これからの世の中に増えてくる働き方を実感できる【ICCサミット KYOTO 2019 スタッフMVP 1位:重崎 竜一】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

これからの世の中に増えてくる働き方を実感できる【ICCサミット KYOTO 2019 スタッフMVP 1位:重崎 竜一】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット KYOTO 2019の終了後、運営チームとして参加したスタッフの相互投票によって、活躍が目覚ましかった仲間を表彰するスタッフMVPが決まります。そこで見事1位に輝いた、スピーカー誘導チーム 統括 重崎 竜一さんに、今回担当した役割や、参加した感想、これからスタッフ参加する人たちに向けたメッセージを聞きました。ぜひご覧ください。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。ICCパートナーズでは現在、2020年2月17日〜20日 福岡市で開催予定のICCサミット FUKUOKA 2020の運営チームスタッフを募集しています。詳細は、こちらのページをご覧ください。



【インタビュイー情報】
ICCサミット KYOTO 2019
運営チーム スタッフMVPインタビュー

重崎 竜一
スピーカー誘導チーム
統括

ICCサミット KYOTO 2019 スタッフMVPインタビュー記事一覧

今回のICCサミットでの「チーム」と「役割」を教えてください

重崎 竜一さん(以下、重崎) 今回はスピーカー誘導チームの統括をさせていただきました。

スピーカー誘導チームは、ICCサミットの強みである6会場同時進行の多様なセッションを実現するために、登壇者を時間通りにセッション会場まで送り届けるチームです。スムーズな会場運営のための重要な役割を担うチームで、今回はその統括をさせていただきました。

統括の仕事は、合計20人を超えるメンバーが円滑にスピーカーを発見し、控室に送り届け、会場に誘導できるようなサポート、指示出しをしていく、いわば司令塔のような役割となっています。

特に印象的だったエピソードがあれば、教えてください

重崎 まず意識したポイントで言うと、僕自身今回は2回目の参加なのですが、初めて参加したスタッフが運営マニュアルだけを読んで、一番最初の本番にどういう気持ちで臨むのかなというところに不安がありました。

そのため、そこをどう解消できるか最初が肝心だと思いました。

具体的には、初めて参加するスタッフが動き方をより詳細にイメージできるように、準備時間でロールプレイングを入念にやらせていただきました。

また、セッションとセッションの間にはちょっとした休み時間やコミュニケーションを取る時間があるので、そこでチーム一体でコミュニケーションを取りました。

あとはKPT(振り返り)に関しても、厳しいところは厳しくも楽しみながらコミュニケーションをとれるような雰囲気づくりを心がけたので、2日目になってからは「報・連・相」の量と質がすごく上がってきました。

それを見ていて、人と人が初対面で集まってプロジェクトがスタートするというときに、コミュニケーションのきっかけをマネジメントとして提供していくことが、円滑なチームの運営につながるのかなと僕自身学ばせてもらいました。

そうした経験は、普段の仕事でも役立つと思いますか?

重崎 今後、正社員だけで物事を進めるようなプロジェクトが、世の中的にも減ってくるのではないかと僕は思っています。

実際に自分の普段の業務でも、外部のパートナーさんであったり、業務委託の方であったり、あとはICCサミットのような期間が決まったイベントで、その数日間だけお世話になるようなスタッフさんであったり、そういった方とコミュニケーションを取る機会はたくさんあります。

ICCのような初対面の皆でチームを構成して一定のミッションを遂行する、そういった経験で適応する力が培えるのかなと今回実感することができました。

今後新加入する運営チームメンバーへのメッセージを

重崎 僕自身1回目は不安なことが多かったのですが、不安をなくすには準備をすることだと思います。

マニュアルを読むのもそうですが、ICCの良いところは色々なスタッフがいることだと思います。

ですから、マニュアルを読むだけでなく本番前のイベントにぜひ参加いただいて、そこで色々なスタッフとコミュニケーションを取りながら、どういう雰囲気で運営されるのかを知り、自分が疑問に思った点をどんどん潰していくようなコミュニケーションを取れると、どんどん不安が自信に変わってくると思っています。

最後に、今回なぜMVPを獲得できたと思いますか?

重崎 楽しもうという気持ちで、仲間に任せながら突っ走れた、一番楽しめたというのが今回の肝かなと思います。

▶2020年2月17〜20日に開催する ICCサミット FUKUOKA 2020の運営スタッフを募集しています。詳細はぜひ下記リンクからご覧ください。
【新規募集】ICCサミット FUKUOKA 2020 運営チーム募集

(終)

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子/尾形 佳靖/戸田 秀成/小林 弘美

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。