「パッション×実現力」で社会的イノベーションを起こそう!(ユーグレナ永田)【A16-1 #2】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

「パッション×実現力」で社会的イノベーションを起こそう!(ユーグレナ永田)【A16-1 #2】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「ソーシャル・イノベーション実現に向けて」【A16-1】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その2)は、社会的イノベーションを起こすために必要なことについてユーグレナ永田さんからお話頂きました。ぜひ御覧ください。

「ICCx AIESEC カンファレンス」は、NPO法人アイセック・ジャパン(AIESEC)とICCパートナーズが共同で開催した、AIESECに所属する大学生を対象としたカンファレンスです。当日は高い志を持った大学生250名が、ビジネスリーダー/社会起業家たちのパネルディスカッションと、質疑応答セッションに参加しました。

本年も、2017年9月15日(金)に「ICCx AIESEC 2017」を開催する予定です。参加を希望される方は、ぜひ全国25大学のAIESECの各委員会に所属ください。

Aiesec Logo


【登壇者情報】
2016年9月13日開催
ICC×AIESEC ソーシャル・イノベーション・カンファレンス2016
Session 1
「社会をより良くする起業家の夢の実現を支える仕事」

(スピーカー)
永田 暁彦
株式会社ユーグレナ
取締役 財務・経営戦略担当

(モデレーター)
小林 雅
ICCパートナーズ株式会社
代表取締役

「ソーシャル・イノベーション実現に向けて」の配信済み記事一覧

【前の記事】

【本編】

小林 では、ユーグレナの全貌を理解していただきましょう。

ユーグレナに就職したいという人はぜひ検索して採用ページを見て下さい。

インターンも募集していらっしゃいますので、後で見ていただければと思います。

では永田さん宜しくお願いします。

永田 はい。

小林 細かい所、分からなそうな所は適宜僕がつっこんでいきます。

プレゼンテーションが終わった後、自由に質問をしていただきますので、質問がある方はマイクに並んで下さい。

話している途中で待っていただいてもかまいませんので、ぜひ質問していただければと思います。

永田 今日は6社スポンサーをしている会社さんがある中 大変恐縮ですが、僕は、AIESECはユーグレナ社の下部組織だと思っています(笑)。

(会場笑)

弊社には(AIESECの)代表経験者が多く入社しています。

出雲(ユーグレナ代表取締役社長)自身もそうですし、去年(2015年)代表をしていた高野くん(高野祐輔氏)も新卒で入社しています。

AIESEC出身者がとても多く入っている会社です。

なぜ多いのかと考えると、シンプルです。

AIESECが取り組んでいること、「社会的イノベーションを起こす」ということを、学生からスタートし、民間企業として本当に実践している会社はとても少ないです。

今日のスポンサーさんの中にもいらっしゃいますが、僕達はその中でもナンバーワン企業の一社だと思っています。

出雲代表ではなく永田さんが登壇する意味

永田 最初にですが。

写真の彼ですが、彼は出雲充と言います。37歳です。

彼が18歳の時、AIESECの海外インターンでバングラデシュへ行ったことが、起業する最初のきっかけです。

弊社のメンバーは、AIESEC出身者が多いです。

本当は、今日彼が来るべきかなと思ったのですが。

だけど、それは少し違うと立ち戻りました。

なぜかというと、代表である出雲のパッションやビジョンというものは、既に世の中に伝わっているんです。

株式会社ユーグレナという会社は、例えば東京大学から生まれた会社として初めての東証一部上場企業で、役員全員が30代-40代前半と非常に若く、時価総額も1,000億円を超えています。

時価総額1,000億円を超えている会社というと、同じ領域で戦っているコスモ石油さんと同じような世界まできている。

毎日「ミドリムシ、ミドリムシ、ミドリムシ」と言っていれば、このような結果になる訳ではありません。

なぜ今日出雲ではなく僕が来ているのかという話でいうと、社会的イノベーションを起こすためにはパッションと、それを実現する力が絶対に必要だと思っています。

パッション x 実現力

小林 メモですメモ。

永田 みなさんの中に、若くして色々な想いを持っている人がいると思います。

だけど、どうやってそのように世界を変えるのですか?

人口が何十億人もいる中の、本当に困っている人達のために、(社会に)何かを認知させようとする時、お金が必要となります。

実際に実現化する事業をどう進めるのか、色々な具体性が必要だと思います。

役割分担としては、18歳の時バングラデシュへ行き「本当に世界を変えたい」と思っている出雲が、最高のリーダーとしてビジョンを意訳する。

それをどうすれば実現できるのかを毎日毎日考え、100億円必要であれば100億円準備し、色々なことを実現し、出雲充を世界に送り出すということが僕の仕事だと思っています。

僕は出雲が大好きなんですよね、可愛い顔をしていて、愛らしいなと思っているんですけど。

今日会場にいる人全員が、実際に20代でビジョンのある大社長になるか分からないけれど、そういった人に感化され、世界を一緒に変える裏方になるということもあると思います。

今なぜユーグレナに面白みがあるかというと、パッション×パワーだと思っています。

この力の部分をどのように実施してきたのか説明することで、皆の中で夢を実現することの蓋然性が高まればすごく嬉しいなと思っています。

僕自身の紹介は紙に書いてありますので飛ばしますが、大学卒業後投資ファンドに入社し、一番初めにユーグレナに投資をしました。


永田 暁彦さんのご経歴

株式会社ユーグレナ 取締役 財務・経営戦略担当
株式会社ユーグレナインベストメント 代表取締役社長
リアルテックファンド 代表

慶応義塾大学商学部卒。独立系プライベートエクイティファンドに入社。 同社でプライベート・エクイティ部門とコンサルティング部門に所属。2008 年にユーグレナ社の取締役に就任。ユーグレナ社の未上場期より事業戦略、M&A、資金調達、資本提携、広報・IR、管理部門を管轄。技術を支える戦略、ファイナンス分野に精通。現在はユーグレナ社の財務、経営戦略を担当するとともに、日本最大級の技術系 VC「リアルテックファンド」の代表を務める。

7年間で(投資した金額に対して)10,000倍になったので、皆さんからお預かりする10,000円が、7年後に1億円になるという(投資の)パフォーマンスがユーグレナではありました。

ただ、僕は出雲充を世界のイノベーターに引き上げたい、押し上げたいという想いがあり、投資後すぐ転職をしたので、僕自身はそのファンドからこの件に関して経済的なインセンティブは何も貰いませんでした。

まず、僕達がどのようなパッションを持っているのかということと、会社の概要からご説明できればと思います。

(続)

続きは 国連を目指していたユーグレナ出雲代表がミドリムシで起業したワケ をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/鎌田 さくら

【編集部コメント】

『機動戦士ガンダムSEED』で、戦局的に窮地の仲間を救いたいと思う主人公に、ヒロインが「想いだけでも、力だけでもダメなのです」と語る画面があります。そして、主人公はヒロインから最新鋭のガンダムという「力」を受け取り、平和な世界を作るための戦いを始めるのですが、まさに「パッション×力」でイノベーションを起こしているのではないでしょうか。(横井)

続編もご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。