始

そして、いよいよ矯正がスタートします。

このような箱が自宅に届きます。

矯正キットの中には形の違うマウスピースが入っており、毎週交換することで、少しずつ理想の歯並びに近づけていきます。

会場の審査員の皆さんには、マウスピースをお配りしています。

実は小林さんの実際の歯型です。最終日の記念にどうぞお持ち帰りください。

従来の歯列矯正では約3割が挫折

マウスピース矯正で重要なのは、毎日20時間以上装着を継続することと、毎週、進捗を管理することです。

実はこれは、結構大変です。

事実、従来の矯正では約3割の方が挫折しています。

続けられる仕組み作りによって継続率は97%

そこで、Oh my teethは、毎週応援メッセージを送ったり、毎日リマインドしたり、進捗を可視化することでサボれない仕組みを構築しました。

“矯正版ライザップ”です。

だから、継続率は97%です。

「高い・通院が面倒・続けられない」をすべて解決

毎週の進捗管理も、スマホで写真を撮影してアップロードするだけで、ドクターからアドバイスが届きます。

矯正生活はリモートで完結するので通院回数は最低1回、それはすなわち人件費を含めたコストダウンを意味します。

我々は歯科矯正の3つの課題を、テクノロジーで解決したのです。

平均12週間の矯正期間で理想の歯並びに

このサイクルを12週間繰り返すと、歯並びはこのように改善します。

結果、エンジニアだったらついにやけてしまう、このような嬉しいコメントをたくさん頂いています。

100店舗展開を見据え、再現性を設計

この体験をもっと広めるために、こだわったのは再現性です。

実は1店舗目をオープンした時から、100店舗展開を見据えて設計していました。

ポイントはこの3つです。

1つ目は「データ一元化」で、マーケティングデータから矯正データまで全て一元管理しています。

毎週のアドバイス送信はドクターがリモートで行い、写真と回答データは全て蓄積します。

2つ目は「オペレーションの標準化」で、店舗での接客から診断ポリシーまで全てマニュアル化しており、社内では日々「マニュアルを更新しました」というメッセージが飛び交っています。

最後は「テックカルチャー」で、顧客体験を高速でアップデートできる体制が既にできています。

1店舗月商4,000万円を達成

おかげさまで少しずつメディアにも取り上げて頂き、我々がプロデュースするクリニック1店舗目の売上も月商4,000万円で黒字です。

プロデュース2店舗目の大阪・心斎橋のクリニックも3カ月で黒字に転換。ついに拡大フェーズに入ります。

希望者1万人超!マウスピース矯正D2C「Oh my teeth」専門クリニックが大阪・南堀江にオープン 2021年8月30日(PR TIMES)

市場も10年で1.5倍の拡大が見込まれています。

クロスセルで売上は積み上がっており、平均顧客単価は約43万円です。

最低0回の通院、オンラインで解決!まったく新しいホームホワイトニング『Oh my teeth Whitening』を正式ローンチ(PR TIMES)

まるでガジェット!オーラルケアブランド 「Oh my teeth Home」をリリース。ホワイトニング歯磨き粉など本日発売開始(PR TIMES)

CPAは業界平均の約8分の1

注目頂きたいのがCPA(顧客獲得単価)で、何と13,000円を切っており、これは業界平均の8分の1です。

その秘密は「Google検索」です。

矯正検討者は歯医者に行く前に色々調べるのです。

Oh my teethではこれまで、272以上の矯正検討者のためのコンテンツ発信を続けており、結果多くのキーワードで1位を取っています。

当然SEOが強いだけではユーザーは動きません。「高い」「通わないといけない」という課題を解決しているOh my teethだからこそ、このCPAを実現できているのです。

全国の駅ビル・商業施設へのクリニック出店を計画

最後に、今後の展開です。

現在、我々がプロデュースするクリニックは1店舗年商5億円が見えており、プロデュース2店舗目の黒字化を経て、オペレーションやマーケティング手法には自信を持っています。

まずは東京を中心に10店舗を作り、その後はさらなる拡大を目指します。

Oh my teethの新しい矯正を求めて、既に全国からお客様が来店しているという実績があります。

全国の駅ビルや商業施設への出店を進め、3年後には70店舗、年商100億円を目指します。

それぞれが専門領域を持つ強力なチームメンバー

チームです。

私はエンジニア、COOはドリームインキュベータ出身、歯科矯正専門ドクターや歯科フランチャイズの専門家がいます。さらに40以上のクリニックとのバックアップ体制も構築しています。

歯科のあらゆる体験をアップデートして、「Oh!」と驚く矯正体験を

僕は昔から、課題を見つけ、それを解決するようなプロダクトを作り、人に見せて驚いてもらうことが大好きでした。

【創業ヒストリー】幼少期からの探究心と好奇心は変わらない。矯正ビジネスの常識を変えていく、Oh my teeth代表インタビュー(note)

まずはこのD2C歯科矯正から始め、歯科のあらゆる体験をアップデートしていきます。

そしてロゴマークでもあるこのビックリマーク。

皆さんに「Oh!」と驚く体験をどんどん提供していきます。

どうか応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成/大塚 幸

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。