「BizteX」は、クラウドRPA(ロボットによる業務自動化)で新たなワークスタイルを創る(ICC FUKUOKA 2018)【文字起こし版】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

「BizteX」は、クラウドRPA(ロボットによる業務自動化)で新たなワークスタイルを創る(ICC FUKUOKA 2018)【文字起こし版】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット FUKUOKA 2018 スタートアップ・カタパルトに登壇した、BizteX 嶋田 光敏さんの【「BizteX」は、クラウドRPA(ロボットによる業務自動化)で新たなワークスタイルを創る】プレゼンテーションの文字起こし記事を是非ご覧ください。

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(インターン)の募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット KYOTO 2018は2018年9月3日〜6日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「STARTUP CATAPULT」のオフィシャル・サポーターです。


【登壇者情報】
2018年2月20日・21日・22日開催
ICCサミット FUKUOKA 2018
Session 1B
STARTUP CATAPULT
-スタートアップの登竜門-
Supported by IBM BlueHub

(プレゼンター)
嶋田 光敏
BizteX株式会社
代表取締役

Jフォン株式会社、Vodafone株式会社、ソフトバンク株式会社で通信商材を企業向けに提供する法人事業に約14年従事。営業時代は達成率No.1を獲得、2012-15年の3年間は法人事業の新規プロジェクト、新規事業開発の室長を歴任。法人向け電力小売りPJ、IBM WatsonPJ、法人版Pepper PJなど数多くの事業立ち上げを実施。2015年BizteXを創業。趣味はサッカー、フットサル。

「ICC FUKUOKA 2018 STARTUP CATAPULT」の配信済み記事一覧


嶋田 光敏氏(以下、嶋田) PC上の定例業務を簡単に自動化するクラウドRPAサービス「BizteX cobit(ビズテックス コビット)」を開発・提供しているBizteXの嶋田と申します。

宜しくお願いします。

弊社は、「テクノロジーで新しいワークスタイルを創る」をビジョンとして掲げております。

私は前職のソフトバンク社において法人向けの新規事業開発の責任者を務めておりました。

また、弊社CTOの袖山 剛はワークスアプリケーションズ社でゼネラルマネージャーをしていた者で、BtoBに非常に強いチームです。

▶編集注:株式会社ワークスアプリケーションズは、大手企業向けERPパッケージソフト「HUE」や「COMPANY」の開発・販売・サポートを行うソフトウェアメーカーです。

「BizteX cobit」はPC操作を代行するデジタルロボット

ここではまず、「RPA」とはどのようなものかをご説明したいと思います。

突然ですが、この中で「RPA」をご存知の方がいらっしゃいましたら、挙手頂けますでしょうか。

(会場挙手)

ありがとうございます、半分くらいの方がご存知ですね。

RPAとは「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の頭文字をとったものです。

人がPC上で行う「入力」「検索」「集計」等の繰り返し業務を、PC上のロボットに覚えさせて自動化する。

ハードウェアの(=物理的な)ロボットではなく、ソフトウェアとしてのロボットとお考えください。

皆さんの中にも、お客様や投資先のウェブサイトを毎日確認するなど、手間のかかる業務を行っている方がいらっしゃると思います。

私たちのサービスは、そのような定型業務から皆さんを解放するものです。

それでは早速デモをご覧ください。

これは、広告代理店様が弊社のRPA「BizteX cobit」を使って、SEO(※)のためにキーワード検索を自動化している動画のデモです。

▶編集注:SEO(search engine optimization、検索エンジン最適化)とは、Googleなどの検索エンジンで目的のウェブサイトを上位に表示させるための施策の総称。

まずはロボットを作成します。

「新規ロボット作成」ボタンを押し、名前を付け、検索ワードをまとめたExcelファイルを添付し、ロボットの作成を開始します。

先程のExcelファイルから、実際にロボットに読み込ませたいキーワードを選択します。

次に、使いたいウェブサイトやシステムのURLをコピーし、弊社のサービス内で開きます。

するとこのように、検索ボックスにテキストを入力し、検索ボタンのクリックし、その検索ワードでヒットするウェブサイトの順位を繰り返し取得させることができます。

画面遷移を行い、ヒットしたウェブサイトのURLを取得することなども簡単に行うことができます。

またご覧頂きました通り、こうして操作をすると画面左の緑のボックスの中で次々と「ステップ」を覚えていきます。

取得したデータをもう一度Excelに貼り付けることも、簡単に覚えさせることができます。

これでロボットが作られました。

では、このロボットを実際に動かしてみたいと思います。

ロボットの実行を開始します。

そうすると、ロボットが圧倒的に早く、一気に先ほどのプロセスを自動で行ってくれます。

これで完了です。

では、ロボットが作成したExcelデータを開いてみます。

キーワードやタイトル、URLを100件以上、ミスなく正確にアウトプットしてくれます。

(デモ動画終了)

非常に便利です。

実際この業務の自動化により、導入されたお客様は年間1,200時間以上も作業時間を削減しています。

人件費に換算すると、年間360万円相当のコスト削減になります。

月額+「ステップ」に応じた従量課金モデルを採用

次に、私たちのビジネスモデルをご紹介したいと思います。

私たちは企業様へ「BizteX cobit」をSaaSモデルで提供し、月額に加え、ロボットの稼働量に応じた従量課金を頂戴しています。

BizteX cobitの主な特長は3つです。

1つ目は、「誰でも簡単にロボットを作ることができる」ということです。

2つ目は、ウェブやExcelなど、どのような業務にも対応可能ということです。

そして3つ目は、24時間365日、人の3倍以上働いてくれるという強みです。

実際にロボットができることとしては、先ほどのようにシステムにログインして、入力や取得を繰り返すことの他にも、機能を組み合わせたり、作ったロボットをタイマー予約して、毎日定期的に実行させたりすることもできます。

次に、BizteX cobitのプライシングについてご説明したいと思います。

発行するアカウント数や作成するロボット数は無制限です。

フリートライアルとして1週間無料でお使い頂くことができ、月額10万円、20万円、30万円のパッケージを提供しています。

月額10万円のプランには、無料の「ステップ」が10万ステップ含まれているということになります。

ここで、BizteX cobitの従量課金単位「ステップ」をご説明したいと思います。

例えば先ほどのSEO検索ロボットは、1回当たり「200ステップ」で稼働させることができます。

したがって仮にこのロボットを10回動かすと 200ステップ×10回=2,000ステップですので、月額10万プランに加入頂いている場合、残りは 10万ステップ−2,000ステップ=9万8,000ステップ、ということになります。

無料ステップ内で、まだまだ他の業務を行うことができます。

国内初のクラウドRPA

ではなぜ、弊社が選ばれるのかをご説明したいと思います。

これまでのRPAサービスは、PCやサーバーへのインストールが必要な「オンプレミス型」の製品ばかりで、利用開始までの期間が長く、料金も高く、難しいソフトウェアを使用したものばかりでした。

私たちはより多くのお客様にRPAを届けたいという想いから、BizteX cobitを国内初の「クラウドRPA」として開発し、即日利用可能、コストもリーズナブルで、誰でもロボットを簡単に作成できる形で提供しています。

以前、会計ソフトのマーケットではクラウド会計のfreeeさんが業界構造を変え、80万事業所という非常に多くのお客様に製品を提供されていました。

私たちも同様に、RPAをクラウドで提供することにより、ロングテールのお客様を含め、多くのお客様に届けていきたいと考えています。

次にトラクションです。

BizteX cobitの導入社数はリリース後7ヵ月で100社(無料期間ユーザー含む)を超え、私たちのKPIである「ステップ」で言いますと、1,300万ステップを超えました。

1ステップが1円に相当しますので、1,300万円相当以上のロボットが稼働しているとお考えください。

この先1年後にはさらにサービスを伸ばし、お客様の定型業務を自動化し、3億ステップを目指してまいります。

コスト削減に加え、お客様・従業員の満足度向上にも貢献

私たちの製品をよくお使い頂いているお客様は、広告代理店やアドテクの企業様、人材系の企業様、サービスやBPO系の企業様です。

実際に広告代理店様においては、先ほどのSEOのランキング調査に加え、FacebookやTwitterなどの管理画面にログインし、コンバージョンのデータを取得してレポートを作成するという、管理画面ごとのロボットを作り、業務を自動化しています。

続いての導入事例は、法律事務所様です。

こちらの法律事務所ではこれまで、破産された方に対応をするため、レシートを預かりSalesforceに入力するという業務がありました。

BizteX cobitは、この業務を自動化しました。

マネーフォワードさんの家計簿アプリでレシートを撮影し、ウェブ画面からデジタルデータをロボットによって取得し、そのデータをSalesforceに入力させるという形でご利用頂いています。

API連携することなく、簡単にOCR(optical character recognition、光学文字認識:手書き文字や印刷された文字を認識し、文字コードにデジタル変換するシステム)との連携を行うこともできます。

こうした業務にエンジニアのリソースを使うのはもったいない、ということが言えると思います。

実際にBizteX cobitを導入頂いたお客様からは、残業時間の削減はもちろん、定型業務から解放され、お客様や従業員の満足度が上がったという声を頂いています。

「テクノロジーで新しいワークスタイルを創る」

続いて、BizteXの今後の展開です。

現在、RPA市場のCAGR(年平均成長率)は50%以上と非常に高く、今後もどんどん伸びてゆくと予想されます。

私たちはこのマーケットで、(BizteX cobit)のAPIを公開したり、画像認識機能の追加や多言語化をしたりすることで、グローバル展開を進めていきます。

私たちのクラウドRPAの中に、次々とロボットのデータが蓄積していくのです。

また今後、お客様が作られたロボットを自由に売買できるような、ロボットのマーケットプレイスも展開していきます。

今後は自社でロボットを作らずとも、欲しいロボットを購入し業務を自動化する、そんな時代がやってきます。

私たちは、国内初のクラウドRPAという先行優位性を活かし、日本の緻密で正確な業務シナリオを、世界に展開できる唯一の会社であると思っています。

私たちは、「テクノロジーで新しいワークスタイルを創る」というビジョン通りのプロダクト“BizteX cobit”とともに、発展していきたいと思います。

企業の皆様、ご興味を持って頂けましたらぜひお声掛けください。

また、これからシリーズAの資金調達を実施していきたいと思っていますので、興味を持って頂いた投資家の皆様もぜひお声掛け頂けたらと思っています。

以上、BizteXでした。

ありがとうございました。

(終)

BizteX 嶋田 光敏さんのプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/戸田 秀成/浅郷 浩子/尾形 佳靖/平井 優花

【編集部コメント】

作成したロボットで、キーワード検索からのExcel出力があっという間に終わる様は圧巻でした。将来、マーケット・プレイスでどのようなデジタル・ロボットが売買されそうか、1つのロボットの価格帯はどれぐらいのレンジになるのか、想像してみるとワクワクします!(尾形)

最後までお読みいただきありがとうございます!他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。