takram design engineering – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

〔AI特集〕AI時代に子どもは何を学ぶべきか?【SP-AI1 #4】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016から、AI時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが議論したセッションを4回に再編集してお届けします。AI特集(その4)は、会場からの質問を受け付け、これからの時代に子どもに何を学ばせるべきか?といった点を議論しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

〔AI特集〕AI時代において生き残るために必要なのは人間力【SP-AI1 #3】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016から、AI時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが議論したセッションを4回に再編集してお届けします。AI特集(その3)は、AI時代に本当に必要になる能力について議論しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

〔AI特集〕AIは人間の役割をどう変えるのか?【SP-AI1 #2】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016から、AI時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが議論したセッションを4回に再編集してお届けします。AI特集(その2)は、人工物と人間の境界を探り、人間の役割はどう変わるのか?といった点を議論しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

【新】〔AI特集〕人間の仕事はAIに代替されてしまうのか?【SP-AI1 #1】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016から、AI時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが議論したセッションを4回に再編集してお届けします。AI特集(その1)は、AIの可能性と限界から、人間の仕事は奪われるのか?といった点を議論しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

気鋭のクリエイターが議論する「クリエイティブとは何か?」

ICCカンファレンス CONNECTION 2016 においてaugment5 Inc. 井野 英隆 氏、NOSIGNER株式会社 太刀川 瑛弼 氏、そしてPARTY 中村 洋基 氏の3名と、P&GやDeNAでマーケティングをリードしたBloom&Co.彌野 泰弘 氏をモデレーターとしてお迎えし、「クリエイティブの力で世界を動かす」をテーマに議論しました。4回シリーズ(その4)はこれまでの活動紹介を踏まえ、4名で「クリエイティブとは何か?」や「クリエイティブ・デザイナーをどう見つけるか?」という本質的な問いに迫りました。是非御覧ください。
記事を読む

「人工知能時代に磨くべき力とは?」最先端の研究者が語る今後求められるスキル

「人工知能によって人間の仕事は代替されてしまうのか?」や「ヒューマンオーグメンテーション(Human Augmentation=人間拡張)テクノロジーが人間の存在をどう変えうるのか?」といった、20〜30年後の人工知能時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが真剣に議論。ICCカンファレンス TOKYO 2016の参加者から賞賛を集めた、最先端研究の動向に関する記事を是非ご覧ください。 (その3/最終)は会場参加者からの質問等を通じて、人工知能時代に求められるビジネスの戦い方や教育といった、議論を踏まえての具体的なアクションについて議論しました。最後まで是非ご覧ください。
記事を読む

「人間の仕事はAI(人工知能)に代替されてしまうのか?」最先端の研究者が描く知能と生命の境界

「人工知能によって人間の仕事は代替されてしまうのか?」や「ヒューマンオーグメンテーション(Human Augmentation=人間拡張)テクノロジーが人間の存在をどう変えうるのか?」といった、20〜30年後の人工知能時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが真剣に議論。ICCカンファレンス TOKYO 2016の参加者から賞賛を集めた、最先端研究の動向に関する記事を是非ご覧ください。 (その2)は「人間の仕事はAI(人工知能)に代替されてしまうのか?」という問いから、最終的に「人工物と人間の境界」といった根源的な議論を展開しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

「IoTからIoAへ」最先端の研究者が考える人工知能と人間の未来

「人工知能によって人間の仕事は代替されてしまうのか?」や「ヒューマンオーグメンテーション(Human Augmentation=人間拡張)テクノロジーが人間の存在をどう変えうるのか?」といった、20〜30年後の人工知能時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが真剣に議論。ICCカンファレンス TOKYO 2016の参加者から賞賛を集めた、最先端研究の動向に関する記事を是非ご覧ください。 (その1)は登壇者の研究内容の紹介と参加者の問題意識の共有を行いました。
記事を読む

イノベーションを起こすチーム・個人の特徴は越境性と超越性

「イノベーションを牽引するチームの特徴として大事だと思っているのは、『越境性』と『超越性』です。越境性とは、分野を軽々とまたいで仕事をしていくこと。自分自身の専門性がデザインだろうが、マーケティングだろうが、技術だろうが関係無い。
記事を読む

第5世代(ハードウェア・エレクトロニクス・ソフトウェア・ネットワーク・サービス)の次はデータとAIの時代

「(第5世代のサービスの時代では)Human-centered designみたいな人間中心設計という話があるんだけど、AIの世界になると、機械同士が取引したりし始めるので、Machine-centered designみたいなコンセプトが、この10年くらいで台頭してくると」とtakram design engineering 田川さんは語ります。
記事を読む

「ビジネス」「テクノロジー」「デザイン」の三要素の結合からイノベーションが生まれる

「ビジネスとテクノロジーとデザインが、上流から一緒に仕事をすべき」「ビジネス感覚を持ち、テクノロジーを理解する、有能なデザイナーの存在が重要」とtakram design engineering 田川さんは語ります。 ICCカンファレンス TOKYO 2016に登壇したtakram田川さんとファクトリエ山田さんの対談の(その1)をご覧ください。
記事を読む