3月, 2018 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 2

【保存版】ICCサミット FUKUOKA 2018 開催レポート(全4回)

2018年3月12日〜3月15日まで配信しました「ICCサミット FUKUOKA 2018 開催レポート」の全シリーズをまとめました。スタッフとして初参加したICC超初心者が見たICCサミットの模様や、初めてのスタッフ業務についてレポートします。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】ネクスト・マーケットのベンチャー投資家が語るフロンティア(全7回)


記事を読む

私がICCでのインターンシップをオススメする3つの理由(立花美幸)

ICCパートナーズに1年弱インターンシップとして勤めて頂いた、東京大学4年生の立花美幸さんに、インターン卒業記念として「ICCパートナーズのインターンシップで学んだこと」をテーマに書いていただきました。立花さんは主に記事の編集作業を担当しました。ICCパートナーズのコンテンツ編集を通じてどんなことを学べたか?率直な感想を是非ご覧ください。
記事を読む

開催レポート④:ついに最終日。ICCボランティアスタッフを強くお勧めしたい理由

【開催レポート】ICCのウェブサイトを見て「何だかすごそう」と興味を持った私(浅郷)は、2月の「ICCサミット FUKUOKA 2018」にスタッフとして参加してみることに。超初心者の目で見たICCサミット FUKUOKA 2018の裏と表をレポートしたいと思います!(その4)は、最終日を終えて、スタッフ参加を通じて感じたことを書きました。運営チーム参加に興味がある方はぜひ参考にしていただけると幸いです。
記事を読む

開催レポート③:経営者の素顔とスタッフのホスピタリティ。カルチャーショックのDAY2

【開催レポート】ICCのウェブサイトを見て「何だかすごそう」と興味を持った私(浅郷)は、2月の「ICCサミット FUKUOKA 2018」にスタッフとして参加してみることに。超初心者の目で見たICCサミット FUKUOKA 2018の裏と表をレポートしたいと思います!(その3)は、DAY2をレポートします。初めての目で見たICCサミット、スタッフ業務に慣れてくると、少しずつこの場が特別な理由が見えてきました。
記事を読む

【終】二次情報ではなく、ネクスト・マーケットを生で体感せよ!【K17-6E #7】

「ビジネスのフロンティアはどこにあるのか?(インド/イスラエル/アフリカの投資機会)」【K17-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その7)では、参加者からの鋭い質問に登壇者が答えました。中国資本がアフリカをも席巻している等、具体的な現状の事例を基に、知らないことの多さに気付かされる内容です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

開催レポート②:開幕直後にトラブル発生!6会場で33セッション、緊張&大興奮のDAY1

【開催レポート】ICCのウェブサイトを見て「何だかすごそう」と興味を持った私(浅郷)は、2月の「ICCサミット FUKUOKA 2018」にスタッフとして参加してみることに。超初心者の目で見たICCサミット FUKUOKA 2018の裏と表をレポートしたいと思います!(その2)では、初めての目で見たICCサミット、ボランティアスタッフの仕事など、DAY1の熱気を余す所なくお伝えします。
記事を読む

【新】開催レポート①:ICCサミットにスタッフとして初参加してみた!開催前夜までの準備編

【開催レポート】ICCのウェブサイトを見て「何だかすごそう」と興味を持った私(浅郷)は、2月の「ICCサミット FUKUOKA 2018」にスタッフとして参加してみることに。超初心者の目で見たICCサミット FUKUOKA 2018の裏と表をレポートしたいと思います!(その1)では、初めての目で見たボランティアスタッフの当日までの準備をレポートします。
記事を読む

インドやイスラエルの起業家、ここが凄い!【K17-6E #6】

「ビジネスのフロンティアはどこにあるのか?(インド/イスラエル/アフリカの投資機会)」【K17-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その6)では、登壇者の皆さんが、日本の起業家とインドやイスラエルの起業家の違いについて議論しました。海外ではなぜ理系出身者が起業するのか、について現地通の視点から語られています。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】俺たちのHARD THINGS – 数々の苦難を乗り越えて「今」がある(全10回)

2018年2月26日〜3月9日まで配信しました「俺たちのHARD THINGS – 数々の苦難を乗り越えて『今』がある」の全シリーズをまとめました。登壇者が語る様々な困難、そしてそれを乗り越えた後の成長のストーリーは、読者をHARD THINGSへと立ち向かわせる勇気を与えてくれます。是非ご覧いただければ。
記事を読む