【新】「龍が如く×妖怪ウォッチ」 – メガヒットを生み出すプロデューサー対談【F17-10A #1】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【新】「龍が如く×妖怪ウォッチ」 – メガヒットを生み出すプロデューサー対談【F17-10A #1】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「 レジェンド対談『龍が如く×妖怪ウォッチ』 – メガヒットを生み出すプロデュース力を徹底議論」【F17-10A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その1)は、オープニングトークとして、各登壇者の自己紹介を頂きました。大変貴重な対談となりました。モデレーターは、本セッションをサポート頂きましたグッドラックスリー井上さんです。是非御覧ください。

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております。

本セッションは、株式会社グッドラックスリーにサポート頂きました。


【登壇者情報】
2017年2月21日〜23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
Session 10A
レジェンド対談「龍が如く×妖怪ウォッチ」――メガヒットを生み出すプロデュース力を徹底議論
Supported by 株式会社グッドラックスリー

(スピーカー)
日野 晃博
株式会社レベルファイブ
代表取締役社長/CEO

名越 稔洋
株式会社セガゲームス
取締役
コンシューマ・オンラインカンパニーCOO
エンタテインメントコンテンツ統括本部 統括本部長

(モデレーター)
井上 和久
株式会社グッドラックスリー
代表取締役CEO

「」の配信済みの記事

司会 それでは時間になりました。

セッション10A「レジェンド対談『龍が如く×妖怪ウォッチ』――メガヒットを生み出すプロデュース力を徹底議論」を開始致します。

本セッションのオフィシャルサポーターはグッドラックスリー社です。

登壇者をご紹介します。

レベルファイブの日野さん。


日野 晃博
株式会社レベルファイブ
代表取締役社長/CEO

福岡の開発会社でメインプログラマー、ディレクターを経て、1998年10月にレベルファイブを設立。世界累計出荷1,550万本を記録した「レイトン教授」シリーズや、社会現象となった「妖怪ウォッチ」をはじめ「イナズマイレブン」「ダンボール戦機」各シリーズなどのクロスメディア作品で、企画原案、シナリオ制作、プロデューサーを務め、続々とヒット作を生み出す。現在、世界展開を予定しているクロスメディアプロジェクト第4弾「スナックワールド」や、第5弾「メガトン級ムサシ」を企画中。常に新しい挑戦を続け“世界一のエンターテインメントブランド”を目指す。

セガゲームスの名越さん。


名越 稔洋
株式会社セガゲームス
取締役
コンシューマ・オンラインカンパニーCOO
エンタテインメントコンテンツ統括本部 統括本部長

1965年6月17日生まれ AB型。山口県下関市出身。
1989年入社。1994年初のプロデュース作品『デイトナUSA』を発売し、ドライブゲーム史上に残る大ヒットを記録。2000年、㈱アミューズメントヴィジョン代表取締役社長就任後『スーパーモンキーボール』『F-ZERO GX/AX』など精力的に作品をプロデュース。
2004年7月1日に同社がセガに再統合されるに伴いセガのR&Dクリエイティブオフィサーに就任。2005年に大ヒットとなる「龍が如く」を手がけ注目を集める。2016年12月8日に発売した最新作『龍が如く6 命の詩。』は50万本を超える大ヒットを記録し、「龍が如く」シリーズは全世界900万本以上のセールスをしている。2012年4月セガの取締役就任後、2015年4月のセガグループ再編に伴い、現任のセガゲームス、セガ・インタラクティブの取締役に。セガグループのゲームに関する研究開発部門を統括する、ゲーム業界を代表するクリエイターのひとり。

モデレーターはグッドラックスリーの井上さんです。


井上 和久
株式会社グッドラックスリー
代表取締役CEO

東京大学工学部卒業後、2004年㈱ドリームインキュベータに参画し、インターネットモバイルコンテンツ部門のリーダーとして、日本を代表する大手ゲーム会社、モバイルプラットフォームへの経営戦略コンサルティングを担当。ベンチャー企業支援では、担当投資先㈱DLE(代表作「秘密結社鷹の爪」)の東証マザーズへの株式公開を実現。2013 年、生まれ故郷の福岡で、㈱グッドラックスリーを設立し、代表取締役兼CEOに就任。代表作「さわって!ぐでたま」シリーズ300万ダウンロード突破。累計7億円超の資金調達。日本アントレプレナー大賞エンタメ(社会貢献)部門賞受賞。福岡から世界No.1 モバイルアミューズメントパークを構築中。

では井上さん、進行をお願い致します。

井上 和久 氏(以下、井上) ご紹介ありがとうございます。

今回、”レジェンド”対談ということで、ゲーム業界のレジェンドである名越さんと日野さんに登壇していただくことになりました。

福岡開催ということで、(ICCパートナーズの)小林雅さんから「福岡らしく」やりたいというお考えを聞いています。

何が福岡らしいかと言えば、まず一つには、福岡のゲーム企業といえばレベルファイブです。

名越さんとも親しくさせていただいていますが、名越さんは下関出身とのこと、福岡の天気予報には下関の天気も出ていますよね。

名越 稔洋 氏(以下、名越) 無理矢理ですね。

井上 無理矢理です(笑)。

もう一つクロスメディアという点でも共通項があると思っています。

私が世界で最も尊敬する二人のクリエーターに登壇いただくという構想が実現しました。

チンピラ風の男がいるなと思ったら・・・

名越 今日来て今日帰りますが、既に楽しかったですよ。

羽田空港から来たのですが、空港のロビーで待っていたら、ガラの悪いチンピラ風の男がいるんですよ。

こちらをじっと見ているので、福岡に辿り着けなかったらどうしようかと思ったのですが(笑)。

見ていたら話しかけてきて、実は友人の元スーパーフェザー級チャンピオンの内山くんでした。

向こうもガラが悪いのがいるなと思ってよく見たら名越さんだったと(笑)。

しかも今日はここのホテル(グランドハイアット福岡)に泊まるらしく、ここまで一緒にタクシーに乗ってきまして、久しぶりに会えて、それだけでもいい思いをしました。

今日はがんばります、よろしくお願い致します。

井上 「龍が如く」を手掛けられたことで有名な名越さんですが、今セガゲームスでも研究開発全体の統括をなさっているんですよね。

名越 そうですね、セガゲームスのコンシューマー、そしてセガ・インタラクティブで取締役を務めています。

コンシューマーというのは最近ではスマホですね。

実は、ゲームスは社内バーチャルカンパニーなので、コンシューマーとコンソールとに別れているのですが、一応全体の統括ということになっています。

井上 「龍が如く」では、映画から企業とのコラボレーションまで、幅広くクロスメディアをなさっているんですよね。

名越 やりたがり屋なので。何でも聞いてください。

社員からも「日ノ神」

井上 ありがとうございます。

日野さんは、福岡ゲーム産業振興機構やGFF(GAME FACTORY FUKUOKA)などを率いられています。

オープンな組織で、私が福岡で起業した際にも迎え入れていただき、そのようなお付き合いで、一緒に登壇させていただく機会も多かったですね。

言わずと知れたという感じですが、「レイトン教授」から「妖怪ウォッチ」、「イナズマイレブン」などの作品を世に送出しています。

我が家の息子などは、「妖怪ウォッチ」に登場する日野さんをモデルにした妖怪「日ノ神(ひのしん)」のファンで、今日も日ノ神が登壇すると話したら、それだけで尊敬されてしまいました。

日野 晃博 氏(以下、日野) 最近、弊社の社員まで私のことを日ノ神と呼ぶようになりまして。

「日ノ神が駄目だと言っている」というような感じで社員同士が話しているのを聞くと、少し複雑な気分です。

井上 いいですね(笑)。

そういう遊び心も含めて、妖怪ウォッチは面白いなと思っています。

今新しいプロジェクトも仕掛けていらっしゃるのですよね?

日野 そうですね、新しいクロスメディアの仕掛けをつくることを中心に様々取り組んでいます。

井上 今日は、このお二方とセッションを進めていきたいと思います。

名越 たぶん、アプローチの仕方がお互い違うので、面白いのではないでしょうか。

日野 私も勉強させてもらおうと思っています。

井上 私は、グッドラックスリーという会社を経営していまして、300万ダウンロードを突破した「さわって!ぐでたま」シリーズ、ハウステンボスと共同開発した「エアリアルレジェンズ」というタイトルを手掛けています。

本日は、よろしくお願い致します。

(続)

編集部よりシリーズの予告

お読み頂き、ありがとうございます。本シリーズは、以下のテーマと日程で配信されます。ぜひ毎日御覧ください!

7月10日:【新】「龍が如く×妖怪ウォッチ」 – メガヒットを生み出すプロデューサー対談

7月11日:「龍が如く」誕生秘話 – 熱狂的ファンを生んだコンセプトメイキング

7月12日:「妖怪ウォッチ」のレベルファイブ日野氏が語る”プロデューサーの哲学”

7月13日:「龍が如く」総監督・名越稔洋氏が語る、”想像を超える”ゲームづくり

7月14日:「レイトン教授」誕生秘話 – 単なる”頭の体操”企画がメガヒットになったワケ

7月17日:売れている人ほど自分の価値を信じることに慎重(「龍が如く」総監督・名越稔洋)

7月18日:「妖怪ウォッチ」のレベルファイブ日野氏が語る、コンテンツの”クロスメディア”成功の鍵とは?

7月19日:「龍が如く×妖怪ウォッチ」 – メガヒットを生むクリエイティブをどう作るか?

7月20日:開発メンバーに嫌われて深めた「龍が如く」ヒットへの自信(「龍が如く」総監督・名越稔洋)

7月21日:【最終回】”ポケモンGO”の大ヒットをどう考えるか?(レベルファイブ日野晃博×「龍が如く」総監督・名越稔洋)

以上

(続)

続きは 「龍が如く」誕生秘話 – 熱狂的ファンを生んだコンセプトメイキング をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/鈴木ファストアーベント 理恵

【編集部コメント】

遂に配信です、レジェンド対談!冒頭から名越さんが飛ばしておりますが(笑)、シリーズ通してアイディアの発想、世界観の構築、クリエイティブのコミュニケーション等、ゲームに閉じないメソッドの宝庫で、勉強になることばかりの対談です。ぜひ毎日御覧ください!(榎戸)

他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。