ラディウス・ファイブは、AIプラットフォーム「cre8tiveAI」でクリエイティブの世界に革命を起こす!(ICC FUKUOKA 2019)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

ラディウス・ファイブは、AIプラットフォーム「cre8tiveAI」でクリエイティブの世界に革命を起こす!(ICC FUKUOKA 2019)【文字起こし版】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット FUKUOKA 2019 スタートアップ・カタパルト 3位入賞に輝いた、ラディウス・ファイブ 漆原大介さんのプレゼンテーション【ラディウス・ファイブは、AIプラットフォーム「cre8tiveAI」でクリエイティブの世界に革命を起こす!】の文字起こし記事をぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット KYOTO 2019は2019年9月2日〜5日 京都での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット FUKUOKA 2019 プレミアム・スポンサーのラクスル様、プラチナ・スポンサーのIBM BlueHub様にサポート頂きました。


【登壇者情報】
2019年2月19日〜21日開催
ICCサミット FUKUOKA 2019
Session 1B
STARTUP CATAPULT
スタートアップの登竜門
Supported by ラクスル & IBM BlueHub

(プレゼンター)
漆原 大介
株式会社ラディウス・ファイブ
代表取締役
公式HPa>|STARTUP DBa>|Linkedinページa>

早稲田大学卒業後、独立系のベンチャーキャピタルに入社し、IT関連を中心にベンチャー投資やコンサルティングを行う。DeNAに入社後はゲームディレクターとして「怪盗ロワイヤル」の全盛期を支えた後、新規タイトルをプロデュースする。その後、人材系スタートアップの立ち上げに参画して、アプリなどの事業開発を推進。2015年9月に株式会社ラディウス・ファイブを創業、代表取締役に就任し、AIプロダクトの企画や事業開発のコンサルティングを行なっている。

「ICC FUKUOKA 2019 スタートアップ・カタパルト」の配信済み記事一覧


漆原 大介氏 よろしくお願いします。ラディウス・ファイブの漆原です。

当社はこれまで、ゲームやアニメなどのクリエイティブな仕事に携わってきました。

一見華やかに見えますが、クリエイターが「非」クリエイティブな仕事を膨大にこなしながら、作品をつくり上げています。

血のにじむような努力は美しいですよね。

しかしそうした美談が、クリエイターを苦しめる「非」クリエイティブな仕事を増やしているという状況です。

当社ではそういった状況に一石を投じたいと考え、クリエイティブなAIの開発を行いました。

私たちは、AIによって人がクリエイティブになれる世界を創っていきます。

写真・イラストを高解像度に変換するAIを開発

では、クリエイティブなAIとはどのようなものでしょうか。

2019年2月にリリースしたばかりのニュープロダクトをご紹介します。

当社は写真やイラストを世界で一番美しくするAIを開発しました。

こちらの写真をご覧ください。

この写真が当社のAIによって、こうなります。

動物の毛まで細かく再現されています。

画質の粗い花束の画像もきれいに生まれ変わります。

もちろん人の画像も

驚くほどクリアになります。

写真だけではありません。

写真より難易度が高いイラストにおいても、高解像度化に成功しています。

いかがでしょうか。

ぼけていたイラストがかなりシャープになっています。

こちらの粗いイラストも

このようにクリアになります。

これらは、AIが低解像度の画像から予想される高解像度画像を学習し、低解像度画像だけから高解像度画像を推測できるニューラルネットワークを構築することによって実現しています。

アップロードするだけで動画の高解像度化も可能に

こちらのデモ動画をご覧ください。

AIというと難しいイメージがありますが、我々のAI利用方法は極めてシンプルです。

ブラウザ経由でファイルをアップロードするだけです。

数秒〜10秒程度待つと高解像度化することができます。

さらに、我々が開発しているのは静止画だけではありません。

なんと動画の高解像度化も実現しています。

こちらのデモ動画をご覧ください。

いかがでしょうか?

画質が良くなっていることがお分かりいただけるかと思います。

ご存じのとおり、2018年12月から新4K8K衛星放送が始まっています。

高精細な動画を作るニーズ、過去の動画を高解像度化するニーズが、これからますます高まっていくと考えています。

cre8tiveAIは、あらゆる作業をこなすAIプラットフォーム

少し長くなってしまいましたが、ここまでは序章です。

我々が実現したい世界は、高解像度化だけではありません。

ニュープロダクト「cre8tiveAI」の本質は、「クリエイティブなことができる、AIツールのプラットフォーム」です。

では、ほかのAIツールをご説明します。

こちらのAIを順次プラットフォームに追加していきます。

簡単にそれぞれのAIをご紹介します。

色を鮮やかにするAIです。

デザイナーが作業すると3分、AIなら10秒です。

物体を除去して、その背景に何があるかを推測して背景まで生成するAIです。

デザイナーなら10分、AIなら10秒です。

背景を切り抜くAIです。

デザイナーなら15分、AIなら10秒です。

着彩をするAIです。

デザイナーなら60分、AIなら10秒です。

元画像の周辺にふさわしい画像を生成するAIです。

周辺を拡張することができます。

デザイナーなら3時間、AIなら10秒です。

画像に移っている物体を認識して、レイヤー分けしつつ背景まで補完してくれるAIです。

デザイナーなら5時間、AIなら10秒です。

オリジナルイラストを自動生成するAI「彩ちゃん」

最後に、当社が開発を続けているクリエイティブAI「彩(さい)ちゃん」をご紹介します。

これは、新しいイラストをつくり出すことができるAIです。

人がイラストを制作する場合、通常、制作指示書の作成からラフ、線画、着彩、納品という工程をたどります。

何人もの人が関わって、何回もフィードバックを繰り返し制作を進めていきます。

その結果、待ち時間なども含めると1枚のイラストを制作するのに80時間以上の時間がかかります。

では、クリエイティブAI「彩ちゃん」がイラストを生成するとどうなるでしょうか。

こちらのデモ動画をご覧下さい。

わずか10秒で、組み合わせではないオリジナルのイラストを手に入れることができます。

ちなみに上半身のイラストをこのクオリティで実現できているのは、世界で当社だけです。

さらに全身の構造をここまでとらえたイラスト生成も、世界で事例がありません。

全身のイラスト生成を成功させ、その先には3Dの生成を見据えています。

3兆円超のクリエイティブ市場に、イノベーションを起こす

次に、市場規模を見ていきます。

クリエイティブAIの市場規模は、推定で約3,000億円です。

たとえば「背景の切り抜き」は国内だけでも約40億円のアウトソーシング市場があります。

グローバルでは400億円のマーケットがあると推定しています。

直接雇用しているデザイナーの人件費も考えると、市場規模は数倍になる可能性があります。

イラストや3Dのアウトソーシングの市場は、1兆円以上あります。

直接雇用しているデザイナーの人件費も含めると、3兆円を超える市場があると考えています。

当社は、これらの市場に破壊的なイノベーションを起こしていきます。

さらに当社のAIは、1回あたりの利用料が480円以下という超低価格なプライシングで提供します。

サブスクリプションの場合、1カ月あたりの利用料を1万円未満の金額で提供していこうと考えています。

では、どのような企業がターゲットになるのでしょうか。

写真やイラスト、3Dを扱っているすべての企業がターゲットになると考えています。

印刷、アニメ、映像、IT、人材など、さまざまなニーズにこたえていきます。

とくに印刷業界などは、クライアント側から提供される30%の画像が、画質が悪いという話を聞いています。

そのうちの50%を失注しているという話も聞いていますので、かなりいいソリューションになると考えています。

そして当社が提供するクリエイティブAIは、一気に世界展開を行います。

AIの素晴らしいところは、場所を選ばず、24時間365日、均質に低コストで稼働してくれるということです。

世界中のクリエイティブニーズにこたえるために、ローンチと同時に21言語、50か国以上に対応しました。

最後に経営チームです。

私、漆原がビジネス面を担当しています。

AIの開発はパートナーの菅原健太が行っています。

彼はAIの開発において間違いなく日本トップレベルの技術力を保有しています。

デザイナーやプランナーの経験もあるという特異な存在で、クリエイティブやエンタメ関連のAIをつくる上では、最強の人材だと思っています。

我々は、AIによって人が「非」クリエイティブな仕事をしなくてよい世界を創ります。

それによって創造的なことをする時間を生み出し、人がクリエイティブになれる世界を創っていきたいと考えています。

ご清聴ありがとうございました。

(終)

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/三木 茉莉子/尾形 佳靖/戸田 秀成/小林 弘美

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。