メンタルの強い人は自分のことを名字で呼ぶ【SP-YI2 #2】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

メンタルの強い人は自分のことを名字で呼ぶ【SP-YI2 #2】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

2016年に配信した、石川善樹さんご登壇記事を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016 から、「試練に打ち勝つ強いメンタルの作り方」を5回に再編集してお届けします。石川善樹特集2(その2)は、活躍するアスリートや経営者から学ぶ「自分との対話術」などを中心に議論しました。ぜひご覧ください。

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております。



登壇者情報
2016年3月24日開催
ICCカンファレンス TOKYO 2016
Session 1B
「試練に打ち勝つ強いメンタルの作り方」
 
(スピーカー)
石川 善樹
株式会社Campus for H
共同創業者
 
出雲 充
株式会社ユーグレナ
代表取締役社長
 
佐藤 光紀
株式会社セプテーニ・ホールディングス
代表取締役社長
 
(モデレーター)
小林 雅
ICCパートナーズ株式会社
代表取締役

▶「試練に打ち勝つ強いメンタルの作り方」配信済み記事一覧

【前の記事】

【本編】

石川 実は最近、メンタルの研究を始めました。それでまず気がついたのが、メンタルの強い人は、自分のことを名字で呼ぶという特徴があるなと。

小林 矢沢永吉が自分のことを「矢沢」と呼ぶような(笑)

石川 そうです(笑)この間、本田圭佑の『プロフェッショナル 仕事の流儀』を見ていたんですが、彼は自分のことを「本田圭佑」とフルネームで呼ぶのです。

本田圭佑が自分を「本田圭佑」と呼ぶ理由

石川 象徴的だったのが、ACミランに入った当初はあまり活躍できなくて、彼もすごく悩んだようです。移籍しようかとすら考えたと。

その時です。本田さんは、とても印象的なことを言っていました。

「正直、チームから出ることも選択肢の一つかなと考えました。ただ、そこから本田圭佑との対話が始まるわけです」と。

自分のことを「本田圭佑」と呼んでいるのは、つまり自分を客観視して見ていますよね。そして、自分と対話し始める。

「逃げたいというが、ACミランを選んだのはお前じゃないか。それは、お前らしくないぞ」という具合に。

実は似たようなことを、イチローもよくやっています。ですから、自分を斜め上から見る感じで自分と対話する人というのは、メンタルが強いんじゃないかと思うのです。

小林 参加者の方にお伺いします。自分と対話される方というのはどれくらいいますか? 結構いらっしゃいますね。

石川 佐藤さんがすごく自分との対話をされているとおっしゃっていて、気になりました。

小林 どういう対話をされるのですか。

セプテーニ佐藤さんの「自分との対話術」

佐藤 ありとあらゆることです。

実は僕、普段あまり人と喋らないんです(笑)。

もちろん、仕事をしていて必要に応じて喋ることはあるのですが、それ以外ずっと黙っていることが多い。

ずっと黙っていても楽しいです。それはやはり自分と会話しているからなのかな、と。

これは小さい頃からの習慣で、そうなった理由は色々あるのですが、自分と対話するようになる。

例えば、朝起きて何かを始める時に、新聞を読んだとする。新聞の記事について気になる時事ネタがあったら、それについてどういうことなのかと考えますね。

そうやって考えると、自分に聞くのです。「これってどういうことなのだろうね」と自分に聞くと、「こういうことじゃないか」と返ってくる。

それに対して「いやいやこうでしょう」と反論すると、また反論が返ってくる。

これを何回かぐるぐる繰り返していると、結局そういうことかと納得して、ああ良かったという感じで終わるのです。

その間、内面ではいろいろ対話が繰り返されて、ディスカッションを経て一定の合意なり、納得なり、気づきがあって、議論が収束しているのですが、でも外から見てれば何ということもなくただ新聞を読んでいる人というだけなのですよね。

だから、その間で割と満足してしまっているのです。だから、人と話しているのも、この感覚とあまり変らない。

例えばここで石川さんと小林さんと出雲さんと話していても、自分と対話している感覚とあまり変らないんです。

だから、人と話しているのも、自分の中で話しているのも同じですから、感覚的にはずっとひとりで一日いて自分と話していてもそれなりに楽しい感じです(笑)

石川 自分のことを「佐藤」と呼びますか。

佐藤 それはまだ呼んでいないですね!(笑)

小林 出雲さんは結構ミドリムシを主語にして話すことがあるのですが、それも一種同じことなのでしょうか。ミドリムシを代表して、「ミドリムシは云々」と言いますでしょう。

言ったことは「言霊」として返ってくる

出雲 半分以上の主語はミドリムシですね。

小林 そうすると、自分はミドリムシであるという感覚になるのですか?

出雲 自分は明らかに多細胞生物ですから、ミドリムシではありません。ミドリムシというのは単細胞真核生物なので。でも、ミドリムシを確かに主語で使いますね。

佐藤 出雲さんを見ていて思うのですが、言葉にしてミドリムシという単語をたくさん使いますでしょう。

そうすると、だんだんミドリムシになっていっているような気がしませんか?もちろん、単細胞真核生物になっているという意味ではなくて。人格的な意味で、ミドリムシ的人格のようになっている。

ですから、そうやって言葉をずっと言い続けると、やはりその言葉を自分も聞いているので、ずっと刷り込まれて変っていくという感覚はやはりある。

だから、なるべく自分がこうありたいと思う状態を言葉にしています。

例えば、話す際にもなるべくマイナスな言葉を使わない。そういうことも普段から習慣化していて、自分が何て喋るかということにすごく気をつけます。

それは、やはり言ったことが返ってくるという、「言霊」ではないですが、そういう感覚があるからです。

ですから、出雲さんを見ていると、ミドリムシになるために言葉を発している感じがします。

出雲 私はあまり喋る内容がポジティブなのかネガティブなのかというよりも、もう少しニュートラルに考えます。

確かに、自分がこうなりたいとかそういうことはなるべく言葉にしないとまったく伝わらない。

「以心伝心」と思った瞬間に情報は丸くなる

出雲 以心伝心という言葉は非常に日本的なものであって、おもてなしとか、察するとか、空気を読むとか、大切だとおっしゃる方もいらっしゃいますが、私は以心伝心ではなくてどんな内容であっても言わなければわからないと思うのです。

少なくとも科学ないし研究やビジネスもそうだと思うのですが、今、ビジネスのここが上手く行っていないとか、研究のここが上手く行っているのですというのは、以心伝心で伝わると思った瞬間に非常に情報が丸いものになってしまう。

これでは受け取る側が非常にセンサーを発揮しないと正しく、どういう現状で、どういう情報なのかというのがわからなくなってしまう。

私は情報を受け取る側のセンサーを鍛えるということはこれ以上は難しいと思っています。

今は山ほど情報があると思いますから。なので、発信する側が、発信する意図で捨象せず、非常に具体的に伝えられるかどうかということが大事だと思っています。だから、自分もそうしたいと思っているのです。

日本のプロフェッショナルが持つ3つの共通点

石川 なるほど!関連するかどうか不明ですが、「日本人のプロフェッショナルにはどういう特徴があるのか?」、という話を思い出しました。

この話をしてくれたのは、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』のプロデューサーだった有吉さんという方です。

彼に言わせると、色々なタイプのプロフェッショナルがいたが、どうも共通している要因が3つあると。

一つ目は、何故かとんでもない困難へ飛び込んでいく人が多いということ。そして、自分でも「嫌だな」と思うらしいのです。何でここへ行かなければならないのかと。このとんでもない困難へ飛び込んでいくというのが一つ。

二つ目は、やはり困難へ飛び込んだ時は不安になる。その不安に対処する術を持っている。

そして、三つ目は、異分野の友達を持っている。と言うのは、困難へ飛び込んだ時というのはどう対処して良いかわからないし、メンタルだけではどうしようもないことも多い。その時に、異分野の友達がいると良いらしいのです。

それでは、どれくらいの異分野が良いのかという研究もあります。長く活躍できる人の特徴というのを調べた研究があるのですが、だいたい長く活躍する人は五つくらいの専門分野を持っている人が多いらしいです。一個とか二個だけだと一発屋で終わってしまう。

だから、そういう意味で言うと、五つくらいの違う分野の人と付き合っておくといいのかなと思うのです。小林さんはどうですか。

お知りあいに多くのいろいろな人がいらっしゃいますよね。例えば、普通だったら私のような研究者と小林さんは、知り合わないと思うのです。

小林 石川さんについては、以前(2012年)この会場でTEDxUTokyoというのをやっている時に「この人すごく面白い人だな」と思って話を聞いていて、僕が話しかけに行ったということでした。

そういうことがキッカケです。

出雲さんについても、R-SICという社会起業家が集まるカンファレンスの同じパネル・ディスカッションでご一緒したときに「この人本当に面白い人だな」と思って、「ぜひ我がイベントへ」というふうにリクルーティングをした。

それからずっとラブコールを送り続けて実現するというような感じでした。

また、ブログで発信するということもやります。今ではFacebookなどでもいろいろ書いていますが、佐藤さんは僕のブログを読んで問い合わせが来たということでした。

習慣としてアウトプットをし続ける

石川 そういうこともあるんですね!

佐藤 そうなんですよ。ブログを見ていたら、面白いことを書いている人がいたので。僕は生まれてこの方ブログへ問い合わせをしたのはその一回限りです(笑)

小林 セプテーニの佐藤です、とメールが来るのですよ。ビビリます。

佐藤 面白いですねというふうに。何か面白かったんでしょうね、きっと。そして、問い合わせ欄にコメントをした。それが小林さんだったんです。ですから、小林さんのことは知らずに記事を見て面白かったということだった。

小林 僕の習慣としては、アウトプットをすごくよくしていますね。

僕、自分のFacebookグループ(「ICC経営論」)というのがあるのです。自分の経営論というものを語るグループがあって、ひたすらそこにアイデアや考え方を書く。

例えば、ICCのロゴを映すのだったら見える位置に作るべきだ、というようなことを書いて自分で読んでいる。

もちろんICCの運営チームのコアメンバーや仲の良い経営者が読んでいるのですが、完全に独り言なのです。

ひたすらそれをやり続けて改善していく。そういうことをやっています。

石川 それは面白いですね!

有吉さんの言ったとんでもない困難だったり、不安に対する対処だったり、異分野の友達が必要だったり、ということは、どこでもあまり習わないですよね。

そもそもとんでもない困難へ飛び込むという時点で、プロフェッショナルというのはちょっと気が狂っているもいえます。例えばですが…きっと普通の人なら、こういうICCカンファレンスのようなイベントをやろうと思わないんじゃないでしょうか(笑)

1人で運営マニュアル300ページを書き切る

小林 「ICCカンファレンス TOKYO 2016」の運営マニュアルは300ページくらい全部自分で書きました。ステージ横にいるスタッフが持っている「開始30分経過」なども自作です。

それを、30分経過したら出せというふうにマニュアルに記載がある。

そして、必ず「モデレーターがこちらを向いているから、その方向へ向かって出せ」というような指示がすべてに渡って書いてありまして、誰でもできるようにしようという感覚でやる。

石川 それは出雲さんがおっしゃったことですね。すなわち、センサーを高めるのはもう無理だから、全部書いているのですよね。

小林 全部書いているのです。細かく書く。それからビジュアルを利用する。

これをいつこう出しましょうというのを、具体的に、箇条書きではなくて、文章やビジュアルで書く。

すると、自分自身がほぼ暗記するくらいになる。

そうやって暗記するくらいになると、いろいろなことを発見するわけです。なるほど、これはこうしたら良いのではないかというふうになって、興味がわいて、次へ繋がって行く。

石川さんの話を聞いて面白いなと思ったのは、例えばこうしたイベントを運営するためにはホテルとかレストランの運営を知らければならないから、素晴らしいレストランへ行ってみようということになる。

そして、いろいろ詳しく聞いていくと仲良くなる。そんなことをやっています。

石川 興味の幅が広いですよね。

小林 広いと思います。

ですから、最近は石川善樹ファンになっているのです。

(編集注:ファンになった結果、このような「石川善樹」の特集記事を配信しております!)

ゾーンとかメンタルとか好きなので、「石川善樹」とどんどんいろんな人を対談させよう、対談させたらいろいろ面白い話が出てくるのではないか、というふうに企画を考えている状態です。

視点の高さを見直すエグゼクティブたち

石川 結局、その視野を広げるためには、視点が高くなければならないということがあります。

実は先ほどのフロリダの施設はなぜ5,000ドルもとるかというと、まさにその視点の高さを見直すからなんです。

例えば金メダルを取ったような人たちが来るのです。テニスのランキング1位とか。もう商用の飛行機に乗ったことはありませんというようなエグゼクティブがいっぱい来るのです。

その中でジム・レーヤーさんは、彼らに共通した悩みがあると気づきました。いわゆる成功というものを手にした人たちというのは、結果として虚しさが残っている。

人は成功を手に入れれば入れるほど、逆に成功から追い立てられるようになる。金メダルを取ったは良いけれど、そうしたら次に何をしたらいいのだっけ、ということは実は誰も教えてくれない。また金メダルを取るのですか、という話になる。

もちろん自分の成績を上げたり会社の経営のことは一生懸命考えてきたのだけれども、自分のパフォーマンスを高めて夢なり成功なりを追いかけた果てとして、「結局自分はどうなりたいのだっけ?」ということをあまり考えてこなかったというのです。

小林 それは面白いですね。

石川 それを、このフロリダの施設まで来て、エグゼクティブたちが考えるのです。そんなことって、普段考える暇はないでしょう。

もちろん、「俺、こんなことやりに来たんじゃないし!」と怒りだす人もいるらしいのです。でも、そういう人に限って、「いやあ、良かったわ」と帰ってゆく(笑)

ですから、そういう自分の内面ですね。日本ラグビー・フットボール協会の中竹竜二さんの言っていたインナー・ドリームです。

(2016年2月、日本ラグビーフットボール協会の中竹氏との対談風景)

(中竹さんの発言を引用)
2016年2月17日開催のICCカンファレンスのセッションより引用

リゾナンス・パフォーマンス・モデルという言葉があります。これはドリームという言葉を使う。ドリームというと本当に夢、アメリカンドリームのような話を思い浮かべると思いますが、ここで言う、心理学の中で言う「ドリーム」とは、自分の中にあるドリーム。

どちらかと言うと小さな喜びなのです。僕なんかはインナー・ドリームと言っている。要するに、本当に世界を制しているトップアスリートは、実はインナー・ドリームを大事にしているのです。このドリームは何かと言うと、勝ってみんなから祝福されたとか優勝して胴上げされたとかではないのです。

それらは勝った結果の喜びですが、そうではなく、とにかく「走る瞬間が気持ち良い」とか、「泳いで右手を入れる瞬間に快感を感じる」とか、「バットを振る時の腰を入れる感じで喜びを感じる」とかという、勝ち負けではない、自分の特に身体の部分で喜びを感じるというものなのです。

このモデルは結構前に研究されたのですが、実は先ほど言ったレジリエンスをやる時に、これも導入して、選手たちにワークさせて、「お前たちのドリームは何なのだ」と尋ねる。「勝ちたいとかではなくて、お前の本当の喜びは何なのだ」ということを相当ワークで詰めてやったら結構成果が出た。

しかし、30人中ドリームが本当に見つかった人間は5人くらいしかいませんでした。すごく難しいのです。その研究でも、インナー・ドリームを本当に見つけるのは難しいということが言われている。トップアスリートでさえ見つけられない人もいるのですが、見つけた人は長く競技を続けられるのです。

インナー・ドリームを見つけた人が長く活躍できる

小林 自分もそうなのですが、今みなさんが付けている名札がありますでしょう。それはすべて僕が500名分すべて入力しました。普通、こんな面倒くさい作業など経営者はやりません。

しかし、入力する時に「ああ、この人と久しぶりに会うな」と顔を思い出しながらとか、「会ったことないな、この人」と思いながらとか、結構楽しくやっていました。

このように、インナー・ドリームという話しを聞いてから、日々の活動や作業を通じて楽しさや喜びを感じているようにしていたら、すごく幸せになれましたね。

石川 中竹さんがおっしゃっていたのは、「どこに勝ちたい」とではなく、例えばボールを蹴るときのこの動作が気持ち良いのだとかいうのがインナー・ドリームらしいのです。

あるいは水泳なら、手が水に入る時のこの感覚が好きで、これを追いかけたいというのがインナー・ドリームらしいのです。彼の感覚だと、例えば30人の代表選手がいた時に、それを見つけられる人というのは5人くらいだと言っていました。

このインナー・ドリームを見つけた人というのが長く活躍できる。だから、イチローなんかはずっと自分の感覚を追いかけているのでしょうね。だから長くできるというのもあると思います。

佐藤 今日の参加者の方は会社を経営されたり起業されている方が多いと思うのですが、私も会社を経営していて、その、インナードリームについて考える瞬間があります。

究極の話、会社を経営していると、当たり前ですが競争があり、競争の結果として事業の成功や失敗があったりする訳ですが、その競争をしていく過程で、世界一ということを意識するようになりました。

アスリートにとっての金メダルが会社経営にとっては何かを突き詰めて考えれば「世界一になる」以外にない。

経営成績において世界一になること以外、ゴールはない。例えば、時価総額という企業価値の観点から言うと、スティーブ・ジョブズが亡くなる直前にエクソンモービルを抜いて世界一になった。今はまた状況は変わっていますが。

その時考えたこととして、一つの経済競争のピラミッドの中で、金メダルを取らなければならないということを目標にすると、「スティーブ・ジョブズに勝つ人生以外はクソだ」という結論以外、残らないのではないかと。ロジカルに考えて行くと。

その人一人、金メダルを取った人以外に価値はないとすると、これはなかなかに大変です。

つまり、メンタルの話に紐付けるとこうなります。「生」と「死」の競争で言えば「ここを取らなければ死である」と。資本市場の論理で言えばそうなりますでしょう。でもそれは当然世界で一人しかなれない。世界中に経営者はたくさんいますが。

すると、金メダルを取れば「生」、取れなければ「死」、という価値観で仕事をすれば、これはなかなか大変なので、少し違うアプローチの方が良いかなと思うようになりました。

結果として金メダルは取れるかもしれないけれど、結果としてジョブズを抜けるかもしれないけれど、それはある過程を経た結果であって、その過程、プロセス一つ一つの節目を思いっきり充実させて楽しんだ方が、結果的にゴールへも近づけるのではないかと、自分の考え方を整理しました。

(続)

続きは 〔石川善樹〕第一線で長く活躍する人は日々の目標設定が違うをご覧ください。

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/石川 翔太

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

続編(その3)では、長く活躍する人の目標設定は何が違うのか?といった問いを中心に議論しました。是非ご期待ください。感想はぜひNewsPicksでコメントを頂けると大変うれしいです。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。