自分にとっての人生の指針、モチベーションの源泉を解き明かして最適なキャリア選択をサポートする「ポジウィル」(ICC KYOTO 2021)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

自分にとっての人生の指針、モチベーションの源泉を解き明かして最適なキャリア選択をサポートする「ポジウィル」(ICC KYOTO 2021)【文字起こし版】

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC KYOTO 2021 スタートアップ・カタパルトに登壇いただいた、ポジウィル 金井 芽衣さんのプレゼンテーション動画【自分にとっての人生の指針、モチベーションの源泉を解き明かして最適なキャリア選択をサポートする「ポジウィル」】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2022は、2022年2月14日〜2月17日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページのアップデートをお待ちください。

本セッションは、ICCサミット KYOTO 2021 ダイヤモンド・スポンサーのノバセル にサポート頂きました。

【速報】“業界DX”で巨大市場が動く!オフィス不動産データプラットフォーム運営の「estie(エスティ)」がスタートアップ・カタパルト優勝!(ICC KYOTO 2021)


【登壇者情報】
2021年9月6〜9日開催
ICC KYOTO 2021
Session 1A
STARTUP CATAPULT
スタートアップの登竜門
Supported by ノバセル

金井 芽衣
ポジウィル株式会社
代表取締役

1990年群馬県出身。埼玉純真短期大学にて保育士・幼稚園教諭の免許を取得した後、2010年法政大学キャリアデザイン学部に編入。13年、リクルートキャリアに新卒入社し、人材紹介部門の法人営業(RA)として勤務。17年に国家資格キャリアコンサルタント登録。同年8月にポジウィル株式会社を設立し、同社代表取締役に就任。総額3億円程度の資金調達を経ながら、「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」キャリアのパーソナル・トレーニング事業『POSIWILL CAREER』を運営。20代、30代を中心に、世間一般における理想的なキャリアではなく、それぞれが自分なりのベストなキャリアを歩めるための支援を展開中。


金井 芽衣さん 「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」、POSIWILL CAREERを運営しているポジウィル株式会社、代表の金井 芽衣です。

私たちは、キャリアで悩んでいるの方の人生を丸裸にし、人生の指針を作る事業を行っています。

プログラムの金額は、2カ月半で50万円(税別・入会金込み)です。

プラン・料金(ポジウィル)

そもそも、なぜこの事業が必要か、なぜお金を払っていただけるのか、お分かりになりますか?

多様な働き方・生き方の選択肢に悩むミレニアル世代

時代背景から説明します。

私たちの親世代は、男性は大手で終身雇用、女性は専業主婦というのがよしとされてきました。

私たちミレニアル世代は男女ともに多様な選択肢があり、多様な働き方、生き方があるがゆえに、自分のベストが分からない方が増えています。

働き方で言えば、大手企業勤務だけではなく、起業やスタートアップ、フリーランスや副業などがあります。

生き方で言えば、女性は特に、結婚後も仕事を続けていけるのか、子供はいつ産むべきか、婚活はどうしようか、離婚するべきか、など様々な悩みがあります。

相談者の「人生の指針」を共に作る

私たちは、誰かの意見に惑わされず、自分にとっての人生の指針を作ることができる事業を行っています。

具体的な事業内容をご説明します。

2カ月半をかけて、専門家監修のワークシートを用いて、週1回のZoom面談と毎日のチャットを通じて、行動変容を促しています。

人生の指針は一人では見つけにくい

そもそも、人生の指針が一人で見つけにくいのは、なぜなのでしょうか?

私たちは、「本心にたどり着けず、何に悩んでいるのか分からない」のが原因だと考えています。

自分に自信がない、将来を不安に感じるなど、自分自身が動けない理由を作ってしまっている方が多いように思います。

例えば、Instagramのストーリーズを見て、友達が結婚していたり、表彰されていたりするのを見て、羨ましいと思うわけです。

そこで私たちは、「感情の体脂肪を取り除き、解決したいことが分かると、人生の指針を作り始めることができる」と考えています。

保育実習での気づきから大学編入を決意

こちらは、プログラムの全体像です。

これは私自身の例ですが、10代の頃、親のせいにして、自分が動けない理由を作ってしまっていました。

悩みを周りに話すと、悩んでいたのは自分だけではなかったと感じ、同じように悩んでいる人の力になりたいと考えたのです。

私は保育系の短大に通い、保育士になろうと思っていたのですが、養護施設や保育の現場を見て、子どもたちの幸福度は親世代の幸福度に起因することが多いと実感し、親世代の心や環境の問題を解決できないかと、キャリアカウンセリングが学べる、法政大学のキャリアデザイン学部に編入しました。

卒業後、リクルートに入社し、今の会社を作りました。

戦略的キャリアを積んでいく #つくるを選ぶ 【ポジウィル株式会社代表 金井 芽衣】(サンク)

幅広い相談者から高い満足度

では、実際の利用者の声をご覧ください。

いかがでしたか?

これまでの平均満足度は、8.7です。

例えば、家族のことで自分を責めてきたという方が自分を承認できるようになったり、漠然と仕事を辞めたいと思っていた方が、自身でどんな人生にしたいかを考え、キャリアの舵を自分で操縦できるようになったり。

また、自分のモチベーションの源泉を理解したことで、それを軸に職業を選ぶことができるようになった方もいます。

他には、20代で4社を経験し、転職エージェントからも転職が難しいと言われた方が、9社に内定して年収が160万円上がったという例もありました。

よって、幅広い層の方に満足していただけていると考えています。

「人生の軸を作る」市場を開拓

私たちは、巨大な人材サービス市場に対し、人生の「軸を作る」市場を作っていきたいと考えています。

人材業界はすごく大きな市場ですが、選択肢としての「求人広告」や「職業紹介」が多かったと思います。

私たちはそこに、「何を選べば自分にとってベストなのか」という市場を創っていきたいと思っています。

これは、相談申込者数の推移です。

これまで10,000人以上の方にキャリア相談を実施しており、毎月の相談希望者数は1,000名以上いて、無料カウンセリングの予約枠は、即満了しています。

メンタル不調の相談プラットフォームを展開

今後の事業展開について、お話しします。

キャリア相談サービスとして開始した事業ですが、コロナ禍をきっかけにメンタルが不調な方も増えているので、そういう方には専門家の支援サービスを提供したいと考えています。

また、キャリアアップ後にもっと頑張りたい方には、コーチングの継続プランをご利用いただいています。

2カ月半のみではなく、人生を通じて伴走していける事業になりたいと考えています。

現状は1on1のカウンセリングがメインですが、グループカウンセリングの実施や、サブスクリプションで視聴していただけるキャリア動画を作ってコンテンツ配信をしていきたいと思っています。

転職希望者だけではなく、経営者にも使っていただくことが増えてきました。

多様な選択肢に悩む人に寄り添う

「良い大学、良い会社に入れば人生安泰」、そう言われてきた人が多かったこれまで。

しかし、今の社会は終身雇用が崩壊し、多様な選択肢がありすぎて、「自分にとっての最適な人生とは何だろう?」と悩む人が増えています。

誰かの声に惑わされることなく、自分の意思でキャリアを切り開いていけるよう、サポートできる存在であり続けたいと思っています。

ご清聴ありがとうございました。

▶実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成/大塚 幸

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。