【保存版】全自動で世界水準の資産運用を実現する「ウェルスナビ」

2017年5月31日〜6月2日まで配信しました 全自動で世界水準の資産運用を実現する「ウェルスナビ」 の全シリーズをまとめました。是非ご覧いただければ。ウェルスナビ代表 柴山さんのインタビュー動画も合わせてご覧ください。


2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
CATAPULT GRAND PRIX (カタパルト・グランプリ)
Supported by IBM BlueHub

柴山 和久
ウェルスナビ株式会社
代表取締役CEO

東大法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒。日英の財務省にて9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画。財務省を退職後、INSEADで金融工学を学ぶ。2010年にマッキンゼーに入社し、ウォール街に本拠を置く10兆円規模の機関投資家によるリスク管理や資産運用を支援。Tech::Campにてプログラミングを学んだ後、2015年4月にウェルスナビ株式会社を設立。資産運用のロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」や、おつりで資産運用アプリ「マメタス」により、働く世代の資産運用をサポートしている。ニューヨーク州弁護士。

あわせて読みたい
働く世代が手軽に資産運用できる「ウェルスナビ」の仕組み【F17C-WNV #1】 ウェルスナビ柴山和久さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その1)は、資産運用ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の概要と、働く世代が抱えるライフ・プランの課題についてお話いただきました。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。
あわせて読みたい
世界標準の国際分散投資の仕組みを日本でも広めたい(ウェルスナビ柴山)【F17C-WNV #2】 ウェルスナビ柴山和久さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その2)は、資産運用ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の仕組みについてお話し頂きました。資産運用が自動化される凄い仕組みです。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。
あわせて読みたい
「モノづくりができる金融機関」ウェルスナビは次世代の金融インフラを創る【F17C-WNV #3】 ウェルスナビ柴山和久さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その3)は、「モノづくりができる金融機関」と話すウェルスナビの組織と続々と開発する新機能についてお話いただきました。お釣りで資産運用ができるアプリ「マメタス」も登場します。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。
あわせて読みたい
注目ベンチャー「ウェルスナビ」 が求める人材像 注目ベンチャー企業の経営者が出席したカジュアルな交流会「ICC CONNECTION」(2017年5月10日開催)においてベンチャー企業で働く魅力や「どのような人に入社してほしいの...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!