【NEW】ICC サミット FUKUOKA 2023 開催情報詳しくはこちら

ダイエット食の課題を「究極のブロッコリーと鶏胸肉」で解決する「DORAYAKI」(ICC KYOTO 2022)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC KYOTO 2022 D2C & サブスク カタパルトに登壇いただき、見事5位に入賞した、DORAYAKI 塚本 洸介さんのプレゼンテーション動画【ダイエット食の課題を「究極のブロッコリーと鶏胸肉」で解決する「DORAYAKI」】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2023は、2023年2月13日〜2月16日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションのオフィシャルサポーターはプレイドです。

【速報】保育施設向けおむつサブスクで手ぶら登園を実現!「BABYJOB」がD2C&サブスク カタパルト優勝!(ICC KYOTO 2022)


【登壇者情報】
2022年9月5〜8日開催
ICC KYOTO 2022
Session 12A
D2C & サブスク カタパルト
Sponsored by プレイド

塚本 洸介
株式会社DORAYAKI
代表取締役

1988年滋賀県大津市生まれ。早稲田大学商学部卒業後、株式会社ワークスアプリケーションズに入社。その後、教育系スタートアップの株式会社manabo、フリーランス(個人事業主)、playground株式会社(トランスコスモス株式会社子会社)執行役員を務めたのち、2020年1月に株式会社DORAYAKI設立。日々忙しく働く中で食生活が乱れ、社会人10年の間に±10kgのダイエットを10回以上経験。日本ひいては世界でも有数の食事の選択肢が存在する東京においてもダイエット中に満足できる外食が少ない、という自身の課題意識をもとに王道のダイエット食材である鶏胸肉とブロッコリー「のみ」を追求する専門店「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を創業。「デリバリー×フランチャイズ×IT」という効率的な経営方式を取り入れることで、FC加盟募集開始から1年で全国120店舗、累計提供30万食を突破。YouTuberヒカルを株主に迎え入れた、斬新な資金調達でも話題に。


塚本 洸介さん 皆さん、こんにちは。

日本で唯一の「ブロッコリーと鶏胸肉の専門店」を運営する株式会社DORAYAKIの塚本と申します。

よろしくお願いします。

ダイエットを繰り返した経験からたどり着いた食事

早速ですが、皆さん、ダイエット中に食べるもので困った経験はありませんでしょうか?

私はたくさんあります。

私は実を言うと、社会人生活の10年間で10kg以上のダイエットを10回以上繰り返してきた、ある意味ダイエットのプロです。

そんな私がずっと困っていたこと、それは食生活を継続するのがとにかく難しいことでした。

なぜこうなのでしょうか?

少しダイエット周りの環境を見てみたいと思います。

まず大事な運動です。

フィットネスクラブの市場は、20年間で約1.72倍になっていて、たくさんのジムが生まれています。

サプリメントを中心とする健康食品市場は、6年で約2.4倍と、たくさんのサプリメントが選べるようになっています。

しかし食事は、10年間、20年間とトッププレイヤーの名前が変わっていません。

そして、美味しくてボリュームがあるリーズナブルな食事が中心です。

これはこれで素晴らしいことなのですが、ダイエット向きの環境ではないかなと思います。

そんなダイエットの食事という現代人の課題を王道の商品で解決しにいく。

それが、「究極のブロッコリーと鶏胸肉」です。

D2Cなのにできたての商品をUber Eatsでお届け

注文の仕方を紹介します。

注文は、皆さんのスマホに入っているUber Eatsで行ってください。

と言うと、今ちょっと違和感がありませんでしたか?

なぜD2Cのカタパルトなのに、Uber Eatsの話をするのか?

それは我々がD2Cと言いながら、提携店として150店舗とフランチャイズ契約を行っているからです。

町のからあげ屋さんやパン屋さんが、我々の商品を提供しています。

店舗情報(究極のブロッコリーと鶏胸肉)

ですので、注文の仕方は、Uber Eatsです。

最短7タップ、平均30分以内で、D2Cと言いながら、できたての商品が手元に届きます。

サブスクやオンラインストアでも販売

気に入ったら、我々の公式アプリをダウンロードしてください。

定額のデリバリーサブスクに入会することができます。

もちろんオンラインストアもあります。

そんな提供の仕方で、我々はたくさんのお客さんに商品を届けてきました。

提供した食数は累計50万食以上、いただいている評価は5段階中の4.7です。

鶏胸肉とブロッコリーだけなのにもかかわらず、全国トップレベルの評価をいただいています。

究極のブロッコリーと鶏胸肉が「究極」な理由

そんな我々の商品をもう少し紹介させてください。

なぜ「究極の」という名前をつけているのか?

それはこの3つが究極だからです。

究極①鶏胸肉とブロッコリーの「栄養素」

1つ目は、「栄養素」です。

鶏胸肉とブロッコリーは、ボディメイクのプロ中のプロのボディビルダーが大会前に食べるような食事として存在していました。

しかし、「体のために我慢して食べるもの」、そんな扱いでした。

究極②1℃、1秒、1gにこだわった「味」

そこで大事になってくるのが、究極の「味」です。

我々は、鶏胸肉とブロッコリーだけを全社で追求します。

基本レシピは3カ月間、代表の私自身が鶏胸肉とブロッコリーのみを食べ続けて研究しました。

ちなみに、この時、また8kgやせました。

そうすることで、加熱温度1℃、調理時間1秒、調味料1g単位で徹底的にこだわったレシピを開発することができました。

そうして生まれたのが、この「究極のブロッコリーと鶏胸肉」です。

そんな究極のレシピの商品が、今審査員の皆さんの手元にあります。

さあ、今から食べてみてください。

はい、どうぞ!

まずそのまま食べて、その後、胡麻ドレッシングをつけて食べてください。

「(会場から)美味しい」

ありがとうございます!

残りは聞きながら食べてください。

10種類以上のソースがあり、飽きずにダイエットを続けることができます。

究極③シンプルなフランチャイズモデルの「仕組み」

そして3つ目の究極の「仕組み」、どうしてリアル(店舗)でD2Cができるのか?

それは、この2つが究極だからです。

端的に言うと、究極にシンプルなフランチャイズモデルによるものです。

1つ目が「商品設計」です。

そもそも「鶏胸肉とブロッコリーだけ」という商品自体がとてもシンプルです。

それに加えて、調理工程の90%以上をセントラルキッチンで調理します。

そのため、店舗でやることは最終工程の盛り付けと温めだけです。

そうすることで、スタッフの人件費を抑えることはもちろんのこと、極端な話を言うと冷凍庫と電子レンジさえあれば、すぐにでも我々の店舗を開店することができます。

そして2つ目が「低リスクな契約体系」です。

我々のモデルは一般的なFCモデルに比べると、初期費用と呼ばれる加盟金や店舗構築費用はゼロ円です。

契約期間は5年縛りなどではなく、3カ月更新です。

その代わりにロイヤルティを10%いただく契約で行っています。

シンプルな契約ができる理由

では、なぜこんなシンプルな契約ができるのか。

理由は2つで、まず1つ目に、我々本部社員は2.5名です。

小さな本部を構築しています。

これはなぜできるかというと、そもそも商品がシンプルなことに加えて、バックエンドのシステム化、そして業務効率化をストイックに行っているからです。

そして2つ目が加盟店獲得コストです。

通常100万円以上かかるものが0円です。

なぜ、こんなことができるのか?

答えはこちらにあります。

我々は、営業担当は0人ですけれども、代わりに日本一のインフルエンサーが仲間にいます。

YouTuberヒカルを株主に迎え入れ、彼は最強のインフルエンサーとして、どんどん商品を売ってきてくれるのと同じスピードで、加盟店をどんどん獲得してくれます。

【ヒカル出資で爆売れ】「究極のブロッコリーと鶏胸肉」が通販で売れ切れ 生産体制強化とサブスクで販売再開へ(日本ネット経済新聞)

これが、我々が店舗数を獲得できる仕組みです。

このような仕組みで、我々は提携店舗数が全国150店舗を突破することができました。

累計販売額としてのトラクションは6億円を突破、これは鶏胸肉とブロッコリーだけの数字です。

そして大事なリピート購入率は平均約42.2%で、直近1年間を安定して推移しています。

ヘビーリピーターと言われる4回目以上の購入者は、約14.7%です。

このリピート率が、我々のビジネスモデルを更に盤石にしています。

こういった仕組みが、「究極のブロッコリーと鶏胸肉」です。

社名の「DORAYAKI」は“ドラえもん”から

最後になりましたが、会社の紹介をさせください。

我々の社名は株式会社DORAYAKIです。

ミッションは、「課題を解決する食事を作り続ける」です。

ドラえもんが秘密道具を出して課題を解決しているように、いろいろな食事の課題を解決したい。

それで、「DORAYAKI」です。

ですので、やりたいことは「課題を解決」、今ダイエットの課題を解決して基盤を作っています。

次は、このノウハウを横展開して、新たな課題を解決、そして次は世界進出です。

すでに十数カ国から問い合わせレベルではありますが、提携希望の連絡をいただいています。

我々は、まだまだ小さなチームです。

私以外にメンバーは、本当に2名と研修生1名しかおりません。

まだまだ頑張っていきます。

そんな「究極のブロッコリーと鶏胸肉」、そして株式会社DORAYAKIの今後にご期待ください。

どうもありがとうございました。

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/星野 由香里/浅郷 浩子/正能 由佳/戸田 秀成/小林 弘美

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!