BASE FOODは、完全栄養パスタ「BASE PASTA」から主食にイノベーションを起こしていく(ICC FUKUOKA 2018)【文字起こし版】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

BASE FOODは、完全栄養パスタ「BASE PASTA」から主食にイノベーションを起こしていく(ICC FUKUOKA 2018)【文字起こし版】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット FUKUOKA 2018 スタートアップ・カタパルトに登壇し、見事2位に輝いたBASE FOOD 橋本 舜さんの【BASE FOODは、完全栄養パスタ「BASE PASTA」から主食にイノベーションを起こしていく】プレゼンテーションの文字起こし記事をぜひご覧ください。

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(インターン)の募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット KYOTO 2018は2018年9月3日〜6日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「STARTUP CATAPULT」のオフィシャル・サポーターです。


【登壇者情報】
2018年2月20日・21日・22日開催
ICCサミット FUKUOKA 2018
Session 1B
STARTUP CATAPULT
-スタートアップの登竜門-
Supported by IBM BlueHub

(プレゼンター)

橋本 舜
ベースフード株式会社
代表取締役

1988年生。東京大学教養学部卒。株式会社DeNAに新卒入社。月商10億円規模のソーシャルゲームのプロデューサーを経て、新規事業部署に移り、駐車場シェアリングサービスのakippaの立ち上げ支援、及び、自動運転タクシー・バスの開発を行うロボットタクシーの立ち上げに従事。2016年6月に退職し、ベースフード株式会社を創業。「主食をイノベーションして健康を当たり前にする」をビジョンとし、世界初の完全栄養の主食”BASE PASTA”を開発。販売開始後、日本のAmazonで食品人気度ランキング1位を獲得。現在、社員11名で国内での普及や海外展開の準備を進めている。

「ICC FUKUOKA 2018 STARTUP CATAPULT」の配信済み記事一覧


橋本 舜 氏(以下、橋本) ベースフード株式会社代表の橋本です。宜しくお願いします。

完全食COMPの鈴木優太さんと一緒に、日本から完全食を盛り上げていきたいと考えています。

COMP(コンプ) – 栄養と美味しさが両立する完全栄養食品で誰もが健康な世界をつくる(ICC FUKUOKA 2018)【文字起こし版】

弊社は、主食をイノベーションして健康を当たり前に、というミッションを掲げています。

まずはムービーをご覧ください。

必要な栄養素を必要な分だけ含んだ ”おいしい” パスタ

これは、ベースパスタを食べたことがない人が、ベースパスタを初めて試食した様子の映像です。

弊社のベースパスタは他のパスタとは異なります。

厚生労働省が制定している日本人の食事摂取基準に基づいており、必要な栄養素を必要な分だけ含んでいます。

栄養士の方が作る献立と同じ栄養価であり、完全栄養食品です。

炭水化物やナトリウムなど、摂りすぎが懸念されているものは、あえて除いた29種の栄養素が含まれます。

必要な栄養素が全て含まれているので、栄養素に関する知識は不要です。

自分に足りない栄養素について考える必要がないことが、完全食の特徴です。

そういう意味で、栄養豊富な食材とは異なります。

例えば、卵と玄米というのは非常に栄養豊富な食材ですが、それでも推奨量以上に含まれている栄養素はそれぞれ3種、6種しかありません。

人間が栄養計算することの優位性が伝わると思います。

ベースパスタは、自然の原材料を練りこんで作られており、香ばしい風味ともちもちの食感が特徴です。

本日、審査員の皆様にはオリーブオイルと塩だけで味付けした素パスタを食べて頂きました。

おいしかったのではと思います。

Amazon食品全体ランキング1位、累計販売数は6万食超

続いて実績です。

1年前に販売を開始し、アマゾン食品全体のランキングで1位になりました。

2位は水、3位はカップ麺など、大手食品会社の商品が並びます。

グッドデザイン賞を受賞し、累計販売数は6万食を超えています。(2018年2月20日時点)

日経トレンディの本年のヒット予測ランキング9位に入っており、今年のトレンドになるのは間違いないのかなと考えています。

また、メディアにも多数掲載されており、WBSクローズアップ現代+など、有名なテレビにも多く取り上げられています。

2018年4月からは、ナチュラルローソンでの販売を開始します。

からだにいい・おいしい・かんたん、全ての実現を目指す

開発の背景についてお話しさせて下さい。

からだにいい、おいしい、かんたんというのは、実は現代人にとってどれも必要だと考えています。

一汁三菜の料理というのは(家庭で)調理する奥さんが大変ですし、昼ごはんにゼリー飲料を飲むだけだと何か物足りません。

ラーメンばかりを食べるのでは(健康面で)将来が不安になります。

この問題は、テクノロジーの力で全て達成できるのではないかと考えています。

ベースフードはおいしくて、からだによくて、かんたんだよねと言われたいのです。

からだにいい、という点については完全に達成していると思いますが、おいしいとかんたんについては伸びしろがあると考えています。

トップシェフが監修

弊社は、今までの主食よりおいしくするプロジェクトを行っています。

ベースパスタをトップシェフが提供してくれるだけでも素晴らしいことですが、彼らは今までのパスタよりも更においしくできると言ってくれているのです。

なぜなら、今までのパスタはブレンドという手法を取り入れていなかったからです。例えば、ブレンドコーヒーは提供したい美味しさを作ることができますが、それをパスタにも取り入れます。

ベースパスタは、ゆで時間も1分から2分と早ゆでで、調理も非常に簡単です。

また、先ほどのシェフと一緒にパスタソースを開発しており、今までより健康で、今までよりおいしいパスタソースを多々提供していきます。

また、ベースパスタクイックを4月より販売開始します。

お湯をかけ、お湯をきって、エビクリームソースあるいはジェノベーゼソースと混ぜるだけという、世界で初めての栄養バランスが良い、おしゃれなカップ麺です。

ナチュラルローソンにも置かれるので、女性の方も手に取ってみてください。

個人の健康状態や味の好みに応じた商品の提案も可能

また、今までの主食よりもかんたんに、というのは食品作りに限定された話ではないと思います。

例えば、スマートフォンに自分の健康状態や料理・味の好みを入力すると、ベースパスタとバリエーション豊かなソース、湯切りで食べられるBASE PASTA quick、それらをパーソナライズした上で組み合わせて提案してもらえる。

そしてそれが月に一回家に届いたら、非常に便利だと思います。

今までの主食より体によくて、おいしくて、かんたんに食べられるのであれば、今までの主食に代わって新しい主食ベースフードを選ばない理由はありません。

主食の健康化・完全栄養化のパイオニアブランドへ

販売数が増加すればスケールメリットが働き、どんどん価格も下げられることが分かっています。

私たちの事業の意義として、子どもが栄養計算された食事を給食として月20回食べているように、大人も栄養計算された食事を取り入れることができます。

現状、大人は栄養計算された給食を食べていませんので、健康は保障されていないです。健康は自己責任になっています。

ベースフードを月20回食べることで、大人にも健康の基盤ができ、逆に月70回の食事は自由になる。そんな、より豊かな社会を作りたいと思っています。

主食の市場規模というのは100兆円以上と本当に大きいのですが、主食が健康化していくのは間違いないと思います。

個人にとっても社会にとってもメリットが大きいからです。

主食の健康化、主食の完全栄養化というメガトレンドを創り、パイオニアブランドとして市場の大きな部分を獲得したいと思っています。

先例はあります。

日清食品の創業者は自宅の裏庭でチキンラーメンを作りました。

今やグローバルカンパニーです。

食品会社はそういった例が多くあり、弊社のロールモデルとしております。

これを今の時代どのように行うのかというと、やはりITの知見を食品に組み合わせるというイノベーションが必要だと思っています。

弊社ではIT業界出身者が中心となり、食品の専門家集団、栄養士やトップシェフ、カロリーメイトの開発者などと一緒に事業に取り組んでいます。

女性も4名加わっています。

アジャイル型開発で完全栄養カップ麺を4ヵ月で開発

作り方のイノベーションも起こしています。

ITの世界においては、ゼロベース思考でコンセプトから作り上げ、アジャイル型でお客さんと一緒に仮説検証を小さく回し、スピーディーに開発改善を行うのは当たり前だと思いますが、弊社もそれを取り入れています。

▶編集注:アジャイルとは、「すばやい」「俊敏な」という意味で、反復 (イテレーション) と呼ばれる短い開発期間単位を採用することで、リスクを最小化しようとする開発手法の一つ。(Wikipedia

例えば、世界初の商品を次々と作っています。

初めてにもかかわらず、カップ麺を4ヵ月で作りました。

これからも次々に商品を作り改善していくので、他の会社はなかなか追いつけないと思います。

ネット販売で高品質な商品を手頃な価格で提供

また、売り方のイノベーションも起こしています。

インスタグラムで商品を見て、ウェブサイト経由で購入し、商品が家に届くというのは、スーパーに行って商品を選んで持って帰る、という行動とは大きく異なります。

例えば、スマートフォンはより身近な顧客接点ですし、スーパーを通さない販売方法ですので中間マージンを省くことができ、高品質な商品を手頃な価格でお客様に届けることができます。

また、食というのは毎回どこかへ買いに行くより、家に届いたほうが便利だと思います。

KPIは顧客獲得コストとお客様が将来払ってくれるお金です。

現在弊社は、からだにいい、おいしい、かんたんを追及しています。

それによって顧客獲得コストがさらに下がり、ライフタイムバリューはさらに上がると考えてます。

購入方法が簡単になればCPA(※)はさらに下がりますし、おいしい食べ方が多様にあれば継続して購入頂き、LTV(※)は上がります。

▶編集注:CPA(=Cost Per Action )とは、顧客一人を獲得するために要するコストのこと。顧客獲得単価とも言う。(weblio

▶編集注:LTV(=Life Time Value)とは、一人の顧客が取引期間を通じて企業にもたらす利益(価値)のこと。顧客生涯価値とも言う。(weblio

そうすればさらに高いレベルでプロダクトマーケットフィットが達成され、更に資金調達をさせて頂くことができ、次は大きなマーケティングができればと考えています。

完全栄養の主食商材の拡充、そして海外進出へ

ここはスーパーの棚とは違い、直販なので覆されない顧客基盤を手に入れることができます。

これを日本、アメリカ、中国と展開していきます。今度の4月にキックスターターを開始予定です。

また、パン、米と、完全栄養の主食を横展開していきます。

おいしいと健康というのは日本に残された非常に高いブランドイメージです。

これを活かして海外展開をして参ります。

弊社のミッションは、主食をイノベーションして、健康を当たり前にすることです。

そして、我々は体にいいだけではなく、おいしいとかんたんも両立できるようにし、人生を楽しみ尽くす基盤のある世界を作ります。

本日はありがとうございました。応援の程、宜しくお願いします。

(終)

ベースフード橋本舜さんのプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/戸田 秀成/浅郷 浩子/三木 茉莉子/平井 優花

【編集部コメント】

動画記事を拝見した後に実際に購入して食べてみましたが、本当に手軽に作れて美味しかったです!パスタソースをアレンジすれば色んなバリエーションも楽しめますし、忙しい皆さんも健康のためにぜひ試して頂きたいです。(三木)

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。