「Spir(スピア)」は複数カレンダーを一元管理して、自分も相手も思い通りの日程調整を可能にする(ICC FUKUOKA 2022) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

「Spir(スピア)」は複数カレンダーを一元管理して、自分も相手も思い通りの日程調整を可能にする(ICC FUKUOKA 2022)

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC FUKUOKA 2022 SaaS RISING STAR CATAPULTに登壇いただき見事3位に入賞した、Spir 大山 晋輔さんのプレゼンテーション動画【「Spir(スピア)」は複数カレンダーを一元管理して、自分も相手も思い通りの日程調整を可能にする】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット KYOTO 2022は、2022年9月5日〜9月8日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット FUKUOKA 2022プラチナ・スポンサーのHelpfeel(Nota)にサポートいただきました。

【速報】集金業務をキャッシュレス化!教育市場に向けたやさしい支払い支援サービス「エンペイ」SaaS RISING STAR CATAPULT優勝!(ICC FUKUOKA 2022)


【登壇者情報】
2022年2月14〜17日開催
ICC FUKUOKA 2022
Session 3A
SaaS RISING STAR CATAPULT
次のユニコーンを探せ!
Sponsored by Helpfeel(Nota)

大山 晋輔
株式会社Spir
代表取締役社長

東京大学経済学部卒業。戦略コンサルティングファームのコーポレイトディレクション(CDI)の東京・上海オフィスでの勤務を経て、2014年に株式会社ユーザベースに入社。ユーザベースではSPEEDA事業の事業開発・プロダクト開発の責任者、営業部門を経て、2017年にNewsPicks USAのCOOに就任し米国事業の立ち上げ責任者として事業戦略策定やプロダクトマネジメント、マーケティング等に従事。2019年に株式会社Spirを設立。


大山 晋輔さん 「相手も、自分も、思いどおりの調整を。」

日程調整ビジネスカレンダーのSpir(スピア)です。

リモートワークの普及で日程調整の手間が増加

皆さん、毎日のように日程調整をしていると思います。

もともと面倒だった調整ですが、リモートワークが普及したことで、調整の回数自体とZoomのURLを送る手間が増え、負担が増えたため、誰か代わりに調整してくれないかなという気持ちになっているのではないでしょうか?

この課題を解決するために色々な調整ツールが出てきていますが、中でもCalendlyというサービスがグローバルで最も大きなシェアを獲得しています。

日程調整アプリ「Calendly」から見える米国スタートアップ事情 2021-03-11(CORAL)

年率80%以上で成長しており、ARR(年間経常収益)は100ミリオンドルを突破しようとしています。

2021年には3,000億円以上の評価額で資金調達をしてユニコーンになりました。

How Atlanta’s Calendly turned a scheduling nightmare into a $3B startup(TechCrunch)

便利な日程調整ツールにも課題

この市場は非常に伸びていますが、これらの調整ツールには、大きく3つの課題があります。

まず、皆さんも複数のカレンダーアカウントで予定を管理することが増えていると思いますが、本業の予定が空いていても、副業の予定が埋まっていて「ダブルブッキングが発生」してしまいます。

課題① ダブルブッキングが発生

課題② 空いている時間が最適とは限らない

2つ目は、「空いている時間が最適とは限らない」ということです。

どのツールも空いている時間を候補として出しますが、例えば登録していなかった移動時間の枠に予定が入ってしまったり、重要な面接を入れたいのに、枠がブロックされていて、予定を入れられなかったりするのです。

課題③ 調整相手に負担を強いている

最後が、一番重要だと思うのですが、「調整相手に負担を強いている」ことです。

調整相手は、候補の日時を受け取っても、結局、自身のカレンダーと見比べないと予定を確定できないのです。

つい先日も、このような論争がTwitterで巻き起こっておりました。

主催者にとってはとても便利なツールだけれど、候補を受け取る相手からすると、限定された枠から選ばなければならないし、コントロールされているという不快感を持つようです。

先進的な日程調整ツールを持つアメリカでも、このように、調整相手にとって最適ではない調整方法は課題になっています。

これらの課題が解決されないので、結局は自分で調整をするか、アシスタントにお願いするかしかありません。

相手も自分も、思いどおりの日程調整が可能

しかしSpirは、日程調整ツールとカレンダーを統合することでこれらの課題を解決し、相手にとっても、自分にとっても、思いどおりの調整ができるツールです。

それでは、デモをご覧ください。

1つ目の「ダブルブッキング」の課題に対しては、Spirは、複数のアカウントとの連携が可能です。

本業のカレンダーとプライベートのカレンダーを連携し、両方の予定を同時確認、さらに別のカレンダーを追加することもできます。

同僚の予定も連携できるので、全てのカレンダーを一元管理できます。

これらの連携した複数のカレンダーから、空き時間の候補を探せるため、ダブルブッキングの心配はもうありません。

次に、「空いている時間が最適とは限らない」という課題に対しては、Spirでは、候補を手動で微調整して提案することが可能です。

自分や同僚の予定を見て、移動が必要な時間を候補から外すことや、作業ブロックをしている時間にも候補を設定することが可能です。

候補日時かURL、もしくは両方をコピーしてメールやメッセンジャーにペーストするだけで、主催者側の調整は完了します。

最後に、「調整相手にとって最適な調整方法ではない」という点について、調整相手からの視点で見てみましょう。

調整相手が候補日時を確認しながらURLをクリックすると、Spirユーザーの場合は、候補日時と、連携している自分や同僚の予定を同時に確認できるので、都合の良い日時をクリックするだけで日程調整が完了します。

全ての候補日時の都合が悪い場合も、代替日の依頼や提案ができます。

調整相手側も、自分に都合の良い日時の提案が可能なので、メッセージのラリーももう発生しません。

Spirは、冒頭で紹介したこれら3つの課題を解決し、あらゆる場面で「相手も、自分も、思いどおりの調整」を可能にします。

無料体験をベースに有料課金に移行するビジネスモデル

料金プランは、SlackやNotionのようなプロダクトレッドグロース型のサービスのように、セルフサーブ、フリーミアム(※)としてご利用頂け、誰かの代理で調整が必要になるようなチームでの連携が必要な際には有料機能を使って頂くモデルです。

▶編集注:「プロダクトレッドグロース」とは、プロダクトでプロダクトを売る戦略。たとえば初めは無料提供などで価値を知ってもらい、有料版へ誘導するなど。
「セルフサーブ」とは、顧客自身でなんらかの商品やサービスの購入や契約について検討・判断する営業手法のこと(Bcart参照)。
「フリーミアム」とは、基本的なサービスや製品は無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能については料金を課金する仕組みのビジネスモデル(Wikipedia参照)。

β版リリースから口コミのみで25,000ユーザーを獲得

おかげさまで、SNSでも多くの好評コメントを頂いており、先ほどのランチ・プログラム(SaaS RISING STAR CATAPULT デモ体験※)では、SpirとCalendlyを比べて頂いた審査員の88%に、「Spirを使いたい」とお答え頂きました。

▶編集注:SaaS RISING STAR CATAPULT デモ体験は、プレゼン当日の昼にカタパルトのプレゼンターが審査員に対してプロダクトのデモを行う、ランチを兼ねた企画。

β版のリリースから1年ほどで、口コミのみでユーザー数は10倍以上成長し、25,000人以上のユーザーにアクティブにご利用頂いています。

あるユーザーが日程調整を行うと、その調整依頼をもらった相手もユーザーになるという、バイラル(※情報が口コミで拡散) のグロースモデルを確立しています。

クローズドβ版としてトライアルしているチームプランですが、プレスリリースのみの告知で、プロモーションも営業活動も行っていないにもかかわらず、200チームに使用頂いています。

大手からスタートアップまで、社外との調整が発生するあらゆる場所で、ご活用頂いています。

English editionのβ版を公開

そして本日(2022年2月15日)、英語でも利用できる環境を、β版として公開いたしました。

本日の午前中、ALCHEMSTXという海外のアクセラレータープログラムのデモDayでも発表し、プログラムを無事卒業したので、海外に向けて本格展開を始めます。

SpirがAlchemistXに採択されました 2021.11.4(Spir)

秘書・オフィスマネージャーの市場がターゲット

では、この市場は今後、どれくらい大きくなるのでしょうか?

現在グローバルで700億円前後の市場と言われています。

しかし、我々Spirは、調整ツールだけでは対応しきれない人的なサポート部分を含めた約4,500億円のマーケットまで狙っていきます。

蓄積した行動ログをマーケティングや採用に活用

そして、それだけでは終わりません。

カレンダーは、いつ、どこで、誰と、何回、どんな話をしているのかという、ビジネスに関する行動ログが最もリッチに残るメディアです。

カレンダーをプラットフォームとして、これらの行動ログをデジタルマーケティングや採用ツールと連携して活用頂く、データベースのサービスを構築していきます。

日程調整プラットフォームで世界トップシェアを目指す

Spirは国内外のテックスタートアップ出身のメンバーで構成されていますが、私は、コンサルタントとして日系企業の中国進出を支援したり、前職でもアジア圏へのB2B SaaSの展開やアメリカにニュースアプリを展開するチャレンジをしたりしていました。

その中で、日本で成功してから海外にチャレンジする難しさを、身をもって体験しました。

グローバルに通用するソフトウェアのプロダクトを作るには、DAY1からグローバルを目指すことが必要だと思っています。

市場が成長しており、かつ世界共通のインターフェースであるカレンダーを、ビジネスプラットフォームとして、世界でトップシェアを獲得したいと思っています。

よろしくお願いいたします。

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成/大塚 幸

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。