日程調整のプロセスを大幅削減! 複数カレンダー連携で予定管理から日程調整まで一元管理するプラットフォーム「Spir」(ICC KYOTO 2021)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

日程調整のプロセスを大幅削減! 複数カレンダー連携で予定管理から日程調整まで一元管理するプラットフォーム「Spir」(ICC KYOTO 2021)【文字起こし版】

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC KYOTO 2021 スタートアップ・カタパルトに登壇いただいた、Spir 大山 晋輔さんのプレゼンテーション動画【日程調整のプロセスを大幅削減! 複数カレンダー連携で予定管理から日程調整まで一元管理するプラットフォーム「Spir」】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回250名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2022は、2022年2月14日〜2月17日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページのアップデートをお待ちください。

本セッションは、ICCサミット KYOTO 2021 ダイヤモンド・スポンサーのノバセル にサポート頂きました。

【速報】“業界DX”で巨大市場が動く!オフィス不動産データプラットフォーム運営の「estie(エスティ)」がスタートアップ・カタパルト優勝!(ICC KYOTO 2021)


【登壇者情報】
2021年9月6〜9日開催
ICC KYOTO 2021
Session 1A
STARTUP CATAPULT
スタートアップの登竜門
Supported by ノバセル

大山 晋輔
株式会社Spir
代表取締役社長

東京大学経済学部卒業。戦略コンサルティングファームのコーポレイトディレクション(CDI)の東京・上海オフィスでの勤務を経て、2014年に株式会社ユーザベースに入社。ユーザベースではSPEEDA事業の事業開発・プロダクト開発の責任者、営業部門を経て、2017年にNewsPicks USAのCOOに就任し米国事業の立ち上げ責任者として事業戦略策定やプロダクトマネジメント、マーケティング等に従事。2019年に株式会社Spirを設立。


大山 晋輔さん おはようございます。

日程調整カレンダープラットフォーム「Spir」の大山です。

こちらは、ある経営者のコロナ禍前後のカレンダーを比較したものです。

皆さんご存知の通り、移動時間がなくなったことで予定がどんどん詰まり、オンラインミーティングの設定の手間が増えています。

働き方はすごく変わりましたが、予定を管理するカレンダーは全く進化していません。

1日3件の日程調整は業務時間の約10%に相当

ではここで、よくある日程調整の方法を見てみましょう。

あなたは経営者の伊藤さんで、社外デザイナーの佐藤さんと一緒に、お客様の中村さんにユーザーインタビューをするという3者間の日程調整を行うことを想像してみましょう。

この場合の日程調整の流れとしては、カレンダーの空き時間を見て、メールに書き出して送信、これを3者間でやりとりし、日程確定後もZoomなどのURLを送って、それぞれが登録します。

全てが1回でうまく調整できたとしても、20回以上のステップを踏んでいます。

仮に1日に3件の予定を調整しているとすると、皆さんの業務時間の10%ほどを費やしていることになります。

皆さんの業務時間の10%は、決して安くないと思います。

連携していなかった日程調整ツールと自分のカレンダーを統合

「国内外に色々な日程調整ツールがあるじゃないか」と思われる方もいるかもしれませんが、そこにも大きな課題があります。

これは海外の主要な日程調整ツールですが、候補日を設定するときも確定するときも、自分のカレンダーを見なければ結局は正しく判断できないのです。

つまり、日程調整ツールとカレンダーが分断されているのです。

そこでSpirは、日程調整ツールとカレンダーを統合し、あらゆる予定の管理と調整をワンストップで行えるようにしました。

複数のカレンダーと連携し、1つのカレンダーに予定を表示

今回の3者間の調整を、Spirを使って行うとどうなるのか、ご覧ください。

まず前提としてSpirは、OutlookやGoogleカレンダーなど複数のアカウントを連携し、1つのカレンダー上で予定を共有、表示することができます。

それぞれのアカウントの共有設定は、どこまで表示するか細かく設定が可能です。

Slackのワークスペースのように、共有対象は社内だけではなく社外の人、つまり今回の例で言えば佐藤さんのような立場の方にも共有できます。

ですから、事前に佐藤さんの予定を確認する必要はありません。

主催者はカレンダー上で候補日時を設定してURLを発行

では、実際の調整を見てみましょう。

他のツールと同様、事前に設定した条件に合致する空き時間を候補とする調整ができます。Spirでは伊藤さんと佐藤さんの条件に合致する空き時間をカレンダー上で確認することができるので、問題がなければURLをコピーし、メールで送信するだけで、伊藤さんの調整は完了です。

ただ、皆さんご存知の通り、予定が空いているからアポイントメントを入れていいというわけではありません。

例えば、大事な株主ミーティングの前には別の会議を入れたくないこともあると思います。

Spirは、候補日と予定を並べて確認頂けるので、事前にブロックしたい時間帯があれば、それを登録することで、最適な形で相手に候補日時を表示させることができます。

もっと戦略的に、重要なミーティングを設定したいこともあると思いますが、その場合は空き時間を共有するのではなく、1回限りの日程調整のURLを作って調整することができます。

予定を見ながら最適な時間を候補として設定し、1回限りの日程調整のURLを発行すると、URLのコピーもしくはURLと候補日時の両方をコピーすることができるので、URLと候補日時を同時にメールにペーストできます。

書き間違えることもありませんし、目上の方にURLだけを送るのは気が引けるという心配もなくなります。

受信者はURLをクリックしカレンダー上で日時を確定

では、受け手の中村さんにはどのように見えるのでしょうか。

Spirに登録している中村さんは、メールについているURLをクリックすると、ご自身の予定と候補日時を見比べながら、また必要であれば同席する同僚の予定も見ながら、予定の確定をして頂けます。

もう日程調整ツールとカレンダーを行ったり来たりすることなく、間違いなく日程の確定ができます。

確定ボタンをクリックすると、Spirに登録している3人の方に招待メールが送信され、ZoomのURL発行も完了です。

こうして、もともと必要だった20回以上のプロセスは、Spirを使って頂くと、たった3回のステップに減るのです。

工数が削減されるだけではなく、調整のリードタイムも減るので、商談成約率や内定承諾率などのCVRも上がります。

月額1,480円(税込)で、予定管理、調整、代理の調整、全ての機能をご利用頂けます。

ご自身の予定管理と日程調整であれば、なんと無料で使って頂けます。

今日参加されている皆さんが、アシスタントに日程調整を任せる時代はもう終わりです。

Product-Led Growth型の成長モデル

トラクションについて、お話しします。

昨年(2020年)11月にベータ版をリリースしてからどんどん成長しており、口コミのみで13,000人のユーザー、50,000回の予定調整を達成しました。

Spirを使って予定調整頂くと、相手が便利だと感じるので、その方がさらにSpirを利用して予定調整をすることで、どんどんユーザーが増えていくのが成長の秘密です。

このような、Product-Led Growth 型(※)の成長サイクルを既に実現しています。

▶編集注:プロダクト自身が成長拡大の主体となること

多くの皆さんから好評の声を頂いていますが、「もうSpirなしの人生は考えられません」とのお言葉まで頂きました。

利用シーンとしては、セールス、マーケティング、採用から、投資家など、社外との打ち合わせの日程調整であればあらゆる場面でご活用頂けるツールです。

現在、ベータ版であるチームプランは、先行して70チーム以上にトライアル頂いています。

大手プロフェッショナルファーム、スタートアップ、VCなど、幅広い業種・規模のチームに活用頂いています。

2022年、アメリカに進出

今後の展望は、現在提供している社外との調整機能にカレンダー機能を搭載し、カレンダーが世界共通のインターフェイスであるという特性を活かし、多言語化の上で、来年(2022年)アメリカに展開します。

カレンダーをベースとしたパーソナルCRMへと展開

ただ、Spirはカレンダーだけで終わるわけではありません。

いつ、どこで、誰と、どんな話を、何回したかというデータを自動蓄積し、それぞれのビジネスパーソンが誰とどうつながっているのかを可視化し、組織で共有するための、カレンダーをベースとしたパーソナルCRMを作ります。

今、ソフトウェア産業はパラダイムシフトが起こっています。

法人がメインの顧客中心のサービスから、個人ユーザーが中心となるサービスへとフォーカスが切り替わっています。

働き方が多様化していく中で、個に最適化されたCRMが求められているこの時代に、Spirは最適化したパーソナルCRMを提供していきます。

ご清聴ありがとうございました。

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成/大塚 幸

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。