「Canly(カンリー)」は店舗の集客媒体を一元管理し、データに基づく顧客接点の最適化を目指す(ICC FUKUOKA 2022) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

「Canly(カンリー)」は店舗の集客媒体を一元管理し、データに基づく顧客接点の最適化を目指す(ICC FUKUOKA 2022)

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC FUKUOKA 2022 カタパルト・グランプリに登壇いただいた、カンリー 辰巳 衛さんのプレゼンテーション動画【「Canly(カンリー)」は店舗の集客媒体を一元管理し、データに基づく顧客接点の最適化を目指す」】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回300名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット KYOTO 2022は、2022年9月5日〜9月8日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット FUKUOKA 2022プラチナ・スポンサーのAGSコンサルティングにサポートいただきました。

【速報】ゴムの常識を変える「錦城護謨」と、サバ養殖を進化させる「フィッシュ・バイオテック」がカタパルト・グランプリ同率優勝! (ICC FUKUOKA 2022)


【登壇者情報】
2022年2月14〜17日開催
ICC FUKUOKA 2022
Session 6A
カタパルト・グランプリ
– 強者が勢揃い –
Sponsored by AGSコンサルティング

辰巳 衛
株式会社カンリー
代表取締役社長

早稲田大学理工学部卒業。新卒で双日株式会社に入社しリスクマネジメント業務や空港M&A業務(パラオ国際空港や下地島空港への事業投資等)に従事。米国公認会計士取得。2018年、双日株式会社を退職し当時ルームシェアしていた秋山祐太朗と共同で株式会社カンリーを創業。Googleビジネスプロフィール(旧・Googleマイビジネス)や企業HP、各SNSの店舗アカウント等を一括管理することで大幅な運用・管理コストを削減可能にするクラウドサービス「Canly(カンリー)」の開発・提供を行う。Canlyは2020年7月のサービス開始以降、有料契約での導入店舗数が15,000店舗を突破している。


辰巳 衛さん 弊社は、Googleマップやホームページ、SNSなどの集客媒体を一元管理する店舗向けのクラウドサービス「Canly」を展開しております。

早速ですが、弊社のお客様を事例に、サービス紹介をしていきたいと思います。

導入企業、「てもみん」の事例

いきなりなのですが、こちらの会場にいる皆さん、最近疲れていませんか?

私自身働きすぎて疲れているのですが、そんなときに何をするかというと、全国に100店舗ぐらいある、有名なてもみんさんに通っています。

なぜ、てもみんさんを私自身が選んでいるかといいますと、クオリティはもちろん大前提として、ネットでの情報が非常に信頼できるのです。

なぜ信頼できるのでしょうか?

例えば、てもみんさんは、Facebook、ホームページ、Googleマップなど、いろいろな集客媒体を持っているのですが、どれも営業時間が正しく表示されています。

例えば、コロナの影響で営業時間を23時から21時に変更しないといけない。

そうなってくると、チェーン店を100店舗運営する会社は、100店舗×媒体数分の修正コストが必要になります。

非常に大変です。

でも、てもみんさんは適切に管理ができているので、ユーザーはストレスなく来店することができます。

どの媒体でも最新のイベント・クーポン情報を配信

また、てもみんさんは、お得なクーポン、イベントなど、常に最新情報がどの媒体にも揃っていますので、こちらもユーザーからすると、安心して利用することができます。

さらにてもみんさんは、お客様から書き込まれたクチコミに対して、現場の店長さんが一つ一つ返信をしていて、デジタル接客にも力を入れています。

非常に好印象を受けます。

いろいろ説明してきましたが、膨大な店舗数を抱えるてもみんさんは、膨大な量の情報管理をしています。

すごく大変なのですが、今簡単にできているのには何か秘密があるということで、ご想像の通り、Canlyを活用して店舗情報を一括管理しているからなのです。

集客媒体の一括管理でオペレーションを効率化

では早速、ライブでデモ説明をしていきたいと思います。

ぶっつけ本番で、いきたいと思います。
(この後のデモの様子は動画版でご覧ください。デモは2:12付近から始まります)

こちらはCanlyのデモ画面になっていまして、例えば営業時間を変えるというときに、ボタンをクリックすると、指定した店舗や、エリアごとに指定した場合はグルーピングした店舗が出てきます。

営業時間を変えたいというときに、営業時間をプルダウンメニューで変えて保存を押すと、これだけで瞬時に店舗の営業時間が切り替わります。

その他にもメニュー、写真などの共通して変えるべき項目は、一瞬で同じように変えることが可能になっています。

続いては、クーポンページですが、クーポンを配信するときにグループを指定して、写真と文章、例えばECサイトにクーポンを呼び込みたいときはリンクを貼り付けて、予約の投稿日時をクリックして確定を押すと、指定した時間に瞬時にクーポン送付ができるようになっています。

その他、Facebook、Twitter、ホームページなど、さまざまな集客媒体を、1画面上で管理できるので、業務負担の軽減が可能になっています。

またクチコミは、普通、店舗ごとにしか見られないのですが、弊社のシステムを使いますと、100店舗分のクチコミが1画面で見えるようになっています。

例えば、星1つ、星2つなど、悪いクチコミだけに絞ったり、エリアごとで分析したり、CSVでダウンロードをして分析ツールにかけて分析できるなど、いろいろなことが、こちらの機能でできるようになっています。

あとは、クチコミ返信のテンプレート機能がありまして、数百種類ある中から1つを選んで、クリックするだけで、現場の店長さんは簡単に返信をすることができるので大変便利です。

こちらはインサイト画面もありますので、クチコミのデータ分析も容易にできます。

Canlyを使うことでPDCAを高速で回すことができるようになっています。

お客様の中には、Canlyを導入した結果、90%の工数削減に成功しているお客様もいらっしゃいます。

さらに店舗によっては、売上が2.6倍アップした店舗もあります。

1年半で有料契約店舗が20,000店舗を突破

こちらは実績なのですが、リリースから1年半で有料契約20,000店舗以上、MRRは前年比で4倍になっております。

もう一度繰り返します。

リリースから1年半で、現時点で有料契約店舗数が20,000店舗を超えているという形になっています。

さらに鳥貴族さんであったり、白洋舎さんであったり、ありとあらゆる業界の大企業に導入されているというのも、弊社の強みになっています。

資金調達も実施しておりまして、いただいた資金を使って、800万店舗という膨大なマーケットに対し、一石を投じていきたいと思っています。

カンリー(Canly)が累計約5.3億円資金調達。GoogleマイビジネスやHP、各SNSの店舗アカウントを一括管理するサービスにジャフコ、DEEPCORE、総合商社、メガバンク系VCなどが出資参画 (PR TIMES)

最適な集客媒体をデータから分析

Canlyの未来についてです。

今の店舗ビジネスは、経験と勘に頼った集客媒体の意思決定をしていると思っています。

例えば、この福岡で焼き肉店をオープンするとき、なんとなくホームページ、なんとなくLINE、なんとなくInstagram、こういう「なんとなく」で意思決定している方々が非常に多いです。

こういった曖昧な意思決定の状態を、Canly上でデータを集めることによって、科学し、解明していきたいと思っております。

具体的には、どの集客媒体にどれくらいお金を投下したら、どれくらいリソースを割いたら、どれくらい売上が上がるのか?

つまり「顧客接点の最適化」、この世界を実現していきたいと思っております。

店舗に関わる全ての人に信頼されるインフラを創る

最後に、カンリ―の創業話をさせてください。

弊社は、元商社マンと元銀行員で設立したスタートアップになっています。

大手銀行&商社出身の共同代表が実践する「後悔しない仕事人生」の歩み方(type)

私は、元商社マンのほうです。

創業事業は宴会の幹事代行サービスでした。

絶対に外さない宴会場を元商社マンと元銀行員が紹介するというサービスで始めました。

最初は泣かず飛ばずだったのですけれども、治験モニターに行って月200,000円を稼いで、なんとか生き延びるというような生活もしていました。

結果的に、この事業はコロナの影響により、サービスをクローズすることになります。

ベンチャーなので、ギリギリなんとか資金を集めて我々は生き残ることができたのですが、2年前、当時のお客様だった飲食店さんの方々が、軒並み倒産していきました。

創業期からお世話になっていた飲食店さんを、当時救うことができなかった。

支えることができなかった。

守ることができなかった。

こういった悔しい思いを当時しました。

だからこそ、あのとき救えなかった飲食店さんを救いたい。

ひいては、この店舗業界を支えるインフラになっていきたい。

こういう思いで、Canlyという事業がスタートしています。

僕らはまだまだ未熟者ではありますが、ミッションに書いてある通り「店舗に関わる全ての人に、最も信頼されるインフラを創る」僕らが死んだとしても、時代を超えて店舗を支えられるインフラを作っていきたいと思います。

以上です。ご清聴いただきありがとうございます。

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成/大塚 幸

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。