日本で最もVCファンドに投資している千葉功太郎氏が注目する3つの分野【K16-5B #2】 – INDUSTRY CO-CREATION

日本で最もVCファンドに投資している千葉功太郎氏が注目する3つの分野【K16-5B #2】

LINEで送る
Pocket

ICCカンファレンス KYOTO 2016 において大好評だった「ベンチャー投資最前線 – 次のビック・ウェーブはどこにあるのか?」【K16-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その2)は、16のVCファンドと30社のベンチャー投資を行う著名個人投資家である千葉功太郎さんにいま注目している投資領域についてお話頂きました。是非御覧ください。

ICCカンファンレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級の招待制カンファレンスです。次回ICCカンファレンス FUKUOKA 2017は2017年2月21〜23日 福岡市での開催を予定しております。

icc_fukuoka2017_square-v3

登壇者情報
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016
Session 5B
「ベンチャー投資最前線 - 次のビック・ウェーブはどこにあるのか?」
(スピーカー)
今野 穣	 
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ 
パートナー COO
榊原 健太郎 
株式会社サムライインキュベート 
代表取締役CEO
千葉 功太郎 
慶應義塾大学
SFC研究所 上席所員
宮田 拓弥 
Scrum Ventures 
General Partner
(モデレーター)
佐俣 アンリ 
ANRI 
General Partner

その1はこちらをご覧ください:最前線のベンチャーキャピタリストが語る次のビッグ・ウェーブはどこか?【K16-5B #1】
その2はこちらをご覧ください:日本で最もVCファンドに投資している千葉功太郎氏が注目する3つの分野【K16-5B #2】
その3はこちらをご覧ください:技術立国イスラエル ベンチャー投資の最前線(サムライインキュベート榊原)【K16-5B #3】
その4はこちらをご覧ください:新しいイノベーションが生まれ続ける米国ベンチャー投資の最前線(スクラムベンチャーズ宮田)【K16-5B #4】
その5はこちらをご覧ください:日本のVCファンドの代表格 グロービス今野氏が語る4つの注目投資領域【K16-5B #5】
その6はこちらをご覧ください:「日本の起業家の質は高まっている」気鋭のベンチャーキャピタリストが感じる起業家の質の変化【K16-5B #6】


千葉 改めて、簡単に自己紹介をします。

僕は個人で投資をしていますが、今までメインはベンチャーキャピタルに投資をするLP(Limited Partner)をやっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-51-04

後もう一つは、僕自身が好きだなと思う社長の会社に投資しているのが30社くらいです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-52-26

佐俣 日本で一番ベンチャーキャピタルに出資しているのが千葉さんという噂があるのですが。

千葉 全てのレポートが僕の手元に来るという仕組みになっていまして。

(会場笑)

佐俣 では、それで結果的に投資している会社は、本当に…

千葉 僕の集計によると、国内カバレッジが90パーセントくらいです。

佐俣 なるほど。

千葉 ですので、こういう業界のイベントが盛り上がれば盛り上がるほど、僕のポートフォリオが盤石になるという仕組みですね。

佐俣 小作農の気分になりましたね(笑)。

ありがとうございます。

千葉 僕が今、個人的に注目している分野が3つありまして、一つは農業分野ですね。

そしてもう一つがご存じだと思いますが、ドローン。

大好きなので追いかけています。

もう一つがインバウンド。

日本への海外旅行者向けのサービスですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-53-46

先週金曜日に帯広に行ってきたのですが、今回のICCカンファレンスではFarmnoteの小林さんが何度か登壇されていると思いますが、Farmnoteの新製品「Farmnote Color」を直接現場牧場で見て来たんですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-54-40

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-55-34

彼らって、元々スマートフォンで酪農のデータを記録するクラウド・サービスをやっているのですが、最近IoTのデバイスを出して、首から下げるデバイスをつけると、そこで活動量を採って、ちょうど午前中のセッションでもありましたが、発情期が来た瞬間にポンと農家さんの画面にプッシュ通知を送るんですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-56-31

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-57-24

プッシュ通知でですよ、これ。

すごいなと思って。

僕だったら、ゲームのイベントのお知らせしか画面に出てこないのに、これはすごいなと思って。アプリを開くと、実際に活動の様子が出てくるといった、農業×ITの領域が面白いなと思いました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-58-20

それから、個人的に、今、慶應義塾大学でドローンの研究員をやっているのですけれども、ドローンの分野では、Drone Japanという会社に投資をしていて、ここが面白いなと思っています。

これも6月に旭川の提携農家さんのところに行ってきて実証実験をしたのですが、画面にあるように畑の位置を指定すると、自動的に航路が出てきて、ドローンが上がって自動飛行でこんな感じで全部スキャニングしてくれるのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-59-36

そして、特殊なカメラを付けて、4つの波長を同時に撮影できる100万円くらいするデバイスを装着します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-00-22

ちょうど合鴨農法をやっているところだったのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-00-59

この日は田んぼだったのですが、空から田んぼをずっとスキャンしていくんですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-01-10

上空から指定範囲全体自動的に写真を撮っていって、それをクラウドにアップロードして画像合成計算をして分析をすると、様々な目的別にヒートマップが生成されます。ちょうどこの赤いところが合鴨農法でやっている有機の田んぼで、それ以外のところが通常の農薬を使ったところです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-01-18

それ以外にも、虫食いだとか、生育状況の良い悪いというのが全部色分けされ、ヒートマップが作られるような技術を持っていています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-03-17

そのデータを更に、農薬のドローンに付けることで、自動的に必要なところに必要な量だけ農薬を散布してくれたりとか、トラクターと連動することによって刈取りの一番いいところだけ刈り取ってくれるとかという、「精密農業」ができるようになったりします。

ドローンのマーケットは大きくなると言われているのですが、2020年に日本国内だけでも1,000億円以上の市場ができると言われていて、その内の半分が農業関連だというのが面白いなと思っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-04-21

ということは、くっつけてしまえばよいのではないかということで、今、FarmnoteとDrone Japanにコラボして頂いて、牛のGPSはタグを使っていて、牧場の牧草の生育状態を空からスキャニングして、今日は牛をどこに放牧すればよいかというのをやったりしています。

こういう分野がいけるのではないかと。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-05-02

そして3つ目がインバウンドですね。

これはご存じの通り、今、来日する外国人がどんどん増えていて、去年が1,900万人、ほぼ2,000万人と一気に増えていますね。

もともと700万人くらいだったので。上方修正されて、2020年には4,000万人と言われていますね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-06-04

この巨大市場に対して、とりあえず僕は最近外国人専用旅館を作りました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-16-07-15

佐俣 これ、本当に旅館ですか?

千葉 そうです。

佐俣 これ、インターネットとは関係ないですよね(笑)。

千葉 全然関係ないですね。

ただ、インターネット屋さんの僕が作った旅館なので、見栄えが圧倒的にインスタグラムに特化しているんですね。

とにかく写真を撮ってSNSに上げるというサイクルを自動的にするようなデザインを意識しているのと、外国人の方々が行きたい日本の観光地のトップ10のデータと、食べたい日本食トップ10と、やってみたいアクティビティトップ10といったデータから人気の部分だけを詰め込んで作ってみたという、非常に実験的なデータアナライズな旅館ですね。

佐俣 これ、存在しているのですよね?(笑)

千葉 そうですね、湯河原に。

佐俣 なるほど。

千葉 こんなバカなものを作るのは誰かって、俺ですね。

これ以外にも結構インバウンドで追いかけていて。

k16-s5b-16

榊原 会社で貸切もできますよね?

千葉 できます。

榊原 この前拝見しましたよ。

千葉 是非いらして下さい。

榊原 ちなみに、どれくらいの人数が宿泊できるのですか?

千葉 66名宿泊できます。

これも実験で、インバウンドというのがどんな感じなのか、実際にユーザーに触れてみないと分からなかったので、それ以外にも色々な会社に投資しているのですが、お客さんと接するところというのを自分でやってみたいなと思って、やってみました。

佐俣 ありがとうございます。

いきなりすごい感じできましたが、次に、シードステージに投資している榊原さん、いきましょうか。

(続)

続きは技術立国イスラエル ベンチャー投資の最前線(サムライインキュベート榊原)【K16-5B #3】をご覧ください。
本セッションで紹介されいた「ファーノート」のプレゼンテーションの記事がございます。ぜひ合わせてご覧ください。
 ・農業革命を実現するクラウド型牛群管理システム「ファームノート」(前編)
 ・農業に破壊的イノベーションを起こす「ファームノート」の今後の戦略(後編)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/Froese 祥子


【編集部コメント】

続編(その3)ではサムライインキュベート榊原さんに技術立国イスラエルでのベンチャー投資の「いま」をお話頂きました。是非ご期待ください。今回の感想はぜひNewsPicks(ICCのNewsPicksページ)でコメントやフォローを頂けると大変うれしいです。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

LINEで送る
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。