半年に一度、視座を上げて自分の将来を思い描く時間【ICCサミット KYOTO 2019 スタッフMVP 同率9位:高野 葉子】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

半年に一度、視座を上げて自分の将来を思い描く時間【ICCサミット KYOTO 2019 スタッフMVP 同率9位:高野 葉子】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット KYOTO 2019の終了後、運営チームとして参加したスタッフの相互投票によって、活躍が目覚ましかった仲間を表彰するスタッフMVPが決まります。本インタビューでは、同率9位に輝いた スピーカー誘導チーム スピーカー控室担当の高野 葉子さんに、今回担当した役割や、参加した感想、これからスタッフ参加する人たちに向けたメッセージを聞きました。ぜひご覧ください。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。ICCパートナーズでは現在、2020年2月17日〜20日 福岡市で開催予定のICCサミット FUKUOKA 2020の運営チームスタッフを募集しています。詳細は、こちらのページをご覧ください。




【インタビュイー情報】
ICCサミット KYOTO 2019
運営チーム スタッフMVPインタビュー

高野 葉子
スピーカー誘導チーム
スピーカー控室担当

ICCサミット KYOTO 2019 スタッフMVPインタビュー記事一覧

今回のICCサミットでの「チーム」と「役割」を教えてください

高野 葉子(以下、高野) 前回の福岡に続き2回目の参加になりますが、今回は初めてスピーカー控室を担当させていただきました。

登壇されるスピーカーの方々を全会場に定刻どおりお届けできるように、登壇者が全員そろっていらっしゃるかの確認ですとか、機材のチェックですとか、そういう下準備をするチームです。

これまでにスピーカー控室を担当された方からは(スピーカーを会場に送り出す)ポンプのような役割であり、まさにICCの要の部分であると伺っていたのでとても緊張しながらも、本番ではリラックスして肩の力を抜くようにして臨みました。

特に印象的だったエピソードがあれば、教えてください

高野 スピーカー控室ということで、最初はスピーカーの皆さんとスタッフの関係は「舞台に出られる方」と「裏方」という感じかなと思ったのですが、実際には一体となってひとつの会場に一緒に向かうので、そこに想定とは違ったチーム感を感じ、印象的でした。

またチームのマネジメントで言うと、前回の福岡でリーダーの方が“任せるマネジメント”をやっているのを見て、今回はそれを取り入れることにしました。

メンバーは経験者の方が多かったので、彼女たちを信じてなるべく任せるように心がけることで、それぞれの目標とすり合わせて自走してもらえるようなリーダーシップを心がけました。

自分で考えて、自分で思ったことを言葉にしてスピーカーの方にお伝えしたり、その場でPDCAを回してマニュアル化したり、本当に一人ひとりがリーダーとして動いてくれたチームになったと思います。

そうした経験は、普段の仕事でも役立つと思いますか?

高野 それはありますね。まさに半年に一度、自分のOSがアップデートされているような感覚を受けています。まだ2回目ですが、今年に入って2回アップデートされたようなイメージで仕事に臨んでいます。

たまたま私の会社の上半期・下半期のタイミングとICCサミットのタイミングが被っているということもあり、期の振り返りをICCで行い、次の半年を見据えというようなところに使わせていただいたり、自分の視座を上げて将来の姿を思い描く時間に使わせていただいたりしています。

また、ICCのスタッフの方は本当に優秀なスタッフの方ばかりなので、ビジネスパーソンとしていい要素、栄養をたくさんいただいて、日頃の仕事にすごく活かせています。

今後新加入する運営チームメンバーへのメッセージを

高野 マニュアルは隅々までしっかり読んでいただいて、あとは「自分は当日、どういう振舞いをするのだろう」「どういう人と一緒にプレイするのだろう」といったイマジネーションを膨らませて、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

当日、たくさんの面白いことやハプニングがあるかと思いますが、イマジネーションのベースがあれば全部楽しめると思いますので、頑張ってください。

最後に、今回なぜMVPを獲得できたと思いますか?

高野 こうした賞というのはおまけでついてくるものだと思っていて、ICCの期間中はそれは意識せずに、自分の成長はもちろんですが、チームの成功、ICCの成功を考えて、目の前の仕事に打ち込みました。

そういうところを皆さんが見てくださっていて、票を入れてもいいかなと思っていただけたのかなと思います。

▶2020年2月17〜20日に開催する ICCサミット FUKUOKA 2020の運営スタッフを募集しています。詳細はぜひ下記リンクからご覧ください。
【新規募集】ICCサミット FUKUOKA 2020 運営チーム募集

(終)

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/尾形 佳靖/戸田 秀成/小林 弘美

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。