地域のクラフトブレッド市場から"新たなパン経済圏"を創り出す「パンフォーユー」(ICC FUKUOKA 2020)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

地域のクラフトブレッド市場から“新たなパン経済圏”を創り出す「パンフォーユー」(ICC FUKUOKA 2020)【文字起こし版】

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット FUKUOKA 2020 CRAFTED カタパルトに登壇し、準優勝に輝いた パンフォーユー 矢野 健太さんのプレゼンテーション動画【地域のクラフトブレッド市場から“新たなパン経済圏”を創り出す「パンフォーユー」】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回250名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット KYOTO 2020は、2020年8月31日〜9月3日 京都市での開催を予定しております。参加登録などは公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット FUKUOKA 2020 プレミアム・スポンサーのLexus International Co.様にサポートいただきました。


【登壇者情報】
2020年2月18〜20日開催
ICCサミット FUKUOKA 2020
Session 7B
CRAFTED CATAPULT
豊かなライフスタイルの実現に向けて(90分拡大版)
Sponsored by Lexus International Co.

(プレゼンター)
矢野 健太
株式会社パンフォーユー
代表取締役
公式HP | STARTUP DB

新卒で電通入社。中部支社にて交通・屋外媒体のメディアバイイングと企画立案を担当。その後、教育系ベンチャー、地域系NPOを経験。2017年1月に冷凍パンメーカーとの合弁会社パンフォーユーを設立し代表取締役に就任。2018年5月に同社にて経営陣によるMBOを実施し、複数のパン屋と提携し地域のこだわりパンを冷凍で配送する事業モデルに変更。現在はオフィスワーカー向け「オフィス・パンスク」と個人向け宅配サービス「パンスク」を展開。平成元年、浅草生まれ群馬育ち。京都大学経済学部卒業。

「ICC FUKUOKA 2020 CRAFTED カタパルト」の配信済み記事一覧


矢野 健太さん クラフトブレッドが生み出すパンCo-Creation、パンフォーユーです。

地方ベーカリーのパンを独自冷凍技術で都心のオフィスへ

パンフォーユーは、地方のベーカリーの手作りパンを独自の方法で冷凍し、オフィスに200円で販売するサービスです。

当社が独自に考案した冷凍技術(国際特許申請中)を使えば、瞬間冷凍機などの設備投資無しで、風味を落とさずに冷凍することが可能です。

実際に、常温保存で1日経過したパンと、弊社のの冷凍技術で30日間保存したパンを比較したところ、冷凍保存で30日経過したパンの方が焼きたての鮮度を保っていることが実証されました。

このパンを、一人でも多くの方に召し上がっていただきたいと思っています。

現在、弊社のサービスを幅広い企業に導入いただき、業績は順調に推移しています。

年次解約率も5%で、顧客満足度が極めて高いのが特徴です。

減少する地方ベーカリーに新たな販路を

一方で、過酷な労働環境などもあり、地方のベーカリーの数は減少傾向にあります。

しかし、パンフォーユーと提携すれば、冷凍した商品を販売できるため、早朝からの製造や立ちっぱなしでの販売が不要となり、パン職人が無理せずパンの製造することが可能になります。

親しみのあるベーカリーが地元から無くなっていくのは、寂しいですよね。

ここで、実際のパン職人の声をお聞きください。

個人向けサービス開始。企業との協業も複数準備中

さらに、弊社はネスカフェアンバサダーとの協業(※)も始めました。

全国のベーカリーのおいしいパンをオフィスにお届けするパンの定期便「オフィス・パンスク」の「ネスカフェ アンバサダー」向け専用コース 2月3日(月)より提供開始(Nestleプレスリリース)

また、個人向け商品の展開も2020年2月末からスタート予定で、モニター募集では2週間で3,000名を超える応募をいただきました。

2020年2月26日 個人向けサブスクリプションサービス “パンスク” がリリースされました(パンフォーユー)

ちょうど1年前、2019年にスタートアップ・カタパルトに登壇したのを皮切りに、数々のメディアでも取り上げられました。

そして多くの企業からお問い合わせいただいたのですが、その内容は「パンを売らせてくれませんか?」というものでした。

さらに、様々な業種の企業からも、海外輸出などの協業打診をいただきました。

こうして多くの企業からお問い合わせをいただいた背景には、パン市場が大量生産メインで、冷凍でパンを展開するのが冷凍技術を保有する大手メーカーだけである、という実情があります。

そこでパンフォーユーは、小規模ベーカリーでも利用可能な冷凍技術を開発し、その技術を開放することを考えました。

それまで、地域のベーカリーは、立地や売り場面積に売り上げを左右されていましたが、冷凍技術を使うことで、冷凍での商品のストックや商圏外の販売が可能になり、製販分離をすることができるようになります。

さらに、夕方などの製造空き時間を活用することで、より多くの顧客にパンを販売することが可能になります。

OEMプラットフォームで、冷凍パンの供給拡大を狙う

ただ、僕の中では、多くの企業との協業やOEM(Original Equipment Manufacturing)打診に対して1つの葛藤がありました。

それは、「自社ブランドを育てたい」という思いでした。

そうして自社ブランドを優先することが大事だと考えていた矢先、あるパン屋さんから連絡があり、「もっとパンを売りたい」「今以上に販路開拓を頑張ってほしい」という打診をいただいたのです。

この打診を受けて、僕は「OEM事業を始めよう」と決心しました。

実は、冷凍パン市場ではOEM・業務用を中心に市場が拡大しており、インバウンド、飲食店の人手不足を背景に、大衆店から高級店まで冷凍パンの利用が浸透しています。

そこで、私たちは、今まで培った冷凍ノウハウと、パン屋ネットワークを元に、美味しいパンを売りたい人のためのOEMプラットフォームをつくることで、「プライベートブランドを持ちたい」「イベントでおいしいパンを提供したい」といったニーズにお応えすることを考えました。

これにより、従来のOEMでは実現できなかった、少量多品種・高品質でのOEM生産が可能になりました。

OEMを通して、顧客とベーカリーを笑顔に

パン業界の歴史を辿ると、OEMで事業を伸ばしたメーカーが多数存在します。

弊社も、既にOEMの実績が多数あります。

ここで、実際のお客様の声をお聞きください。

また、2020年2月18日より、OEMの顧客であり事業パートナーでもあるシャープ様との協業も始まりました。

パンスクがお届けする冷凍パンを焼きたてに復元!シャープ製過熱水蒸気トースターの貸し出しプラン開始(PR TIMES)

こちらもご覧ください。

パンフォーユーは、自社ブランド事業で地域のパンの価値向上に努め、OEMで多くのパンニストとパン屋さんの心を満たします。

2020年3月から、クラフトアイスクリームのHiOLI(ヒオリ)さんとのオフィス向け商品の展開を予定しています。

生産者の労働環境にも貢献。新たなパン経済圏をつくる

パン屋さんの働き方をサポートする施策として、福利厚生サービスの展開も始めました。

家族経営で負担をかけた家族への恩返しができると、喜んでいただいています。

私たちは、「食べ手」と「作り手」のみならず、「売り手」となるパートナーと一緒にクラフトブレッド市場を盛り上げていきます。

地域のパンを通じてともに、新しいパン経済圏を作りましょう。

パンフォーユーでした。

(終)

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/尾形 佳靖/フローゼ 祥子/SNOWLIGHT/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。