【新】本当に会うべき人と人が出会い、就職/採用が決まる - 注目のベンチャー特集「リーディングマーク」(1)【K16C-LDM #1】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

【新】本当に会うべき人と人が出会い、就職/採用が決まる - 注目のベンチャー特集「リーディングマーク」(1)【K16C-LDM #1】

Pocket

リーディングマーク飯田さんの、キャリア選択支援サービス「レクミー」についてのプレゼンテーションを2回シリーズでお届けします。(その1)は、創業の想いと、レクミーのサービス概要についてお話し頂きました。2016月9月6日・7日に開催したICCカンファレンス KYOTO 2016「カタパルト」-グロースステージ- プレゼンテーションの書き起こし記事です。

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「社会起業家」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。

登壇者情報
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016 「ICC SUMMIT」
Session 9B
CATAPULT(カタパルト) - グロース・ステージ特集 -
 
(プレゼンター)
飯田 悠司
株式会社リーディングマーク
代表取締役
 
東京大学経済学部卒。「世界の人々の自己実現を支援するための仕組みを創る」ことを目指し、大学3年生だった2008年に株式会社リーディングマークを創業、代表取締役に就任。2013年には、大学生/大学院生向けのキャリアサイト「レクミー」をリリース。学生と社会人それぞれが、プロフィールや動画などの個人情報を登録し、“会いたい人同士が出会える”場を提供している。全国の旧帝大や早稲田、慶應等の上位校学生の3人に1人以上が登録*するなど、日本有数の就活サービスに成長した(*2016年5月現在)。2016年には、社会人にも“会いたい社会人と出会える”機会を提供するために、「レクミーキャリア」をリリースし、中途事業にも参入。現在は、中途事業の立上げと海外事業のリサーチに注力している。

よろしくお願いします。

キャリア選択の支援をさせていただく「レクミー」というサービスを運営しております、リーディングマーク代表の飯田と申します。

「レクミー」というサービスのコンセプトのご説明をいたします。

レクミーは、就活(就職活動)をしている学生からも企業からも、「どのような人がいるのか」ということがわかり、本当に会うべき人同士が出会い、その出会いの中から、就職・採用が決まるサービスです。

創業の想い

最初に、創業の想いをお話ししたいと思います。

私は大学時代、人と人がしっかり出会って、いいキャリア選択ができるようにしたいという想いで仲間と創業しました。

最初はまったくうまくいかず、3年くらい経ち、社員が僕だけになってしまうような苦しい状況もありました。

そのような中で、少しずつ仲間が増えて、現在は40名の正社員、30名のアルバイトのみなさんの、70人の仲間と一緒に、キャリア選択のあり方を変えることに、人生を賭けてがんばっています。

内閣府の統計によると、仕事にやりがいを感じている人はわずか15パーセントしかいません。これを我々は変えていきたいと考えます。

「人」との出会いは人生を変えます。

就職活動の企業選択は「人」の要素が重要

まず、就職活動の状況について説明いたします。

我々は、6,000人の学生に定期的にアンケートを取っています。

そのなかで、就活生にとって、「人」が会社選びの一番重要な軸になってきているということがデータからわかっています。

一般的には、「人」「会社」「仕事内容」そして「待遇」、この4つの要素が、自分のキャリアを選択するうえでの4大要素だとされています。

そのなかで、「人」が一番大事だと答えた方が約60パーセントいます。しかも、この割合は年々増えています。

「人」が非常に重要ですが、すべてが人で決まるわけではありません。

我々は「人」をベースにしながら、就職活動のすべてをレクミーのなかで完結していただけるように、総合的にサービスを設計しています。

学生の就職先選びのプロセス

これはどういう意味なのかをご説明させていただく前に少しだけ、学生さんの就活における意識の変遷をお話させていただきたいと思います。

調査の結果、学生がぱっと頭に浮かぶ会社というのは、100社程度だとわかっています。

100社の中から「エントリーする会社」として選ばれるのは、大体20社程度です。

20社の中でも「真面目に受ける会社」は5社程度となります。そして、当然一番行きたい会社は1社だけです。

100社、20社、5社、1社と絞り込まれていくなかで、しっかり自社を最後まで選択肢に残していただくのが、我々がやらなければいけないことです。

先ほど、キャリアを選ぶうえでの4大要素(「人」「会社」「仕事内容」「待遇」)があるとお話しましたが、最初の「認知」の段階では「会社」という要素が重要です。そして、最後の段階では、「人」で決めているということもわかってきています。

リアルイベント「レクミーLIVE」

そのなかで我々は、「レクミーLIVE」というリアルイベントの場では「会社」を、「レクミー」というオンラインの場では「人」を、アピールしていただいています。

総合的なサービスとして提供させていただくことで、就活生のためのキャリア選択を支援しているわけです。

リアルイベントである「レクミーLIVE」は、簡単にいえば、オフラインの就活イベントです。

集まった学生さんたちに、出展企業の各ブースで会社の説明を行います。

例えば、慶應義塾大学の学生を対象としたイベントでは、就活生6,000人中、3人に1人がレクミーLIVEに足を運んでくださっております。

ただ、我々は、ただ就活イベントをご提供しているわけではありません。

そこで「レクミー」という弊社のサービスが登場します。

出所:レクミー Webサイトから引用

学生さんはレクミーのアプリ上で、レクミーLIVEでどの出展企業のブースに訪問しようか調べたり、どこの企業のブースに行ったか登録したりします。

次に、レクミーのアプリ上で、「この企業にはこういう人がいます」という「人」の情報を出していき、学生さんの興味を「会社」から「人」に展開し、「会社」の中の「人」の情報を見ていただいて、しっかり自社の魅力を訴求していただきます。

最後はメッセージをやりとりしていただいて、実際に会っていただく流れです。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横手 佳代子

続きは 上位大学の3人に1人が使う就活アプリ”レクミー” - 注目のベンチャー特集「リーディングマーク」(2) をご覧ください。

【編集部コメント】

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「社会起業家」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。