人工知能 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 2

適切な目的を与えられるかがAIの価値を決める【SP-AI1 #5】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス KYOTO 2016から、IoTやAIによる人間社会の変化を議論したセッションを3回に再編集してお届けします。AI特集(その5)は、日立製作所の人工知能ラボラトリ長 矢野さんに、AIを活用する際に持つべき発想をお話し頂きました。汎用AI「Hくん」の活躍事例にも注目です。ぜひご覧ください。
記事を読む

AI時代に子どもは何を学ぶべきか?【SP-AI1 #4】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016から、AI時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが議論したセッションを4回に再編集してお届けします。AI特集(その4)は、会場からの質問を受け付け、これからの時代に子どもに何を学ばせるべきか?といった点を議論しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

AI時代において生き残るために必要なのは人間力【SP-AI1 #3】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016から、AI時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが議論したセッションを4回に再編集してお届けします。AI特集(その3)は、AI時代に本当に必要になる能力について議論しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

AIは人間の役割をどう変えるのか?【SP-AI1 #2】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016から、AI時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが議論したセッションを4回に再編集してお届けします。AI特集(その2)は、人工物と人間の境界を探り、人間の役割はどう変わるのか?といった点を議論しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

【新】人間の仕事はAIに代替されてしまうのか?【SP-AI1 #1】

2016年に配信した、AI(人工知能)に関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016から、AI時代を見据えた問いを第一線の研究者たちが議論したセッションを4回に再編集してお届けします。AI特集(その1)は、AIの可能性と限界から、人間の仕事は奪われるのか?といった点を議論しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

【最終回】「AIは社会的コンフリクトを生み出すか?」IoT/AI で変わる人間社会を徹底議論【K16-1A #9】

「IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?」【K16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その9)は、会場からの質問を受け付け、IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?というセッションテーマにそって、インタラクティブに議論いたしました。技術が起こす社会変化の本質に迫ります。是非御覧ください。
記事を読む

人工知能が生む出す新たな職業「AIer」とは何か?【K16-1A #8】

「IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?」【K16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その8)は、AIと人間の関係性、そしてAIで生まれる仕事は何か?を議論いたしました。今後のキャリアに示唆のある議論となりました。是非御覧ください。
記事を読む

組織のハピネスは加速度センサーで測れる(日立 矢野)【K16-1A #7】

「IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?」【K16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その7)は、日立製作所 人工知能ラボラトリ長 矢野さんに、加速度センサーとビッグデータを活用した組織の活性化事例についてお話し頂きました。人事制度などを考える上で非常に勉強になる内容です。是非御覧ください。
記事を読む

人工知能”Hくん”はものすごく少ないデータで学習し、最適解を導く(日立 矢野)【K16-1A #6】

「IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?」【K16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その6)は、日立製作所 人工知能ラボラトリ長 矢野さんに、AIに対する目的設定の重要性と、日立製作所の人工知能「Hくん」を活用した各プロジェクトについてお話し頂きました。是非御覧ください。
記事を読む

人間はコンピューターによって制御される(落合陽一)【K16-1A #5】

「IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?」【K16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その5)は、現代の魔法使い」を呼ばれる筑波大学 落合陽一さんにデジタルネイチャー研究の具体的な各プロジェクトについてお話し頂きました。どこまで思考が追いつけるか、試されます。是非御覧ください。
記事を読む