遊休スペースと駐車ニーズをスマホでつなぐ「akippa」【F17C-AKP #1】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

遊休スペースと駐車ニーズをスマホでつなぐ「akippa」【F17C-AKP #1】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

akippa金谷元気さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その1)は、ネットで空き駐車場を予約できるシェアリングサービス「akippa」の概要についてお話し頂きました。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひご覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト(CATAPULT)」のオフィシャル・サポーターです。

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」「カタパルト・グランプリ」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
CATAPULT GRANDPRIX (カタパルト・グランプリ)
Supported by IBM BlueHub

金谷 元気
akippa株式会社
代表取締役社長

1984年生まれ。akippa株式会社 代表取締役社長。高校卒業後より4年間、Jリーガーを目指し関西リーグなどでプレーし、22歳で引退。その後上場企業にて2年間営業を経験し、2009年2月に会社設立。2014年より契約されていない月極駐車場や、個人宅の駐車場を15分単位で貸借りできる 駐車場シェアサービス「akippa」を運営している。

空き駐車場シェアリングサービス「akippa」の配信済み記事一覧

金谷元気氏(以下、金谷) 駐車場サービスakippaの金谷と申します。

本日はよろしくお願いいたします。早速ですがakippaのサービスについてご紹介します。

akippaとは駐車場のシェアサービスで契約されていない月極駐車場や空いている個人宅の駐車場を15分単位でネット予約して使えるという駐車場サービスです。

2016年11月より空き駐車場を活用したO2O(Online to Offline)サービスも開始しました。

まずはビデオをご覧ください。

▼動画の抜粋▼

車でお出かけ中、どこも満車で駐車できない、駐車料金が高い、入出庫の渋滞がうんざり、そんな経験はありませんか?

そんな時はすべてakippaで解決。akippaは空いているこれらの駐車場(個人宅の駐車場、月極駐車場)を15分単位で借りられるサービスです。

ネットで事前予約できるので、駐車場を探し回ることもなく、もともと空いている場所を利用するので料金も低価格。

使い方はいたって簡単。登録されている駐車場から選んで駐車するだけ。ネット決済で料金も明確。

アプリもあります。まずは簡単無料の登録を。

▲動画の抜粋終わり▲

akippaの収益モデル

金谷 収益モデルは、akippaは駐車場を借りる人から駐車料金をいただくというものです。そして駐車料金の60%を、駐車場を貸す人へお渡しするというビジネスモデルです。

akippaに残るのは約40%ですが、そこから決済手数料やコールセンター運営費などに当てています。

akippaの事業機会

そもそも時間貸し駐車場が足りていないという問題がありました。

日本全体では、一般財団法人 自動車検査登録情報協会によると7,600万台の自動車台数に対して500万台分のコインパーキングしかないため、東京都で6万3,000台、大阪府で3万1,000台が毎秒路上駐車されているのが現状です。

いまこの瞬間も東京と大阪だけで約10万台の車が路上駐車されています。またそれをきっかけとした事故もたくさん起きています。

その一方、時間貸しではない駐車場は余っておりまして、月極駐車場、個人宅、マンションなどを含めて1億台以上の駐車場がありますが、そのうちの3,000万台以上が遊休状態となっています。

そこでakippaは「遊休スペース」と「駐車ニーズ」をスマホでつなぐということを行っています。

akippaの特徴

akippaの特徴は大きく3つあります。

1つ目はネット予約が可能です。全ての駐車場が『ネット予約』できます。

2つ目はリーズナブルな価格設定です。

例えば六本木駅前にakippaの駐車場が数か所ありますが、15分100円で利用できるので、当日最大でも1,728円です。

皆さまにはこの料金がピンとくるか分からないのですが、PPPark!という比較サイトで比べますと、六本木駅周辺に約27か所の駐車場があるのですが、1位、2位、同率2位と全てakippaで1,728円から2,160円となっています。

下位では朝9時から夜の12時まで駐車するだけで1万8,000円もかかる駐車場もあるので、こういった駐車場と比べると1/10くらいの値段で利用することができます。

akippaの特徴の3つ目としては、スマートに利用できるということです。

現地には機器がないので、精算機の代わりにスマートフォンでクレジットカード決済か、もしくはキャリア決済をしていただくことになります。

(続)

akippa金谷元気さんのプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

続きは 駐車場予約サービス「akippa」低価格のカラクリ ご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/piyochan501

【編集部コメント】

金谷さんのご経歴を読むと、サッカー選手を目指していた時期があったとのこと。サッカー選手を目指していたり、サッカー選手を引退したりした方が起業した例はいくつか耳にしますね。(横井)

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」「カタパルト・グランプリ」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。