RevComm「MiiTel」は、AIによる音声解析で電話営業・顧客対応をアップデートする!(ICC KYOTO 2019)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

RevComm「MiiTel」は、AIによる音声解析で電話営業・顧客対応をアップデートする!(ICC KYOTO 2019)【文字起こし版】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

ICCサミット KYOTO 2019 スタートアップ・カタパルトに登壇し、4位入賞に輝いた、RevComm 會田 武史さんのプレゼンテーション動画【RevComm「MiiTel」は、AIによる音声解析で電話営業・顧客対応をアップデートする!】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2020は、2020年2月17日〜20日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット KYOTO 2019 プレミアム・スポンサーのラクスル様、プラチナ・スポンサーの日本アイ・ビー・エム様にサポート頂きました。


【登壇者情報】
2019年9月3日〜5日開催
ICCサミット KYOTO 2019
Session 1A
STARTUP CATAPULT スタートアップの登竜門
Supported by ラクスル & 日本アイ・ビー・エム

(プレゼンター)
會田 武史
株式会社RevComm
代表取締役
公式HP | STARTUP DB | LinkedIn

三菱商事株式会社に入社し、自動車のトレーディング、海外市場での販売/マーケティング施策の企画・立案・実行、クロスボーダーの投資案件・新会社設立、政府向け大口入札案件、M&A案件等に従事。2017年7月に株式会社RevCommを設立。AI搭載型クラウドIP電話「MiiTel(ミーテル)」を展開。

「ICC KYOTO 2019 スタートアップ・カタパルト」の配信済み記事一覧


會田 武史さん おはようございます。株式会社RevComm(レブコム)の會田です。

我々RevCommは、「Revolution」×「Communication」、コミュニケーションに革命をもたらすスタートアップです。

コミュニケーションといっても、我々がフォーカスしているのは、口頭のコミュニケーション、すなわち「音声(Voice)」です。

「音声(Voice)」×「人工知能(AI)」で、プラットフォーマーを目指して事業展開しています。

ご提供しているのは、電話営業をAIで可視化する「MiiTel(ミーテル)」というサービスです。

電話営業の「ブラックボックス問題」とは?

まず、電話営業における悩みについてお話しします。

電話営業では、担当者が顧客の話を聞き、それを自社の上司や訪問営業担当者に報告します。

この時、報告する側の担当者には、「他の営業担当や関係者に共有しづらい」「ニュアンスまで正確に伝えきれない」「営業活動を振り返りづらい」といった悩みがあります。

一方、報告される側の上司・訪問営業担当者には、「担当のバイアスが掛かってしまう」「各担当の課題をファクトベースで把握できない」「従って、失注分析や次のアクションへのアドバイスが難しい」といった悩みがあります。

これら多くの悩みは、実はたった1つの本質的課題によって起きています。

その本質的課題とは、顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス問題です。

電話営業がブラックボックス化していることにより、なぜ成約あるいは失注したのか、なぜパフォーマンスにばらつきがあるのかが分かりません。

よって、労働集約型の属人的な営業になってしまうのです。

AI搭載IP電話「MiiTel」は、電話営業を“見える化”する

そこで我々は、AIで顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているかを可視化することで、生産性の高い営業を実現するツールを開発・提供しています。

それが「MiiTel(ミーテル)」です。

実際のプロダクトをご説明します。

まず我々は、CRM(Customer Relationship Management)と連携したインターネット電話をお客様に提供しています。

顧客の番号をクリックしただけで、「03番号」、「0120番号」での発着信が可能です。

ここで交わされた会話はすべて録音・解析されていて、電話営業が“見える化”されます。

例えば次のスライドのように、自社のどの担当者が、何月何日・何時何分に、どの取引先のどの担当者と何分何秒話したか、が記録されます。

さらにその結果、話している時間と聞いている時間の比率、沈黙の回数、顧客が話している時に被せて発言した回数、何回会話のやりとりがあったか、そして話速がすべて“見える化”されます。

話速、発話量、発言ワード…会話が見えるから、課題が分かる

MiiTelで出来ることを、「話速」を例にご説明します。

営業の世界ではよく、「ペーシング」すなわち「顧客が話している速度と同じくらいの速度で話すこと」が重要と言われています。

実はこれには生物学的根拠がしっかりあり、話している速度と脳の処理速度がだいたい相関すると言われています。

▶参照:Nip IS & Green JR:Increases in cognitive and linguistic processing primarily account for increases in speaking rate with age. Child Dev, 84:1324-1337, 2013

そのため、顧客より速く話してしまうと営業トークを理解してもらえなくなる、逆に遅く話してしまうとイライラされて聞いてもらえなくなる、ということが起こります。

例えば以下の商談では、営業担当が1秒あたり6文字の発話をしているのに対して顧客は1秒あたり3文字なので、約半分くらいしかご理解いただけていない可能性があります。

実際にこの商談では、電話で説明したのにもかかわらず後日メールでのお問い合せがたくさんあり、通常のクロージングの倍近い時間がかかってしまいました。

現実的には1人の顧客にそこまで時間をかけていられないので、このような案件は失注します。

このようにMiiTelでは、どのように話していて、どこに課題があるのかを定量的に可視化することができるのです。

また、誰がどこで、どのようなキーワードを発しているかも可視化されます。

さらに会話にコメントをつけて、それを抜粋・共有することも可能です。

そして、次のように自動で全文文字起こしもされます。

営業担当者のセルフコーチング・ツールとしての活用も

次に、具体的なユースケースです。

今までは、顧客のヒアリング事項を詳細にCRM(顧客管理ツール)にインプットしており、これに膨大な工数と時間が掛かっていました。

MiiTelで、会話の抜粋・共有機能を使うことにより要点を箇条書きするだけでよくなり、インプットに係る工数が劇的に減少します。

報告される側にとっても、文字情報だけでは分からなかった顧客のパーソナリティーやニュアンスを正確に把握できるようになるので、結果として成約率が飛躍的に伸びます。

ダッシュボード画面では、何曜日の何時につながりやすいかや、発信と着信の履歴、それぞれの商談がどのような内容だったかといった統計情報を顧客ごとに見ることができます。

また、それぞれの担当者の傾向が簡単に一覧化できるので、担当者自らが営業トークを振り返るセルフコーチング・ツールとしても、ご愛用いただいています。

このように「MiiTel」を使うことで電話営業のブラックボックス問題が解消し、生産性の高い営業へのシフトが可能となるのです。

通常のIP電話よりも安価で高機能、導入数は右肩上がり

実際にMiiTelを導入いただいたお客様では、導入からたった4カ月で商談獲得率が+62%アップし、各工程に係るコストは激減しました。

その結果として、500%を超えるROI(投資対効果)を達成できました。

このように導入により利益が上がり、コストを下げることが実証できているMiiTelですが、よく「高いんじゃないの?」と言われます。

実はその真逆で、1IDあたり月額5,980円で導入いただけます。

通常のIP電話は1IDあたり月額6,000〜7,000円、録音機能もつけると月額10,000~15,000円の費用がかかります。

MiiTelは通常のIP電話の約1/2〜1/3の費用で導入いただけるばかりか、1ID・単月から契約可能で、しかも初期費用はかかりません。

プロダクトをローンチしてまだ1年経っていませんが、すでに1,000ユーザーを超えており、MiiTelを通してこれまで220万件の電話営業がなされました。

ブラックボックス問題というのは普遍的かつ本質的課題ですので、業界や規模を問わずご導入いただけています。

解析エンジンのプラットフォーム化で、多領域展開を狙う

このように短期間で多くの企業様に導入いただいていますが、我々の最大の強みは何かというと「自社のエンジニアが、フルスクラッチですべてを開発している」という点にあります。

IP電話、解析エンジン、WEBアプリケーション、すべてをフルスクラッチで開発しています。

よって我々は、お客様のニーズにあわせた次の事業展開に関しても、迅速かつ柔軟に対応可能です。

今後、機能面としては「美声モード」や「自動スクリプト作成」ひいては「自動アポ取りAI」をつくります。

すなわち「人間を電話営業から解放する」ことを目指します。

また、事業領域は現在のセールスに始まり、次は「ミーティング」、その延長線として「経営判断」のAIをつくります。

プラットフォーム展開も進めており、SaaSからPaaS(Platform as a Service)に展開していきます。

具体的に言うと、MiiTelの音声解析エンジンをセールスTech以外の領域でもご活用いただけるようにしてまいります。

すでに、HR Tech企業様とともに共同で「リモート1on1」や「リモート面接ツール」へのMiiTelの音声解析エンジンの組み込みを進め、ご活用いただいている例もあります。

そして我々は、この事業を日本市場のみならず、グローバルに展開していきたいと考えています。

最後に、我々のフィロソフィーをご紹介します。

「新たなコミュニケーションの在り方を創造し、世界に変革をもたらす」

そのために、まずはMiiTelを使って日本の営業生産性を向上させることにコミットしていきたいと思います。

皆様ぜひ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

(終)

▶︎実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/花本 夏貴/尾形 佳靖/戸田 秀成/小林 弘美

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。