【技術の力を、未来の力に】リアルテック・カタパルトに集う研究開発ベンチャー7社をご紹介!(ICC FUKUOKA 2019) – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【技術の力を、未来の力に】リアルテック・カタパルトに集う研究開発ベンチャー7社をご紹介!(ICC FUKUOKA 2019)

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

2019年2月19日・20日・21日に、「ともに学び、ともに産業を創る」Industry Co­-Creation™(ICC)サミット FUKUOKA 2019 を開催します。ICCサミットは毎回200名以上が登壇、総勢800名以上が参加し、参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンスです。

ICCサミット FUKUOKA 2019 では、2月19日に研究開発ベンチャーの祭典「REALTECH CATAPULT(リアルテック・カタパルト)」を開催します。ベンチャー企業7社が7分間のプレゼンテーションを行ったのち、第一線で活躍する審査員24名(2019年2月8日現在)の投票によって注目のスタートアップを選出します。ナビゲーターはリアルテックファンド代表/株式会社ユーグレナ取締役副社長の永田暁彦氏が務めます。

ICCサミット FUKUOKA 2019のプレミアム・スポンサーとして、Honda R&D Innovations様に本セッションをサポートいただきます。

本記事では、「リアルテック・カタパルト」に登壇する注目のベンチャー7社を一挙にご紹介いたします!


当日のライブ中継について

当日(2018年2月19日)は、以下のYouTubeリンクより「リアルテック・カタパルト」のプレゼンテーションのライブ中継をご覧いただけます。

(予備チャンネル)

登壇者の顔ぶれ

ボールウェーブ【14時40分頃登壇予定】


赤尾 慎吾
ボールウェーブ株式会社
代表取締役社長

1999年筑波大学大学院理工学研究科修了。同年10月凸版印刷株式会社入社総合研究所配属。2003年より凸版印刷総合研究所でボールSAW関連の研究開発に従事。2009年東北大学大学院工学研究科材料システム工学専攻博士課程後期終了。同年より東北大学未来科学共同研究センター客員准教授。2014年に凸版印刷を退職、文部科学省STARTプロジェクト「ボールSAW微量水分計の開発」に東北大学未来科学共同研究センター特任准教授として参画。2015年11月ボールウェーブ株式会社設立、代表取締役就任。

ヒューマノーム研究所【14時47分頃登壇予定】


瀬々 潤
株式会社ヒューマノーム研究所
代表取締役社長

東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士(科学)。東京大学助教、お茶の水女子大学・准教授、東京工業大学・准教授、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)ゲノム情報研究センター研究チーム長、産総研人工知能研究センター研究チーム長を歴任。米国計算機学会のデータマイニングコンテストKDD Cup 2001優勝、Oxford Journals-JSBi Prize 受賞。機械学習・数理統計の手法開発および生命科学の大規模データ解析を専門とする。2018年10月1日付にて、株式会社ヒューマノーム研究所代表取締役社長に就任。研究の場を国の研究所から、民間の研究所へと移すことで、研究の活動と社会実装の幅を広げ、多くの企業・公的機関と協力し、健康を計算しデザインできる社会を目指す。

アイ・イート【14時54分頃登壇予定】


高橋 庸平
アイ・イート株式会社
代表取締役

1991年、静岡県静岡市清水区出身。2010年宇都宮大学機械システム工学科に入学。2014年宇都宮大学大学院工学研究科に進学し、ロボット工学を学ぶ。修士課程を卒業後、博士課程に進学し在学中。修士2年より宇都宮大学初ベンチャー企業アイ・イート株式会社に参画、イチゴ用個別包装容器事業に関わる。修士課程在学中、大学発新産業創出プログラム〔START〕、技術シーズ選抜育成プロジェクト〔ロボティクス分野〕に採択され、イチゴ用個別品質検査装置の試作開発を行う。2016年よりアイ・イート株式会社にて農業用ロボット事業を立ち上げ。現在、モジュール分散協働ロボットの実用化にむけた事業開発およびロボット開発に取り組む。2018年12月、代表取締役に就任。大学時代から始めたダンスが趣味。

メトロウェザー【15時01分頃登壇予定】


東 邦昭
メトロウェザー株式会社
代表取締役

2009年に京都大学のポスドクに着任後、大気レーダーを用いた乱気流検出・予測技術の開発・高分解能気象予測シミュレーションの開発を行う。民間気象予報会社において2年間の環境アセスメントの実務経験も持つ。2014年にポスドクを辞めた後、1年間の起業準備期間を経て、2015年に京都大学発スタートアップとしてメトロウェザー株式会社を同大学助教の古本淳一と創業。来たるべくドローン前提社会に向けてメトロウェザーが世界中の風況を掌握することを目指す。代表取締役。神戸大学博士(理学)・気象予報士。

SkyDrive(スカイドライブ)【15時8分頃登壇予定】


福澤 知浩
株式会社SkyDrive
代表取締役

東京大学工学部卒業後、2010年4月にトヨタ自動車に入社。調達部の一員として、100ヶ所、1,000回以上の現場出張を行ない改善活動に従事するほか、最大で数百人規模のプロジェクトも統率。また、購入部品のバイヤーとして調達戦略の立案・実行にも携わり、関係各社とともに担当部品で世界最安のコストを実現。
2017年1月に福澤商店株式会社を設立。トヨタ生産方式を基本とした現場改善コンサルティングや経営コンサルティングを30社以上で行い、全社で成果を出し、内2社では役員として参画。
トヨタ在籍時代に有志で始めた『空飛ぶクルマ』の開発活動『CARTIVATOR(カーティベーター)』の共同代表を務め、さらなる開発加速のため2018年7月に株式会社SkyDriveを設立し、代表取締役に就任。

ラングレス【15時15分頃登壇予定】


山入端 佳那
株式会社ラングレス
代表取締役 CEO

外国語大学にて異文化コミュニケーションを学んだ後、株式会社リクルートコミュニケーションズにて、人の心が動く動機や価値観を探る業務に従事。2017年よりの心の解析をする製品開発に魅力を感じ、株式会社イヌパシーに参画。2018年、株式会社イヌパシーの代表取締役に就任。同時に同社は株式会社ラングレスと改名し、「Language less communication 言語なしでも伝わる未来」をミッションと掲げる。

ムスカ【15時22分頃登壇予定】


流郷 綾乃
株式会社ムスカ
代表取締役 暫定CEO

ベンチャー企業の広報として活躍後、フリーランスの広報として独立。スタートアップや大企業に対し、ブランディングからマーケティングまで一貫した広報戦略コンサルティングを提供し、多数の成果をあげる。2017年9月にベイシズ執行役員に就任。同11月、ベイシズの指名によりムスカ執行役員として経営参画。2018年7月、現職に就任。

審査員24名のご紹介

リアルテック・カタパルトの審査員24名を一挙にご紹介いたします。(2019年2月8日現在)


(審査員)

安西 智宏
株式会社ファストトラックイニシアティブ
取締役 COO

石田 真康
一般社団法人SPACETIDE代表理事 /
A.T. カーニー株式会社 プリンシパル

今野 穣
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
代表パートナー 最高執行責任者(COO)

岩佐 大輝
株式会社GRA
代表取締役CEO

石見 陽
メドピア株式会社
代表取締役社長 CEO (医師・医学博士)

緒川 修治
PDエアロスペース株式会社
代表取締役

小田 健児
株式会社 電通
宇宙ラボ代表/クリエイティブディレクター

粕谷 昌宏
株式会社メルティンMMI
代表取締役

北川 純
ソニー株式会社
シニアインベストメントマネジャー

北川 拓也
楽天株式会社
常務執行役員 テクノロジーディビジョン CDO (Chief Data Officer)

小橋 正次郎
小橋工業株式会社
代表取締役社長

小林 晋也
株式会社ファームノートホールディングス
代表取締役

齋藤 剛
アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
ポートフォリオマネージャー

杉本 直樹
Honda R&D Innovations, Inc. CEO /
株式会社本田技術研究所 執行役員

筒井 岳彦
日本たばこ産業株式会社
執行役員 ビジネスディベロップメント担当

田路 圭輔
株式会社エアロネクスト
代表取締役 CEO

中嶋 淳
アーキタイプ株式会社
代表取締役

中村 友哉
株式会社アクセルスペース
代表取締役

中山 亮太郎
株式会社マクアケ
代表取締役社長

深田 昌則
パナソニック株式会社
アプライアンス社 Game Changer Catapult 代表

福田 真嗣
株式会社メタジェン
代表取締役社長CEO

三浦 崇宏
The Breakthrough Company GO
代表取締役 PR/Creative Director

水島 淳
西村あさひ法律事務所
パートナー

森本 作也
Honda R&D Innovations
Managing Director

山川 考一
ライトタッチテクノロジー株式会社
代表取締役社長

結果発表【15時40分頃】

審査員の投票の結果を発表し、表彰式を執り行います。ぜひご期待ください!

ICCサミット KYOTO 2018 表彰式
〔同率優勝:エアロネクスト田路氏(中央左)、スペースリンク阿部氏(中央)〕

(終)

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/上原 伊織/本田 隼輝/尾形 佳靖/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。