ベースフードは、7種の完全栄養食で“世界の主食”にイノベーションを起こす!(ICC FUKUOKA 2019 カタパルト・グランプリ)【文字起こし版】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

ベースフードは、7種の完全栄養食で“世界の主食”にイノベーションを起こす!(ICC FUKUOKA 2019 カタパルト・グランプリ)【文字起こし版】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット FUKUOKA 2019 カタパルト・グランプリ 同率4位入賞に輝いた、ベースフード 橋本舜さんのプレゼンテーション【ベースフードは、7種の完全栄養食で“世界の主食”にイノベーションを起こす!】の文字起こし記事をぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット KYOTO 2019は2019年9月2日〜5日 京都での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット FUKUOKA 2019 プラチナ・スポンサーのAGSコンサルティング様にサポート頂きました。


【登壇者情報】
2019年2月19日〜21日開催
ICCサミット FUKUOKA 2019
Session 6B
CATAPULT GRAND PRIX (カタパルト・グランプリ) – 強者が勢揃い –
Sponsored by AGSコンサルティング

(プレゼンター)
橋本 舜
ベースフード株式会社
代表取締役
公式HPSTARTUP DBLinkedInページ

1988年生。東京大学教養学部卒。株式会社DeNAに新卒入社。月商10億円規模のソーシャルゲームのプロデューサーを経て、新規事業部署に移り、駐車場シェアリングサービスのakippaの立ち上げ支援、及び、自動運転タクシー・バスの開発を行うロボットタクシーの立ち上げに従事。2016 年6月に退職し、ベースフード株式会社を創業。「主食をイノベーションして 健康を当たり前にする」をビジョンとし、世界初の完全栄養の主食”BASE PASTA”を開発。販売開始後、日本のAmazonで食品人気度ランキング1位を獲得。現在は、Direct to Consumer × Subscription という販売手法を中心に、国内でのさらなる普及と海外展開の準備を進めている。

「ICC FUKUOKA 2019 カタパルト・グランプリ」の配信済み記事一覧


橋本 舜氏 よろしくお願いいたします。ベースフードの橋本です。

弊社のミッションは「主食をイノベーションして、健康を当たり前に」です。

まずは、商品のムービーをご覧ください。

弊社は、小麦の全粒粉、チアシードや昆布をブレンドした麺「BASE PASTA」を製造・販売しています。

これを食べるだけで、栄養士さんが作る献立と同じ栄養素を摂取することができます。

D2Cモデルで販売、定期購買で完全栄養食を習慣化

弊社のビジネスモデルのご説明です。

いわゆる“ Direct to Consumer (D2C)”と呼ばれるモデルです。

商品は完全にオリジナルで開発し、委託工場で生産、委託倉庫で保管します。

お客様にはウェブサイトやスマートフォン等を通してご購入いただき、その情報を倉庫と連携、クロネコヤマトなどの宅配便でご自宅にお届けします。

また、定期購買がメインなので、毎月お届けします。

弊社が一貫して、製造から小売りまでをやっています。

お客様にとってのメリットは、スーパーに置いていないようなユニークな商品が手元に直接届き、上流から下流までカバーされたカスタマー・エクペリエンス(CX)と、食べ物に関してとても大切な「つくり手の顔が見える」という安心感がある、という点です。

また、定期購買でお届けしているので、健康において最も難しい「習慣化」が可能になります。

加えて、お米などの主食は重量がありますが、重たい主食を買いに、わざわざスーパーへ出向かなくてもよいという利便性もあります。

定期購買者数・EC売上は前年比10倍に成長

次に、実績です。

昨年のICCサミット FUKUOKA 2018 スタートアップ・カタパルトで準優勝させていただきました。

▶︎参考:BASE FOODは、完全栄養パスタ「BASE PASTA」から主食にイノベーションを起こしていく(ICC FUKUOKA 2018)【文字起こし版】

それまでの実績もありましたが、ICCでも高い評価をいただいたことで、おかげさまで大きく成長しました。

定期購買者数もEC売り上げも10倍に成長しています。

また、2018年12月にテレビ番組『ガイアの夜明け』で組んでいただいた「ラーメン凪(なぎ)」さんとのコラボ「健康なラーメンを世界へ」という特集でも、大きな評判をいただいております。

日本が抱える社会課題「健康格差」をなくしたい

弊社は、このような社会課題に取り組んでいます。

日本の、特に我々の世代にとっての最大の社会課題は、少子高齢化による社会保障費の増大だと考えています。

医療が大きく進歩していく中、予防にも力を入れることが必要です。

70歳、80歳になっても元気に活動できる社会をつくらなければ、我々の世代には厳しい未来が待っています。

そこでの最大の問題は「健康格差」です。

当然健康にはなりたいけれど、時間がない、手間をかけられない、という人が健康になれる社会をつくる必要があると考えています。

そのような多忙な方々も含めた全ての人の健康を支えるため、弊社はサラダなどの「副食」ではなく 「主食」であるパンやラーメンに取り組んでいます。

それらを1ヶ月分のセットにして、毎月ご自宅にお届けする。

しかも簡単においしく食べられるようなレシピ集もお届けする、というサービスを提供しています。

子どもは月20回の学校給食があるので、栄養計算された食事を月20回食べることにより、どんな家庭環境の子どもでも健康の基盤を作ることができます。

一方、社会人に関しては「健康は自己努力」となっています。

しかし弊社が月20回主食をお届けすることができれば、「大人の給食」が実現可能になります。

「三拍子そろった主食」を実現する高い技術力

弊社は、バランスのとれた栄養が「一食だけで」摂取できる主食という、世界唯一の製品を作っています。

今までの主食は、水と小麦粉だけでいかに美味しく作ることができるか、というような考え方でした。

これは言わば、水とブドウだけで作られるワインの製造に近い考え方ともいえます。

一方で弊社の技術は、どちらかと言えばカクテルを作るように、様々なものを混ぜ合わせて、おいしいものを生み出していくという方法です。

製麺だけ、あるいは栄養だけの技術を持っている企業はありますが、製麺と栄養の両方の技術を持ち合わせている会社は多くありません。

また、体にいいものは苦かったり高かったりするものですが、弊社は「体にいい」のはもちろんのこと、「おいしい」そして「簡単に」食べられるものを作る技術を持っています。

2019年は3ヵ月に一度、主食の新商品をリリース

次に、今後の展開です。

昨年「BASE PASTA(ベースパスタ)」の定期購買を大きく伸ばしてまいりました。

ベースパスタの商品改善と、お届けするサービスの改善を3ヵ月に一度アップデートすることにより、定期購買者を多く伸ばしました。

2019年はさらに、3ヵ月に一度様々な主食をリリースすることで、さらに成長していこうと考えています。

主食シリーズが揃い生産キャパシティが上がれば、2020年にはマスマーケティングに取り組みたいと思っております。

2018年は、ベースラーメンやベースパスタといった「麺」中心の商品ラインナップでした。

世界の主食というのは大きく「麺類」「米類」「パン類」に大別されます。

今年は、麺系以外の4商品を3ヵ月に一度、新商品として発売していく予定です。

そのうち2商品に関しては、すでに開発完了済みです。

創業3年の会社でありながら、世界唯一の商品を7つも開発したという実績は、弊社の開発技術力の高さを物語っていると自負しております。

商品バリエーションとパーソナライズ化で優位性を築く

ここで、ユニットエコノミクスの改善について解説します。

昨年は「かんたん・おいしい・からだにいい」ということに取り組むことにより、ライフタイムバリュー(LTV)を上げるという説明をいたしました。

今年は主食のバリエーションを増やします。

朝はベースフードの完全栄養パン、さらに完全栄養のパスタと焼きそばもあれば、昼・夜と継続しやすく、購買単価も上がります。

そういった形でライフタイムバリューを高め、マスマーケティングに備えたいと思っています。

また、パーソナライズにも取り組んでいきます。

健康状態、ライフスタイル、味の好みを我々が理解することによって、毎月、その人にピッタリな主食を届けることができます。

例えば、「朝食をしっかり摂る人には、パンを多めに届ける」、「尿酸値が上がってきた人には、尿酸値を下げる食材を練り込んだ主食を届ける」というようなことです。

ですので、我々は食品メーカーではありません。

我々は「栄養バランスの習慣化を簡単にするサービス」をお届けする企業として、この4つの競争優位性を積み上げています。

これらの組み合わせは、食品会社の中で唯一、弊社だけが保持している能力だと考えています。

メガトレンドをつくり、主食市場のパイオニアに

世界の主食市場は非常に大きく、その規模は100兆円は下りません。

我々は、この中でパイオニアブランドとして育つことを目標としており、そのために海外展開に果敢に取り組みたいと思っております。

今後アメリカでの販売を控えており、またアジアに輸出できる商品を現在開発中です。

これは夢物語ではありません。

アメリカには完全栄養ドリンクというものがあり、月50万人の定期購買者がいると言われています。

D2Cサービスに親和性の高いユーザーの存在や、アメリカで巻き起こっている空前のラーメンブームも追い風です。

日本ではまだ立ち上がっていない市場に取り組んでいますが、アメリカでは既に市場があるところに参入するので、チャンスが大きいと考えています。

主食をイノベーションして、健康を当たり前に

チームメンバーとしては、海外の各ファンクションを日本から見ることができるCXO陣を揃えています。

サンフランシスコオフィス、アメリカ法人も立ち上げており、社員2名が常駐、ウォートン・スクールMBA出身で、私と同年齢のマイケル君がCOOを務めます。

弊社のミッションは「主食をイノベーションして、健康を当たり前に」です。

それによって、人々が人生を楽しみ尽くせるような基盤のある世界をつくりたいと思っております。

ご清聴ありがとうございました。

応援の程、よろしくお願いいたします。

(終)

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

▶参照リンク:今度は完全栄養パン! ベースフードの新商品、BASE BREAD記者発表会を見学しました!

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/三木 茉莉子/尾形 佳靖/戸田 秀成/蒲生 喜子

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。