「モノづくりができる金融機関」ウェルスナビは次世代の金融インフラを創る【F17C-WNV #3】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

「モノづくりができる金融機関」ウェルスナビは次世代の金融インフラを創る【F17C-WNV #3】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ウェルスナビ柴山和久さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その3)は、「モノづくりができる金融機関」と話すウェルスナビの組織と続々と開発する新機能についてお話いただきました。お釣りで資産運用ができるアプリ「マメタス」も登場します。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。是非御覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト(CATAPULT)」のオフィシャル・サポーターです。

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」「カタパルト・グランプリ」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください


2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
CATAPULT GRANDPRIX (カタパルト・グランプリ)
Supported by IBM BlueHub

柴山 和久
ウェルスナビ
代表取締役CEO

誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたいという想いから、TECH::CAMP で一からプロトタイプを制作した後、2015 年 4 月にウェルスナビ株式会社を設立。海外の富裕層の間では当たり前となっている国際分散投資を全自動で利用できる「WealthNavi」を2016年1月より提供。2017年春には、預金・カード・資産運用が連携した「お釣りコツコツ投資」をローンチ予定。起業前には、日英の財務省で合計9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画した後、東京およびニューヨークのマッキンゼーに勤務し、ウォール街に本拠を置く10兆円規模の機関投資家を1年半サポート。東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。

資産運用ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の配信済みの記事一覧

▶編集注:記事の末尾にウェルスナビ株式会社より【重要な注意事項】を掲載しております。お読みください。

▼Part 1,2のハイライト▼

柴山 ウェルスナビでは、長期的な資産運用を完全におまかせで、自動で提供しています。

ノーベル賞を受賞したアルゴリズムを基盤としたシステムによって、人間の主観を完全に排して資産運用を行っています。

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

6-7のETFを通じて世界中50カ国11,000銘柄に最適な割合で投資をする、といったポートフォリオを自動的に算出し、お客様、ユーザーのPCやスマホからNY証券取引所までを直結し、そこにアルゴリズムを乗せることによって、取引が完全に自動的に行われます。

そして、積立や分配金の再投資、リバランス、更には税金の繰り延べまで全てアルゴリズムで完全に自動で提供するサービスです。

私には、アメリカ人の義理の両親がいますが、日本人である私の両親とその義理の両親は大体同じ学歴で、同じような経歴、年齢も同じなんですが、資産が10倍ぐらい違うんです。

その秘密が、義理の両親の場合はたまたま会社の福利厚生でウェルスナビのような仕組みがあり、まだ全然資産がない若い時から、国際分散投資を長期で積立でやっていたということにあります。

そのような仕組みを是非日本でも広めたいと思い、日本でウェルスナビを起業しました。

▲Part 1,2のハイライトはここまで▲

▼Part 3 はこちらから▼

柴山 このようなロボアドバイザ-は、アメリカでは2020年には220兆円規模になる、つまり若い世代のスタンダードになると言われています。

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

私どものサービスも順調に成長しています。

ウェルスナビ社プレスリリース「正式リリース9ヵ月で預かり資産100億円を突破」

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

特に、20代から50代の働く世代がユーザーの95%を占めていて、働く世代のサポートをしています。

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

ウェルスナビは「モノづくり」ができる金融機関

なぜこれが私どもでは可能なのかと言いますと、金融機関でありながら、チームの過半数がエンジニアです。

「モノづくり」ができる金融機関なので、このような新しい富裕層向けのサービスを誰にでも提供することが可能となっています。

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

そして、次々に新機能を開発しています。

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

クラウドの積極活用によってコスト削減を実現しています。

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

金融機関との連携で事業を加速

 

今年(2017年)の1月31日からは、SBI証券のお客様にウェルスナビが自動的に提供されるようになりました。

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

10営業日で3,500件を超えるお申込みをいただきました。

2017年5月17日時点で申込件数21,000口座を突破

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

更に、近日中には住信SBIネット銀行のお客様にも提供していきます。

住信SBIネット銀行「ロボアドバイザー(自動資産運用サービス) – 商品概要」

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

「お釣り」が投資に回る新サービス

更には、お釣りの500円からこつこつ投資に回っていくというサービスを若い世代向けに提供していきたいと思います。

おつりで資産運用アプリ「マメタス」を5月末より提供予定
お釣りで始める資産運用「マメタス」の使い方を運営会社に直撃

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

こうして、働く世代が豊かさを実感できるような新しい金融インフラを創って参ります。

ご清聴ありがとうございました。

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

ICC FUKUOKA 2017 カタパルト「ウェルスナビ」

(終)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/城山 ゆかり

ウェルスナビ柴山さんのプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

最後までお読みいただきありがとうございます!他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。