ICCカンファレンス KYOTO 2016「ハイ・モチベーション組織の構築」 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

ICCカンファレンス KYOTO 2016「ハイ・モチベーション組織の構築」

LINEで送る
Pocket

2016年9月6日・7日に新産業のトップリーダーが集まるIndustry Co­-Creation(ICC)カンファレンス KYOTO 2016のメイン・プログラム「ICC SUMMIT」を開催します。総勢160名以上の新しい産業を創るトップリーダーが登壇するコミュニティ型のカンファレンスです。

今回紹介するプログラムは「ハイ・モチベーション組織の構築」です。世界最大級の意識調査機関Great Place to Work社が発表している「働きがいのある会社」ランキング 2016の上位にランクインするサイバーエージェント(従業員1,000以上 9位)、VOYAGE GROUP(従業員数 100〜999名 1位) 、freee(従業員数 100〜999名 4位)、セプテーニグループ(従業員数 100〜999名 5位)の経営者や人事責任者がハイ・モチベーション組織の構築に関して徹底議論します。

ICCカンファレンス KYOTO 2016のパーティ会場を運営する2社 Plan・Do・See(従業員1,000以上 5位)、バリューマネジメント(従業員数 100〜999名 2位)も「働きがいのある会社」ランキング 2016の上位にランクインしています。

ICCカンファレンス KYOTO 2016 「ICC SUMMIT」の参加登録はFacebookの公式イベントページから登録可能です(2016年8月26日まで)。

セッションの概要

ICCカンファレンス KYOTO 2016「ICC SUMMIT」
「ハイ・モチベーション組織の構築」

(スピーカー)

宇佐美 進典
株式会社VOYAGE GROUP
代表取締役社長兼CEO

佐々木 大輔
freee株式会社
代表取締役

佐藤 光紀
株式会社セプテーニ・ホールディングス
代表取締役社長

曽山 哲人
株式会社サイバーエージェント
執行役員 人事統括本部長

(モデレーター)

麻野 耕司
株式会社リンクアンドモチベーション
執行役員

登壇者の顔ぶれ

ICC KYOTO 2016 S4A.005

麻野 耕司
株式会社リンクアンドモチベーション
執行役員
慶應義塾大学法学部卒業後、株式会社リンクアンドモチベーション入社。2010年、中小ベンチャー企業向け組織人事コンサルティング部門の執行役員に当時最年少で着任。同社最大の事業へと成長させる。2013年には成長ベンチャー企業向け投資事業を立ち上げ、アカツキ・ネオキャリア・ラクスル・ビズリーチなど計15社に投資。全く新しいスタイルのベンチャー投資として注目を集める。自らも複数の投資先企業の社外取締役、アドバイザーを務める。2016年、新規事業として国内初の組織開発クラウド「モチベーションクラウド」を立ち上げ。「ビッグデータ×人工知能(AI)」で組織人事領域の改革に挑戦している。著書に「すべての組織は変えられる~好調な企業はなぜ『ヒト』に投資するのか~」(PHPビジネス新書)。

ICC KYOTO 2016 S4A.002

宇佐美 進典
株式会社VOYAGE GROUP
代表取締役社長兼CEO
1972年生まれ。早稲田大学卒業後、トーマツコンサルティング(現Deloitte Tohmatsu
Consulting)にて、業務改善プロジェクト等に携わる。1999年10月にアクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)を創業。2001年にサイバーエージェントの連結子会社となり、2005年から2010年の5年間サイバーエージェントの取締役も兼務し、主に技術部門を統括。2012年にサイバーエージェントからMBOし、2014年7月マザーズ上場、2015年9月東証一部上場。ネット分野に特化した事業開発会社として「ECナビ」等のメディア事業と、SSP「Fluct」等のアドテクノロジー事業、コーポレートベンチャーキャピタル事業等を展開。

ICC KYOTO 2016 S4A.001

佐々木 大輔
freee株式会社
代表取締役
全自動のクラウド会計ソフトfreee フリー)を運営するfreee株式会社の代表取締役。学生時代、インターネットリサーチ会社インタースコープ(現在は合併を経てマクロミル)にて、新しい調査手法の開発に従事。卒業後は博報堂を経て、投資ファンドのCLSAキャピタルパートナーズに参画し投資アナリスト、その後レコメンドエンジンのスタートアップであるALBERTにてCFOと新規レコメンドエンジンの開発を兼任。この後Googleで、日本およびアジア・パシフィック地域での中小企業向けのマーケティングチームを統括し、同地域での中小企業におけるオンライン広告プロダクトの浸透に大きな実績を残した。2012年7月freee株式会社を設立。一橋大学商学部卒。専攻はデータサイエンス。

ICC KYOTO 2016 S4A.004

佐藤 光紀
株式会社セプテーニ・ホールディングス
代表取締役社長
1975年東京都生まれ。立教大学法学部を卒業後、1997年4月株式会社サブ・アンド・リミナル(現株式会社セプテーニ・ホールディングス)に新卒で入社。
1999年新規事業責任者としてインターネット広告事業を立ち上げ、同社を国内トップクラスのインターネット広告会社に育てる。
2006年10月持株会社体制移行に伴い、事業会社である株式会社セプテーニの代表取締役社長に就任(現任)。
2009年12月 セプテーニ・ホールディングス代表取締役社長に就任。(現任)
2011年1月セプテーニ・ホールディングスが世界経済フォーラム(World Economic Forum)より世界成長企業(Global Growth Company)として選出される。
2015年2月 セプテーニグループ(対象10社)が、Great Place to Work(R) Institute Japanが実施した「働きがいのある会社(日本版)」ランキングにおいて、従業員数100~999名の企業のカテゴリにて4位に選出される。

ICC KYOTO 2016 S4A.003

曽山 哲人
株式会社サイバーエージェント
執行役員 人事統括
1974年生まれ。1998年、上智大学文学部卒業。
1999年サイバーエージェントに入社。インターネット広告事業の営業を担当。
2004年インターネット広告事業の営業統括に就任。
2005年、人事本部設立とともに人事本部長に就任。
2008年、取締役就任。取締役を6年務め、2014年より執行役員制度「CA18」で選任。
著書に「クリエイティブ人事」、「最強のNo.2」など。
更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

LINEで送る
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。